◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0738 2019/5/31)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

TOCOMから歩いて約25分。隅田川沿いにあるウッドデッキが印象的なお洒落なホテル「LYURO東京清澄」をご存知でしょうか? https://www.thesharehotels.com/lyuro/
80年代に建てられた元事務所として使われていたビルをリノベーションしたホテルなんです。東京メトロの駅内にちょうど今、掲示されている「Let’s ENJOY TOKYO」のポスターの撮影に使われているのが「LYURO東京清澄」。‟土地の特性や建物の特徴を活かし、地域ごとに異なるスタイルのシェア型複合ホテルをつくる”ことをコンセプトにしている「THE SHARE HOTELS」が手掛けたホテルです。
この他にもこれまで昭和初期に建てられた旧銀行と美術館をリノベーションした海沿いのホテルHakoBA函館や、金沢の東茶屋街に近い元お仏壇屋さんをリノベーションしたというHATCHi金沢など、全国に5つのお洒落なリノベーションホテルを手掛けてきたのですが、その6つ目となる『TSUGU 京都三条-THE SHARE HOTELS-』が今日、オープンしました。
https://www.thesharehotels.com/tsugu/
改装前の建物は、築105年の登録有形文化財を一部残す旧日本生命京都三条ビル。
既存のコンクリートの建物を活かし、そこに和紙などを用いたディテールを採用し、和と洋が交差するコンテンポラリーな空間に仕上げているそうです。
部屋のタイプはジュニアスイートからドミトリータイプまでバリエーション豊かに11タイプ、全49室。畳の部屋からロフト付きの部屋もあります。最大収容人数は177人。
共用スペースには、調理家電や調理道具を充実させたシェアキッチンとソファスペースもあります。ドミトリータイプなら一人4,000円から利用できますよ!
東海道五十三次の起点・終点として描かれた京都三条。かつて全国各地からひとやものが集まり、新しい文化を生み出した場所ということから「ローカルへ旅を継ぐ」というコンセプトを掲げ、ここから日本各地のローカルの魅力を発信していくことを目指しているのだとか。京都に行く機会があったら、利用してみてはいかがですか?
さて、今日のTOCOMマーケット、米中貿易戦争の拡大による世界の景気減速懸念が原油相場を押し下げ、一時2月12日以来約3か月半ぶりの安値をつけました。とうもろこしは天候不順による作付けの遅れでシカゴ相場が約3年ぶりの高値をつけ、TOCOM市場でも1年ぶりの高値を付けました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
「米長期金利の上昇は株、金にとってもリスクオフ(回避)要因ですが、足下で米10年債利回りは2.2%台まで急低下。しかし、これは資金が債券市場へと逃避していることの不安から株やゴールドのサポート要因にはなっていません。
米金利低下にもドルインデックス指数は今年の最高値水準の98台で推移しており、市場はリスクオフの様相を呈しています。
リスクオフならゴールド市場が資金の受け皿となってもいいのですが…。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190530180000

6月3日(月)
「令和の日本経済はどうなる?」
岡田晃さん(経済評論家)

6月4日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第9回「認知のゆがみから生まれるエッジ」
小次郎講師

6月5日(水)
「専門家の目~今注目すべきコモディティは?」
小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)

6月6日(木)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
小針秀夫さん (トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

6月7日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190527/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/05/30/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /5/31
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、大幅続落
トランプ米政権が昨日、メキシコからの輸入品すべてに5%の追加関税を課すと発表したこと、また中国が明日から米国の制裁関税に対する報復措置を発動することなどで、景気減速懸念が強まり、昨日のNY原油相場は続落し、3月中旬以来ほぼ2カ月半ぶりの安値をつけました。更に為替が円高に傾いたことからTOCOMドバイ原油日中取引は大きく水準を切り下げて寄り付き、その後も円の引き締まりを眺めて弱含みに推移。大引け直前に一時41,010円をつけ、約3か月半ぶりの安値水準で取引を終えました。中心となる先限(2019年10月限)は、2,680円安の41,020円。その他限月は、2,690円~200円安。

☆金、続伸
景気減速懸念の強まりで、安全資産とされる金に投資資金が流入し、昨日のNY金相場は続伸。TOCOM金市場も夜間取引で大きく水準を切り上げました。日中取引では、寄り付き後にこの日の高値をつけましたが、その後、円の引き締まりを受けて、上げ幅を縮めました。中心となる先限(2020年4月限)は、19円高の4,518円。その他限月は、20~22円高。ゴールドスポットは21円高の4,528円。金現物取引、100gは30円高の4,590円。

☆白金 3日続落、パラジウム5日続伸
昨日のNY白金相場の反発と円高という強弱材料が交錯して、TOCOM白金市場の日中取引は小安く寄り付きました。その後も米中貿易摩擦などによる景気減速が工業用需要の減退につながるとの懸念と円相場の引き締まりで水準を切り下げ、2,781円と約3カ月半ぶりの安値で取引を終えました。中心となる先限(2020年4月限)は23円安の2,781円。その他限月は23円~14円安。プラチナスポットは14円安の2,789円。パラジウムの中心となる先限(2020年4月限)は89円高の4,698円。

☆ゴム、小動き
TOCOMゴム市場の日中取引は、手掛かり難から小動きで始まりました。小幅にもみ合いながら、RSSは円高と原油の下落を受けて上げ幅を消し、TSRはやや水準を切り上げました。中心となる先限、RSS(2019年11月限)は、変わらずの194円20銭。その他限月は変わらず~2円20銭高。TSR(2019年11月限)は、40銭高の163円80銭。その他限月は、変わらず~50銭高。

☆とうもろこし、反発
昨日のシカゴ相場が、作付け遅れへの懸念から約3年ぶりの高値を付けるなど急伸した流れ受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りし、一時25,810円をつけ、昨日に引き続き約1年ぶりの高値を更新しました。その後、ドル高でシカゴ相場が下落した場面で伸び悩みましたが、大引けにかけて、再び水準を切り上げました。中心となる先限(2020年5月限)は560円高の25,620円。その他限月は、変わらず~640円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 +3.58%
2位 とうもろこし +2.23%
3位 パラジウム +1.93%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -6.13%
2位 バージガソリン -5.30%
3位 バージ灯油 -4.15%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 38,370枚
2位 プラッツドバイ原油 14,294枚
3位 白金標準取引 13,618枚

全商品合計取引高(先物)88,898枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 267.11(前日比: -8.98)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・トウモロコシは大相場へ
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/38604

・EIA年次報告によると米国はエネルギーの純輸出国に
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/38590

・イランの原油輸出量はゼロにならない!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38596

<参考ニュース>
・中国、対米報復関税を発動へ LNGなど25%に引き上げ(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45510990R30C19A5MM8000/

・トランプ発言で自動車株に売り メキシコに追加関税(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45502700R30C19A5000000/

・NY商品、原油続落 56ドル台で2カ月半ぶり安値 米在庫が予想ほど減らず(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R30C19A5000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿