◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0748 2019/6/14)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

サービスが始まった昨年の秋にこのコラムで紹介した「アイカサ」。
https://i-kasa.com/
1日70円で傘を使用できる傘のシェアリングサービスです。傘を持っていないのに急な雨が降ってきたら、最寄りのアイカサスポットで傘を借りて、必要なくなったらやはり最寄りのスポットに返却すればOK。一日何回「借りて返して」を繰り返しても70円という素敵なサービス。慌ててコンビニで傘を買ったら安くても500円くらいの余計な出費になるだけでなく、繰り返すと家の玄関の傘立てがとんでもないことになりますもんね。ただ、渋谷を中心に始まったサービスでTOCOM周辺ではまだ、アイカサスポットが少ないため、実は私、まだ利用したことがありませんでした。
しかし、このところ「アイカサ」の周辺が騒がしいのです!
一昨日のニュースによると、アイカサがJR東日本系のスタートアップ企業などから資金調達をして、駅周辺への設置を進めるそう。
https://jp.techcrunch.com/2019/06/12/i-kasa-pre-series-a/
まずは、一昨日12日からJR上野駅と御徒町駅でもアイカサを設置したということですが、上野エリアではなんと「パンダ柄」のオリジナル傘なんです。パンダ柄の傘が置いてあるアイカサスポットは「とんこつラーメン博多風龍上野店」「メガネスーパー上野広小路店」、「JR上野駅」「JR御徒町駅」「京成上野駅」「東京国立博物館」「東京都美術館」「東京文化会館」「東京藝術大学大学美術館」「上野の森美術館」「アトレ上野店」「松坂屋」「丸井」「多慶屋」などなど約50スポットです。
そして更に今日は、丸井グループのオリジナルアニメ「そばへ」とコラボして、オリジナル傘を設置するというニュースも。
https://animeanime.jp/article/2019/06/14/46174.html
「上野マルイ」を皮切りに、順次マルイ・モディ各店舗へアイカサスポットを設置していくそうです。
この勢いで、アイカサスポットがどんどん増えて行けば使い勝手が良くなって嬉しいですよね。特に日本橋、人形町界隈。宜しくお願いします!!
さて、本日のTOCOMマーケット、昨日ホルムズ海峡近くで起きた石油タンカー攻撃事件を背景に、原油は供給懸念で反発。金は中東情勢への警戒から続伸しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」
コメンテーター:亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
「米中貿易問題、そして米国とメキシコの国境、不法移民問題と貿易交渉など地政学リスクの高まりがマーケットのかく乱要因となっていますが、今、金市場を支えているのは、地政学ならぬ「地経学リスク」。これは、自国を優位に導くという地政学上の目的を達成するために、関税など経済的な手段を行使することを指す言葉で、1990年に発表された「地政学から地経学へ、紛争の理論、貿易の文法」という論文がもとになっています。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190613180000

来週の放送予定
6月17日(月)
『「世界デジタルサミット」から見えるものは?』
関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)

6月18日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第11回「トレードルール入門」
小次郎講師

6月19日(水)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」
芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)

6月20日(木)
「商品市場の動向と今後の見通し」
菊川弘之さん(マーケットアナリスト)

6月21日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190610/
※現在TOCOMスクエア3周年を記念して、プレゼント企画を行っています。詳しくは動画をご覧ください!

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/06/13/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /6/14
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、4日ぶり反発
石油輸送の要衝の中東ホルムズ海峡近くで石油タンカーが攻撃されたのを受け、原油供給や中東情勢の緊迫に対する警戒感が強まり、昨日のNY原油相場が一時53.45ドルをつけるなど大幅反発。TOCOMドバイ原油市場の日中取引も高寄りし、堅調なNY原油相場を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年11月限)は、520円高の38,650円。その他限月は、270円~630円高。

☆金、4日続伸
中東情勢を巡る警戒感が強まり、安全資産とされる金には逃避資金が流入し、昨日のNY金相場は3日続伸。その流れを受けてTOCOM金市場の日中取引も高寄しました。その後、伸び悩む場面もありましたが、大引けにかけて水準を切りあげ、この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年4月限)は、36円高の4,681円。その他限月は、33円~43円高。ゴールドスポットは39円高の4,693円。金現物取引、100gは30円高の4,730円。

☆白金 続落、パラジウム8日続伸
南アランド安や需給の緩みを懸念して昨日のNY白金相場が続落。その地合いを受けてTOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後、NY相場の戻りを眺めて一時プラス圏に浮上する場面もありましたが、大引けにかけて再び下落に転じ、下げ幅を広げて取引を終えました。中心となる先限(2020年4月限)は12円安の2,840円。その他限月は14円~9円安。プラチナスポットは12円安の2,819円。パラジウムの中心となる先限(2020年4月限)は95円高の4,840円。

☆ゴム、続落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは上海ゴム相場の下落を眺めて、小安く始まりました。その後、プラス圏に浮上しじわじわと上昇していましたが、終盤に円相場の引き締まりを受けて上げ幅を消し、この日の安値で取引を終えました。TSRは動意薄く、昨日の終値で寄り付いた後、円高を受けて水準を切り下げました。中心となる先限、RSS(2019年11月限)は、2円60銭安の202円00銭。その他限月は2円10銭安~1円10銭高。TSR(2019年12月限)は、2円10銭安の162円70銭。その他限月は、40銭安~20銭高。

☆とうもろこし、4日続伸
米中西部の作付け遅れ懸念で昨日のシカゴとうもろこし相場が上昇した流れを受け、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしましたが、シカゴ市場の上昇一服を眺めて大引けにかけ緩やかに上げ幅を削りました。中心となる先限(2020年5月限)は180円高の25,570円。その他限月は、変わらず~220円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +2.00%
2位 バージ灯油 +1.65%
3位 プラッツドバイ原油 +1.36%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) -1.27%
2位 ゴム(RSS) -1.27%
3位 プラチナスポット -0.42%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 42,636枚
2位 プラッツドバイ原油 11,483枚
3位 白金標準取引 6,830枚

全商品合計取引高(先物)83,069枚
〃 (オプション) 142枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 263.70(前日比:+2.47)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・トウモロコシは大相場へ!!
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/38790

・協調減産のキーとなるロシアの動き
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/38778

・ホルムズ海峡で日本の関連貨物船が攻撃を受ける
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38782

<参考ニュース>
・タンカー攻撃 見えぬ背景 問われるエネルギー政策(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46095450U9A610C1MM8000/?n_cid=TPRN0003

・国際帝石、インドネシアで大型LNG 2兆円規模(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46087850U9A610C1MM0000/?nf=1

・米、タンカー攻撃「イランに責任」 イランは関与否定(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46083480U9A610C1000000/?nf=1

・NY商品、原油が大幅反発 タンカー攻撃で供給や中東情勢を警戒(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U9A610C1000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿