◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0721 2019/5/8)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

「カキ」を漢字で書けますか?
果物ではなく、海にいる貝の「カキ」です。
どうですか?書けました?何も見ないでは書けない人、結構いらっしゃるのではないでしょうか?あるいは「蛎殻町」の蛎と間違った人もいたりして。
でも、書けなくてもそんなにがっかりしなくても大丈夫です。
実は、「カキ」が特産で、県の魚にも指定している広島県でも、なんと県民の99%が「カキ」を漢字で書けなかったらしいのですから!
正解は「牡蠣」
あ~そうそう!これだよ、これ!!って声が聴こえてきそう。そう「牡蠣」って、読めるけど書けない漢字ですよね。
でも、広島県民、それではマズイ…と、こんなの作っちゃったんです、牡蠣愛育成ドリル、その名も「広島 牡蠣とり帳(かきとりちょう)」。
牡蠣という漢字の書き順から始まり、牡蠣の栄養素や、牡蠣の種類、ブランド名、牡蠣生産の取り組みなどの牡蠣にまつわる知識を、「牡蠣」を書き取りしながら覚えていくというものです。https://hiroshima-welcome.jp/kakingdom/kakitori/
「〇〇のほとんどは内臓だ」とか、「〇〇の牡という字はオスとも読めるけれども、この字を充てたのは、昔は牡蠣は全てオスだと考えられていたから」とか、「生食用と加熱調理用、どちらの〇〇も鮮度は一緒」などの〇〇に牡蠣を書き込むわけです。一冊全部書き取りすると合計97回「牡蠣」という漢字を練習することができるんです。さすがに書けるようになりますよね!
広島県では2017年10月から「牡蠣で旅人をもてなすこと」 をモットーに観光プロジェクト「カンパイ!広島県!牡蠣ングダム」を実施しています。https://hiroshima-welcome.jp/
「広島 牡蠣とり帳」を作ったのも「牡蠣ングダム」プロジェクトの一環なんですって。
この「広島 牡蠣とり帳」が、このたび、エフィー賞:「APAC Effie Awards 2019」で、ゴールドを2つ、ブロンズを1つ受賞しました。エフィー賞はマーケティング・コミュニケーション活動を広告効果の面から世界基準で評価・表彰する、世界的に権威のある広告賞の一つだそうです。http://www.apaceffie.com/#&panel1-1&panel2-1
「広島 牡蠣とり帳」と「牡蠣ングダム」名前もキャッチ―だし、話題になりそうですね!!
さて、今日のTOCOMマーケット、米中摩擦の景気への影響を懸念で昨日に引き続き穀物以外ほぼ全面安です。原油、パラジウムは大幅続落。安全資産とされる金も円高に頭を押されて続落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■TOCOMスクエア3周年記念イベント□■
5月25日(土)、TOCOMスクエア3周年記念イベント
「世界経済の潮流とコモディティ~貴金属・原油~」を開催します。
講師にココスタ代表・トレーダーの佐々木徹氏、エコノミスト・為替ストラテジストのエミン・ユルマズ氏、進行役にフリーアナウンサーで自身もトレーダーの大橋ひろこさんを迎え貴金属と原油を軸に据えた世界経済の分析、トレード対象としてのコモディティの魅力についてお話しいただきます。
この記念イベントに抽選で60名様をご招待します。観覧申し込みはイベント特設サイトからどうぞ! https://cfes.jp/3rdaniv/

□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」
コメンテーター:亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第5回「何故投資をするのか?」
コメンテーター:小次郎講師
「何のために投資をするのかと聞かれて皆さんは即答することができますか?お金は目的地にたどり着くための燃料です。燃料がなければ車も飛行機も動きませんが、燃料‟だけ”があっても、飛行機や車がなかったり行き先が決まってなかったりすると進んでいけないですよね。そればかりか、燃料が集まれば集まるほど火事や事故の危険性が高まってしまいます!何のために投資をするのか、具体的にいくら必要なのか、ということを明確にして投資と向き合うと成果も違ってきます。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190507180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【CX&FX】連休中の動き総まとめ
【金】中央銀行のゴールド爆買い加速!
【原油】サウジアラビアのジレンマ!?
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本 郁
https://tocomsquaretv.com/20190507/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/04/25/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /5/8
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、大幅続落
米中貿易摩擦の激化で世界景気が冷え込めば、原油需要が減るとの懸念が広まり、昨日のNY原油相場が反落。加えて為替の円高で、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は、昨日に引き続き大きく水準を切り下げて始まりました。その後はNYの戻りと円の引き締まりで狭い範囲で推移しました。中心となる先限(2019年10月限)は、44,810円。その他限月は、840円~680円安。

☆金、小幅続落
株価の下落で投資家心理が悪化したことから、安全資産である金に投資資金が流入し、昨日のNY金相場は続伸しましたが、為替が円高に振れていることからTOCOM金市場の日中取引は小安く寄り付きました。その後、更なる円の引き締まりを受けて下げ幅を広げる場面があったものの、NY金相場の堅調眺めて始値付近まで戻して引けました。中心となる先限(2020年4月限)は、6円安の4,548円。その他限月は、5円安~1円高。ゴールドスポットは3円安の4,558円。金現物取引、100gは10円安の4,610円。

☆白金 続落、パラジウム 大幅続落
昨日のNY白金相場反落と円高で、TOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後、NY相場の戻りを眺めて下げ幅を縮めました。中心となる先限(2020年4月限)は41円安の3,088円。その他限月は50円~40円安。プラチナスポットは46円安の3,084円。パラジウムは昨日に続き大幅安。中心となる先限(2020年4月限)は108円安の4,561円。

☆ゴム、RSS反落 TSR 6日続落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは上海相場高と円高の綱引きで小高く寄り付きましたが、その後、上海相場が下落に転じたのに加え、株価の下落を受けてマイナス圏に沈みました。TSRは材料難で昨日の終値と同値で寄り付き、その後は円の引き締まりをなどでマイナス圏に沈み、下げ幅を広げました。中心となる先限、RSS(2019年10月限)は、1円80銭安の189円00銭。その他限月は1円50銭安~10銭高。TSR(2019年11月限)は、1円90銭安の164円40銭。その他限月は、6円00銭~1円80銭安。

☆とうもろこし、3日続伸
米中西部での作付け遅れを背景に昨日のシカゴ相場が上昇したことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後、円相場の引き締まりを眺めて上げ幅をやや縮小しました。中心となる先限(2020年5月限)は200円高の23,290円。その他限月は、160円~250円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 +4.76%
2位 とうもろこし +0.87%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -2.31%
2位 バージガソリン -1.63%
3位 中京ガソリン -1.50%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 24,769枚
2位 白金標準取引 16,527枚
3位 プラッツドバイ原油 8,612枚

全商品合計取引高(先物) 67,297枚
〃 (オプション) 180枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 283.07(前日比: -3.03)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
みんコモ
・世界の富裕層に対する金投資アンケート調査2019
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/38323

・マクロ経済の動きと商品価格5
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/38317

・OPEC11カ国の原油生産量、5カ月ぶりに増加
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38310
<参考ニュース>
・東証大引け 3日続落、1カ月ぶり安値 米中貿易交渉の懸念で一時400円安(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_Y9A500C1000000/

・米、対中関税引き上げ 7日は正式通知せず(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44507720Y9A500C1000000/

・NY商品、原油が反落 米中摩擦の景気への影響を懸念(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y9A500C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿