◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0742 2019/6/6)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

「夏バテ」ならぬ「梅雨バテ」ってあるんですね。
20代~50代の男女100名を対象に行った調査の結果を見ると、3人に1人が「梅雨の体調不良」の経験があり、特に50代の女性の約70%、40代の男性の約45%が経験ありと答えていました。
どんな症状かというと、一番多いのは頭痛。6割以上の人が頭痛が起こりやすいと。その他に、倦怠感、疲れを挙げている人が多く見られました。
注目されるのは、20代男性は全員が「寝不足・立ち眩み」を挙げていること。仕事に遊びに忙しい世代ですもんね。そして、30代女性は6割を超える人が「イライラする」と答えていました。職場では後輩とお局さまの板挟み、家庭ではまだ子育てに手がかかって、何かとストレスが多い世代。これを読んで今、頷いている方も多いのではないでしょうか。
そんな疲れやストレスが、梅雨の時期には症状になって表れやすいというのです。
「梅雨の体調不良」=「梅雨バテ」は、気象や外気の温度など様々な要因が考えられますが、実は見落としがちなのが“水分”の循環だそうです。
梅雨時期は湿度が高いため、体温調節がうまく機能しません。人の体は「汗」をかき、それが蒸発することで体を冷やし、熱を逃がしています。しかし、梅雨は湿度が高く夏と比べると気温も高くないため、汗が蒸発しづらく、体温が体の中にこもりやすくなります。これが「倦怠感」につながるのだそうです。
また体の水分が不足すると脳に向かう血液の量が少なくなるので、「頭痛」が起こりやすくなってしまうのだとか。
予防には、こまめに塩分や水分を摂るようにしたり、体に熱が溜まらないよう涼しい服装をしたり、帽子や日傘を利用して直射日光に当たらないようにすることなどが大切です。
また、「梅雨バテ」に耐えられる身体づくりをするため、日頃から栄養バランスの良い食事を摂り、適度な運動をするという基本的なことが大切なのですが、なかなかきちんとした食事を作る時間がないという方は、外食するときに「品数の多い定食を注文する」のがポイントだそうです。
この「梅雨の体調不良」の調査をしたのは、健康解説動画チャンネル「からだプラン」https://karada-plan.com/
「高齢ドライバーの交通事故はどうして多い!?」、「ニキビを劇的に治す方法を、原因から分かりやすく解説します!」「痩せ体質になるには〇時間睡眠!?」などなど興味深い動画がたくさんアップされています。
さて、本日のTOCOMマーケット、ゴムが急騰しました。RSSは約3か月ぶりに200円台を回復しました。また金は、FRBが早期に利下げに動くとの観測から、金利の付かない金に資金が流入しやすくなるとの見方が広がり、一時約2か月ぶりの高値となる4,658円をつけ6日続伸となりました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「専門家の目~今注目すべきコモディティは?」
コメンテーター:小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)
「現在、NYプラチナ相場は820ドル水準まで反発していますが、この春先の急騰急落相場の背景には何があったのでしょうか。この値動きは需給分析でほぼ説明できます。
Q1は鉱山生産153.0万オンスに対してETF投資が69.0万オンスで55.0万オンスの供給不足となりました。昨年2018年は四半期平均で18.0万オンスの供給過剰でしたがETF投資が急増したことから供給不足に転じたのです。
この投資需要が続けばプラチナ需給はさらに引き締ったのですが、Q2はETF投資需要がマイナスになり、再び需給緩和状態に戻ってしまいました。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190605180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190603/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/06/05/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /6/6
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反落
米原油在庫の増加を受けて需給の緩みが意識され、昨日のNY原油相場が急落。一時約5カ月ぶりの安値をつけました。その弱地合いを受けてTOCOMドバイ原油市場も夜間取引で急落し、一時36,840円と今年1月4日以来、約5か月ぶりの安値をつけました。その後、NY相場の戻りを受けて下げ幅を縮め、日中取引は始値を挟んだ狭い範囲での値動きとなりました。中心となる先限(2019年11月限)は、720円安の37,550円。その他限月は、810円~730円安。

☆金、6日続伸
FRBが早期に利下げに動くとの観測から、金利の付かない金に資金が流入しやすくなるとの見方が広がり、NY金相場が一時1348.9ドルと2月下旬以来の高値を付けました。加えて為替が円安に振れていたことから、TOCOM金市場、夜間取引で一時4,658円と約2か月ぶりの高値を付けました。その流れを受けて日中取引は高寄りしましたが、その後、円相場の引き締まりを眺め水準をやや切り下げ、円高進行とNY相場の堅調でもみ合いとなりました。中心となる先限(2020年4月限)は、12円高の4,619円。その他限月は、13円~17円高。ゴールドスポットは13円高の4,631円。金現物取引、100gは10円高の4,680円。

☆白金3日ぶり反落
白金の生産国の南アフリカのランドが下落したため、昨日のNY白金相場が急落。TOCOM白金市場も夜間に大きく水準を切り下げました。日中取引は材料を欠き、ほぼ横ばいで推移しました。中心となる先限(2020年4月限)は50円安の2,821円。その他限月は53円~47円安。プラチナスポットは52円安の2,808円。パラジウムの中心となる先限(2020年4月限)は4円高の4,514円。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは上海ゴム相場高を眺めて小幅高で始まり、一時値を消す場面もありましたが、その後上海相場の上昇を眺めて強含みに推移し、きょうの高値で取引を終えました。TSRも高寄り後堅調に推移しました。中心となる先限、RSS(2019年11月限)は、7円00銭高の202円00銭。その他限月は4円80銭~8円70銭高。TSR(2019年12月限)は、1円80銭高の164円70銭。その他限月は、変わらず~2円80銭高。

☆とうもろこし、続落
米中西部の天候改善予報を背景に、昨日のシカゴ相場が下落したことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後は、シカゴ相場の戻りと円相場の引き締まりで、始値を挟んでもみ合いました。中心となる先限(2020年5月限)は260円安の25,070円。その他限月は、360円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) +3.59%
2位 ゴム(TSR) +1.11%
3位 ゴールドスポット +0.28%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 -3.40%
2位 プラッツドバイ原油 -1.88%
3位 プラチナスポット -1.82%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 67,700枚
2位 白金標準取引 20,444枚
3位 プラッツドバイ原油 14,958枚

全商品合計取引高(先物)140,556枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 257.62(前日比:-2.55)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・メキシコ湾の原油生産量が増加傾向にあった
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38675

・直近の金・ドル・ダウ・米国債・VIXの動きのグラフ
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/38665
<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 一時5カ月ぶり安値、米国の在庫増で(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W9A600C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿