◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0728 2019/5/17)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

毎年これが発売されるのを心待ちにしている人もいらっしゃるのではないでしょうか?
ハウス食品の「夏のカレー」。
温めずにそのままご飯にかけて食べられるレトルトのカレー「ハウス 温めずにおいしいカレー」シリーズの夏バージョン。今年は5月20日から発売開始になるんです!!https://housefoods.jp/company/news/news1001002280.html
温めずに食べられるカレーは、東日本大震災がおこった2011年に、避難用の非常食としてのニーズの高まりから開発されたもので、温めなくてもしっかり香りが立つようにスパイスの種類や使い方にこだわり、また冷えていても固まらないよう植物油脂を使い、トマトペースト・りんご繊維などを活かしてさらっとなめらかなソースになるようにと工夫されているのです。
特に「夏のカレー」は温めずに食べられるという利点だけでなく、トマトとスパイスが効いていて、味そのものが私好み。見つけると必ず買ってしまう商品です。
他にもおすすめポイントがあるんですよ!味がしっかりしているので舌の上で香りは立つけれど、温めないので周囲に匂いが広がらないこと。そう、オフィスで食べても迷惑がかからないんです!お昼にカレーを食べたいけれども周りの目が(鼻が?)気になって食べられないという人にもおススメです。
種類は中辛と大辛の2種類。「キーマカレー中辛」は、カルダモンのさわやかな香りと青唐辛子の辛さ、トマトの旨みと酸味をいかした味。「旨辛キーマカレー大辛」は、シナモン・クローブ・ナツメグの甘旨い香りと、青唐辛子と赤唐辛子の刺激的な辛さ、トマトの旨みと酸味をいかした味です。
ちなみに、同じく20日から「冷やしカレーうどんの素」も期間限定で発売開始です。
鶏ガラとカツオだしの旨みと、スパイスの香りをいかし、後味のすっきりとした香り高い「中辛」と、鶏ガラとカツオだしの旨みと、柚子こしょうのさわやかな香りをいかし、ピリッとした上品な辛さの「柚子こしょう風味辛口」の2種類。ただし、お弁当として麺を持って出社するのは難しいと思うので、こちらはご家庭でお楽しみ下さい。
さて、本日のTOCOMマーケット、中東情勢不安で原油は続伸。金と白金はNY相場安と円の引き締まりで続落です。とうもろこしが産地の天候要因による供給不安で4日続伸しています。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:近藤雅世さん(コモディティ インテリジェンス 代表取締役社長)
「原油市場は、米中貿易交渉の悪影響で世界経済の先行きに懸念が生じればエネルギー需要にはネガティブとの見方もありますが、中東情勢の緊迫化に供給不安がぬぐえず高止まりのままです。
サウジアラビアは14日石油パイプライン施設2カ所が無人機に攻撃されたことを発表している他、UAE(アラブ首長国連邦)も、サウジ船籍2隻を含む4隻の石油タンカーが妨害攻撃を受けたことを発表しています。
米国は昨日15日、イラク在住の米国人に出国を命じるなど緊張が高まっており、原油価格はリスクプレミアムが価格を支えているようです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190516180000

来週の放送予定
5月20日(月)
「政府とは似て非なる日銀流の景気判断の示し方」
清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)

5月21日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第7回「トレードエッジの計算式」
小次郎講師

5月22日(水)
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
大場紀章さん(エネルギーアナリスト)

5月23日(木)
「専門家の目~世界の金の動き」
池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)

5月24日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190513/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/05/10/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /5/17

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日続伸
サウジアラビアによるシーア派への報復攻撃が伝わり、中東の地政学リスクへの警戒感から昨日のNY原油相場が続伸。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は大きく水準を切り上げて寄り付きました。ただ、その後はNY相場が下落に転じたほか、為替が円高に振れたことから上げ幅を縮め、この日の安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2019年10月限)は、310円高の46,090円。その他限月は、120円~440円高。

☆金、3日続落
対ユーロでのドル高で昨日のNY金相場が続落した流れを引き継ぎ、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、材料難でしばらくもみ合いましたが、午後に入って、円の引き締まりを映して下げ幅を広げました。中心となる先限(2020年4月限)は、25円安の4,528円。その他限月は、28円~24円安。ゴールドスポットは28円安の4,539円。金現物取引、100gは10円安の4,600円。

☆白金 3日続落
NY白金相場の弱地合いを受けてTOCOM白金市場の日中取引も安寄りし、その後もNY相場の軟調や円の引き締まりを眺めて下げ幅を拡大。この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2020年4月限)は55円安の2,925円。その他限月は57円~53円安。プラチナスポットは52円安の2,919円。パラジウムの中心となる先限(2020年4月限)は15円安の4,570円。

☆ゴム、小幅反落
RSSは上海ゴム相場が夜間取引で上昇した流れを受けて高寄りし、一時、約1カ月ぶりに節目の195円台を回復するなど上値を追いましたが、午後に入って円相場が引き締まるのを眺めて水準を切り下げマイナス圏に沈みました。TSRは小安く寄り付いた後、プラス圏に浮上する場面もありましたが、終盤は再びマイナスサイドに沈みました。中心となる先限、RSS(2019年10月限)は、30銭安の192円80銭。その他限月は1円50銭~70銭安。TSR(2019年11月限)は、80銭安の164円80銭。その他限月は、1円00銭安~5円50銭高。

☆とうもろこし、4日続伸
天候要因による作付け遅れを背景としたシカゴ相場の上昇と円安を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後も取引中のシカゴ相場の上昇を眺め、水準を切り上げました。中心となる先限(2020年5月限)は150円高の23,740円。その他限月は、220円~480円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン +0.73%
2位 プラッツドバイ原油 +0.68%
3位 とうもろこし +0.64%
値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -2.10%
2位 白金 -1.85%
3位 プラチナスポット -1.75%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 24,807枚
2位 白金標準取引 21,462枚
3位 プラッツドバイ原油 16,971枚

全商品合計取引高(先物) 80,974枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 285.64(前日比:+0.38)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
みんコモ
・大相場に発展する東京トウモロコシ
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/38444

・原油市場は中東周辺に潜む地政学的リスクの呪縛から逃れられない
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/38431

・“思惑”と“実態”という切り口で、足元の原油相場の材料を確認
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38437

<参考ニュース>
・日銀緩和、20年春以降も=黒田総裁が内外情勢調査会で講演(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051700642&g=eco

・NY商品、原油が3日続伸 サウジによるシーア派空爆で(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X10C19A5000000/

・米・イランの対立先鋭化 サウジ巻き込み緊迫(日本経済新聞社)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44909670W9A510C1EA2000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿