◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0736 2019/5/29)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

婚活パーティーって、たいていは参加資格が20代・30代に限定されているものが多いのですが、久々に見かけました。40代・50代限定の婚活パーティー。6月の23日(日)開催だそうです。あ、既婚者は、当然ですが対象外ですので潜り込んだりしないように。
https://machicon.jp/events/mJFUVl/
この婚活パーティー「新スタイルの大人のドキドキ婚活!!」とうたっているのですが、壁ドンによって得られるドキドキ感を利用してマッチング率を高めようというもの。
しかも、男性が女性に…ではなく、相互に壁ドンするんですって???
なんでも「もし壁」という、センサーが設置されたBOX型体験装置を使うんだそうです。
https://pfq.jp/works/moshikabe/
見た感じ、電話ボックスくらいの大きさのBOXですが、男女のドキドキが最大限生まれやすくなる環境条件「暗い×狭い×近い」を、このBOXに入ることで作り出し、その中でお互いに壁ドンをすると、壁のセンサーに振れた手から脈拍・発汗・温度を計測して、お互いのドキドキ度が一定値を超えるとマッチングが成立する…という仕組みなのだそうです。
うーん。私なんて、そもそも壁ドンなんてされたこともしたことも無いし、こんな狭いBOXに入ったら、それだけで動悸・息切れ・眩暈がしてマッチングしてしまいそうですが…。
ミントタブレットのご用意もしてあるので、相手との距離が近くても安心ですと、注釈もありました(笑)参加料1000円ですって。潜入取材してみたいです。
ちなみに「もし壁」は、「もし、二人が壁ドンしたなら・・・二人の壁はなくなるのかもしれない。」の略称だそうです。
さて、本日のTOCOMマーケットは、米中貿易摩擦長期化による景気の悪化懸念で白金や原油が反落しました。一方とうもろこしは、天候不順による作付けの遅れが深刻になり、昨日のシカゴとうもろこしが3年ぶりの高値。TOCOMとうもろこしも約1年ぶりの高値をつけました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」
コメンテーター:山内弘史さん(エネルギー情報ネットワーク 共同代表)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第8回「トレードエッジが発生する理由」
コメンテーター:小次郎講師
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190528180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190527/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/05/23/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /5/29
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日ぶり反落
米中貿易摩擦の長期化が需要減につながるとの見方から取引中のNY原油が下落。TOCOMドバイ原油市場の日中取引も安寄りし、その後はNY相場の更なる軟化と円高進行も加わって下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年10月限)は、550円安の43,330円。その他限月は、610円~90円安。

☆金、続落
対ユーロでのドル高でNY金相場が続落した流れを受けてTOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、NY相場の戻りと円の引き締まりとの強弱材料の綱引きで、始値を挟んでもみ合いました。中心となる先限(2020年4月限)は、16円安の4,493円。その他限月は、16円~15円安。ゴールドスポットは16円安の4,505円。金現物取引、100gは20円安の4,560円。

☆白金3日ぶり反落、パラジウム3日続伸
景気の後退懸念で昨日のNY白金相場が反落し、その流れを受けてTOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後も円高進行などで下げ幅を広げ、安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年4月限)は55円安の2,807円。その他限月は59円~51円安。プラチナスポットは55円安の2,798円。パラジウムの中心となる先限(2020年4月限)は23円高の4,595円。

☆ゴム、RSS続伸、TSR期先のみ反落
RSSは上海ゴム相場の上昇を受けて高寄りしましたが、その後は上海高と円相場の引き締まりとの強弱両材料の綱引きとなり、決め手材料難から小幅な値動きとなりました。TSRはおおむね高寄りした後、期先のみマイナス圏に沈みました。中心となる先限、RSS(2019年11月限)は、40銭高の193円00銭。その他限月は60銭安~40銭高。TSR(2019年11月限)は、40銭安の161円60銭。その他限月は、変わらず~5円70銭高。

☆とうもろこし、4日続伸
米農務省の発表で作付けの遅れが改めて認識され、昨日のシカゴとうもろこし相場が約3年ぶりの高値を付けました。その流れを引き継いで、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。その後も強含みに進行し、2万5,460円と約1年ぶりの高値をつけて取引を終えました。中心となる先限(2020年5月限)は680円高の25,460円。その他限月は、340円~680円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし +2.74%
2位 パラジウム +0.50%
3位 ゴム(RSS) +0.21%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット -1.93%
2位 白金 -1.92%
3位 プラッツドバイ原油 -1.25%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 25,211枚
2位 白金標準取引 15,505枚
3位 プラッツドバイ原油 5,518枚

全商品合計取引高(先物)62,416枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 274.79(前日比: -2.29)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・小次郎講師の徹底解説【テクニカル分析の重要性】
【著者】小次郎講師
https://column.cx.minkabu.jp/37264

・AIと相場
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/38572

・原油相場の材料を俯瞰 その2
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38564

<参考ニュース>
・中国、レアアース利用に言及 関税交渉で米けん制(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45398270Y9A520C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿