◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0714 2019/4/19)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300
GWまであと一週間。10連休の過ごし方、もう殆どの人は決まっているんでしょうね。
もし、まだ何も予定が決まっていない方、海外旅行は旅慣れていないと今からでは難しいとは思いますが「ステイケーション」は如何でしょうか?
「ステイケーション」…日本ではまだなじみが浅く、調査によるとまだ1割弱の人しか知らないようです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190418-00010001-suitsw-life
「ステイケーション」とは、遠出をするのではなく自宅近郊の宿泊施設に滞在(ステイ)して、気軽に楽しむバケーションのこと。
「ステイ(STAY)」と「バケーション(VACATION)」から生まれた造語で、もともとは米国で、サブプライムローン問題以来の景気の落ち込みやガソリン価格・食品の高騰などで休暇にそれほどお金をかけることができず、低予算で休暇を楽しもうという傾向が強まったことから生まれた言葉、文化だそうです。
日本では主に都心などのホテルでラグジュアリーに過ごす…という方が多いようですね。
銀座のホテルに泊まっても、海外旅行に行くことに比べたら、うんと低予算で済んじゃいます。
食事を作る面倒から解放され、綺麗な部屋で、エステやマッサージを受けたり、ホテルのプールに入ったり。読書が好きな人は、読みたい本を持ち込んで、映画が好きな人はDVDを持ち込んでホテルの部屋でごろごろまったり過ごす…というのも、ラグジュアリーな過ごし方ですよね。
世界最大級の旅行サイト「エクスペディア」https://www.expedia.co.jp/ で、GW中に銀座のホテルを予約できるかどうか、さっき調べてみたのですが、余裕で予約可能でした!しかも通常より割引しているところも多かったですよ!
せっかくの10連休、非日常気分を手軽に味わってみたいという方は「ステイケーション如何でしょうか?
さて、本日のTOCOMマーケット、ほぼ全面高です。原油と貴金属は海外相場の堅調を受けて反発しました。パラジウムは昨日に続いて急騰しています。ゴムは昨日の急落の反動で小幅ながら反発しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「大坂堂島米市場を舞台とした江戸時代の市場経済の実態」
コメンテーター:高槻泰郎さん(神戸大学経済経営研究所 准教授)
「江戸時代の諸大名は年貢を米で徴収し、現金に換えていましたが、米そのものを動かすには労力も必要ですし、米の保管場所も必要です。
年貢米代金は手形を発行することで簡素化されるようになっていくと、そこに米がなくても手形が売買されるようになっていきます。
幕府は米価格を吊り上げるとして手形を禁じるのですが市場は諸大名が資金調達を行う金融市場として大きくなっていきました。
当時、米の需給状況によって売りたい時に売れないことを手狭(対義語:手広)と呼んだそうですが、手形と現金の交換に限定すると取引相手が限られる手狭が起きる、として、売りと買いの約束を結ぶことで相殺させる帳合米市場へと発展していきます。
帳簿だけで売りと買いを突き合わせるため帳簿米取引、これが先物取引の発祥です。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190418180000

来週の放送予定
4月22日(月)
「金、原油相場の上昇余地は?」
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

4月23日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第4回「個人投資家が勝ち組になるための5つの課題」
小次郎講師

4月24日(水)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

4月25日(木)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)

4月26日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190415/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/04/18/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /4/19
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反発
米国の小売売上高が市場予想よりも良かったことに加え、サウジアラビアの原油輸出量が減ったことが好感され、昨日のNY原油相場が反発。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後、円の引き締まりを受けてマイナス圏に沈む場面もありましたが、始値の水準まで戻して取引を終えました。中心となる先限(2019年9月限)は、220円高の47,470円。その他限月は50円~310円高。

☆金、6日ぶり反発
昨日のNY金相場が、一時4ヶ月ぶりの安値を付けた後、その反動で上昇した流れを引き継いで、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後は、狭いレンジで推移しましたが、終盤に水準を切り上げ、この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2020年2月限)は、21円高の4,587円。その他限月は、16円~23円安。ゴールドスポットは16円高の4,588円。金現物取引100gは、変わらずの4,640円。

☆白金 続伸、パラジウム 大幅続伸
パラジウムの高騰にけん引され、昨日のNY白金相場が上昇した流れを受けて、TOCOM白金市場の日中取引は大幅に水準を切り上げて寄り付きました。しかしその後、円高に頭を押さえられ上げ幅を削りました。中心となる先限(2020年2月限)は31円高の3,209円。その他限月は31円~49円高。プラチナスポットは42円高の3,220円。パラジウムは昨日に引き続き急騰しました。中心となる先限(2020年2月限)は170円高の4,938円。

☆ゴム、小幅反発
海外ゴム相場が下落した流れを受けてTOCOMゴム市場の日中取引も安寄りしましたが、その後、下落の反動で上昇し小幅反発して取引を終えました。中心となる先限、TSR(2019年10月限)は、50銭高の169円00銭。その他限月は、1円00銭安~1円70銭高。RSS(2019年9月限)は、1円40銭高の188円50銭。その他限月は1円00銭~2円60銭高。

☆とうもろこし、3日続落
手掛かり材料を欠き、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小安く寄り付きました。その後、始値付近でもみ合ったが、週末を控えたポジション整理で一段水準を切り下げました。中心となる先限(2020年5月限)は120円安の23,740円。その他限月は、350円~30円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +3.57%
2位 プラチナスポット +1.32%
3位 中京ガソリン +1.00%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.50%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 15,017枚
2位 白金標準取引 13,862枚
3位 ゴム(RSS) 4,195枚

全商品合計取引高(先物) 46,799枚
〃 (オプション) 135枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 291.83(前日比:+1.37)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・上値重い原油市況は消費に支えられ再び値上がりする
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/38213

・実は下方修正されていた米シェール生産量
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38218

<参考ニュース>
・NY商品、原油が小反発 ガソリン消費増観測など、金4カ月ぶり安値(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z10C19A4000000/

・石油元売り2強、細るスポット市場、元売りに価格主導権(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43904830Y9A410C1QM8000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿