3人

 

皆さんこんにちは。野中ななみです。

史上最長の大型連休が終了し時代は令和になりましたね!

皆さま10連休はいかがお過ごしでしたか?

 

 

5日にトランプ大統領がTwitterで、中国の協議が遅すぎるとし、

「2000億ドル分の中国製品の関税について、10日金曜日に現在の10%から25%に引き上げる」とツイートをしました。

 

これにより中国の上海総合株価が大きく下落し、年始から続いていた上昇トレンドは終わりを告げました。

 

 

 

さて、令和最初の放送である今回は、「なぜ投資をするのか」というテーマでお送りしました!

 

なぜ、何のために投資をするのかと聞かれて皆さんは即答することができますか?

 

小次郎講師は、「お金は目的地にたどり着くための燃料だ」と仰っていました。

 

燃料がなければ車も飛行機も動きませんが、燃料「だけ」があっても、飛行機や車がなかったり行き先が決まってなかったりすると進んでいけないですよね。

そればかりか、燃料が集まれば集まるほど火事や事故の危険性が高まってしまいます!

 

・何のために投資をするのか

・具体的にいくら必要なのか

ということを明確にして投資と向き合うと成果も違ってくるそうです!

 

 

そして自分が必要とする金額以上の利益が上がった時には「社会貢献に使う」事が大事だそうです!

 

世のため人のためにお金を使う事ができる、品格のある投資家目指して私も頑張ろうと思います!!

 

 

TOCOM投資スクールでは冒頭にも触れた米中貿易問題について、実際のチャートを見ながら分析しました!

 

 

 

 

小次郎講師の移動平均線大循環分析で見ると上海総合チャートは「第4ステージ」まで下落し、2019年の初めから続いてきた上昇トレンドは終わりを迎えました。

 

上海総合

 

ナスダック市場も、史上最高値を更新した後下落し、第2ステージを迎えています。

 

ナスダック

 

 

今後、米中貿易問題がどのように動いていくのか注目です!

 

ぜひ毎週火曜日はTOCOMスクエアにて、小次郎講師の生の解説を聞きながら一緒に楽しく学びましょう♪

関連投稿