◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0720 2019/5/7)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

史上初の大型連休もついに終わりました。皆さん如何でしたでしょうか?
この連休中に元号も「平成」から「令和」に変わりました。
新しい元号が4月1日に発表されたあと、「令和」をどう思うか…特に「令」の字について、テレビでもネット上でも侃々諤々と意見が交わされていましたね。
いろんな見方がありますが、ある漢文の先生が書かれていたコラムが面白かったです。
https://gpzemi.gakken.jp/prime/article/reiwa/
そもそも、「令◯」構造の二字熟語の場合、「令息」「令嬢」のように、「令」は通常「美しい」「立派な」の意で用いられるもの。「命令」の意になるのは、「軍令」「号令」のように「◯令」構造の場合なのだ…と。
へぇ…!漢文の理論では「令和」の「令」は、命令の「令」ではないってはっきり説明がつくんですね。飲んだ席などで「令」が話題になり「令で命令を思い浮かべる」という人がいたら、是非この理論で論破しちゃって下さい。
さて「平成最後の○○」、「令和初の○○」という類のものは、もう連休中に出尽くしたと思っていたのですが、連休が終わった今日、「令和初日の東京株式市場…」とのニュース。
10連休前半は雇用統計などいくつかイベントがありましたが心配されたほどのこともなかった…と思っていたら、最後にトランプ砲が来ましたね!中国への制裁関税を現在の10%から25%に引き上げるとのつぶやきによって、連休明けの日経平均株価は節目の2万2,000円を下回り335円安、原油も2,470安とともに約1ケ月ぶりの安値で引けました。本日のTOCOMマーケット、ほぼ全面安です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■TOCOMスクエア3周年記念イベント□■
5月25日(土)、TOCOMスクエア3周年記念イベント
「世界経済の潮流とコモディティ~貴金属・原油~」を開催します。
講師にココスタ代表・トレーダーの佐々木徹氏、エコノミスト・為替ストラテジストのエミン・ユルマズ氏、進行役にフリーアナウンサーで自身もトレーダーの大橋ひろこさんを迎え貴金属と原油を軸に据えた世界経済の分析、トレード対象としてのコモディティの魅力についてお話しいただきます。
この記念イベントに抽選で60名様をご招待します。観覧申し込みはイベント特設サイトからどうぞ! https://cfes.jp/3rdaniv/

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第5回「何故投資をするのか?」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
「今週は、カナダ、トルコ、日本と政策金利の発表が続きましたが、各国ハト派の流れが止まりません。
カナダドルはいったん売られたものの、いってこい。リラは売られ、リラ/円は19円台から18円台ミドルへ。円は日銀会合によって、大きく動意することはありませんでした。
この1週間ドルが強く、新興国売りとドル買いの様相をみせています。ユーロ/ドルもレンジ下限をブレイク、1.12を割り込みました。さらに下値を追う展開になるのでしょうか?」
http://podcasting.radionikkei.jp/podcasting/trend/trend-190426.mp3

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送

【原油】10連休明けの原油価格は波乱含み?(楽天証券経済研究所・吉田哲さん)

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/04/25/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /5/7
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、急落
連休中に、NY原油相場が米国の大幅な在庫積み増しなどを背景に水準を切り下げたことから、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は急落して始まりました。その後も円相場の引き締まりを眺め、大引けにかけて下げ幅を拡大。この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2019年9月限)は、2,470円安の45,980円。その他限月は、2,480円~1,890円安。

☆金、3日ぶり反落
為替相場が円高に振れたことから、TOCOM金市場の日中取引は安寄りして始まりました。その後、円相場は一段と引き締まりましたがNY金相場の底堅さを眺めて下げ止まりました。中心となる先限(2020年4月限)は、36円安の4,554円。その他限月は、39円~36円安。ゴールドスポットは38円安の4,561円。金現物取引、100gは30円安の4,620円、1kgは4,600円。

☆白金 反落、パラジウム 急落
連休中にNYパラジウムの下落につれてNY白金相場が水準を切り下げました。その流れを受けTOCOM白金市場の日中取引も安寄りし、その後ももみ合いながらやや水準を切り下げました。中心となる先限(2020年4月限)は63円安の3,129円。その他限月は62円~57円安。プラチナスポットは62円安の3,130円。パラジウムは連休中のNY安を受けて急落。中心となる先限(2020年4月限)は199円安の4,669円。

☆ゴム、RSS反発 TSR 5日続落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは上海ゴム相場の上昇を受け、大きく水準を切り上げて始まりました。一時194円80銭と、約3週間の高値を付けたましが、その後、円高進行や株価の下落に頭を押され、上げ幅を縮小しました。TSRは材料難で同値で寄り付いた後、円高と株安でマイナス圏に沈みました。中心となる先限、RSS(2019年10月限)は、1円50銭高の190円80銭。その他限月は80銭~2円50銭高。TSR(2019年11月限)は、1円50銭安の166円30銭。その他限月は、1円20銭安~変わらず。

☆とうもろこし、続伸
連休中のシカゴ相場が、米中西部での作付け遅れを背景に水準を切り上げていたことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後、円相場の引き締まりを眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年5月限)は240円高の23,090円。その他限月は、80円~370円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし +1.05%
2位 ゴム(RSS) +0.79%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -5.10%
2位 パラジウム -4.09%
3位 バージガソリン -3.77%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 29,825枚
2位 白金標準取引 21,240枚
3位 プラッツドバイ原油 11,530枚

全商品合計取引高(先物) 93,591枚
〃 (オプション) 180枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 286.10(前日比: -9.38)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・中国への逆輸出説が強まる!?
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/38303

<参考ニュース>
・米国は対中関税引き上げへ、中国が約束を撤回(Bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-06/PR3Q0S6S972801

・東証、一時2万2千円割れ 令和相場、続落でスタート(共同通信)
https://this.kiji.is/498299443696895073

・NY商品、原油が続伸 中東情勢の緊迫化を警戒(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X00C19A5000000/

・米通商代表、関税10日に上げ 「中国、約束破っている」(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44451740X00C19A5000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿