◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0753 2019/6/21)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

今日から「串カツ田中」の「東証一部上場記念特別キャンペーン」が始まりました!!
https://kushi-tanaka.com/campaign/listing/
6月21日~6月30日(日)の10日間、なんと串カツ全品100円、またはハイボールが100円(※税抜)!串カツはテイクアウトでもOKなんですって!!
ちなみに通常価格は串カツ1本100円~200円、ハイボールは370円~390円。
どちらか、というのが悩ましいのですが、私、そんなにお酒は飲まないし、最初の一杯はやっぱりビールが飲みたいし…きっと串カツ100円を選んだ方がお得だよねぇ…???
念の為、試算してみました。おそらく私が注文するのは、串カツが、レンコン、玉ねぎ、うずら、とまと、山芋、しいたけ、しそつくね、豚しそ、とうもろこし、えび、アスパラ、かき、ホタテの13本。通常の価格と比べてみると630円のお得です!ドリンクですが、私のお酒の許容量がビールでもハイボールでも4杯までなので、ビールを一杯飲むと残り3杯。一杯につき290円のお得だから…えっ?870円のお得?
だったら、ハイボール100円を選んだ方が、断然お得!!!
よかった~試しに計算してみて。早速、TOCOMすぐそばの「串カツ田中 小伝馬町研修センター」へ…と思ったら、研修センターは対象外店舗なんですって。がーん。
皆さんのお近くには「串カツ田中」ありますか?どちらのコースを選んだ方がお得かちゃんと計算して、対象店舗か確認して、からお出かけ下さいね!今月いっぱいですよ!
さて、本日のTOCOMマーケット、金も原油も続伸です。原油は中東情勢の悪化による供給不足懸念で。金は、ECBやFRBなど、欧米の中央銀行が利下げ姿勢を示したことによって。白金とパラジウムは景気減速懸念で反落。パラジウムは13日ぶりの反落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:菊川弘之さん(マーケットアナリスト)
「インフレ期待がない中での金融相場の様相を呈し始めましたが、金高・株高は教科書的にはインフレ時代の資産上昇期の値動きです。
また、これまで株式と原油の相関性が高かったのですがこの金融相場では原油の需給が緩いことが価格の上値を抑えており原油価格はあまり大きく上昇していません。
需給のタイト感がない原油相場まで利下げ期待に反応して大きく上昇するようなら、今後のリスクが大きくなる…。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190620180000

来週の放送予定
6月24日(月)
「中東異変にも上値重い原油」
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

6月25日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第12回「トレードルール作り」
小次郎講師

6月26日(水)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

6月27日(木)
「2019年原油市場、ここからの価格変動要因」
小山 堅さん(日本エネルギー経済研究所 常務理事 首席研究員)

6月28日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190617/

※現在TOCOMスクエア3周年を記念して、プレゼント企画を行っています。詳しくは動画をご覧ください!

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/06/19/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /6/21
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日続伸
イランが米軍の偵察用ドローンを撃ち落としたことから中東情勢の悪化が懸念され、昨日のNY原油が急反発しました。TOCOMドバイ原油市場の日中取引もその流れを引き継ぎ、大幅高で寄り付きました。その後、NY相場の軟化や円高進行を眺めて上げ幅を縮めましたが、5月31日以来約3週間ぶりに4万円台に乗せて取引を終えました。中心となる先限(2019年11月限)は、740円高の40,030円。その他限月は、300円~830円高。

☆金、続伸
欧米の中央銀行がそろって利下げの姿勢を示したことからで昨日のNY金相場が上昇。一時1,394ドルと6年ぶりの高値をつけました。その強地合いを引き継ぎ、TOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。その後も、NY相場高を眺めて上昇し、一時4,846円と2015年1月以来、約4年5カ月ぶりの高値を付けるなど堅調に推移しましたが、終盤にNY相場が水準を切り下げると、それを映して上げ幅を削りました。中心となる先限(2020年4月限)は、20円高の4,795円。その他限月は、21円~42円高。ゴールドスポットは28円高の4,813円。金現物取引、100gは40円高の4,860円。

☆白金 反落、パラジウム13日ぶり反落
パラジウム相場とNY白金相場の反落を眺めて、TOCOM白金市場の日中取引は安寄りしました。その後NY相場の戻りを受け下げ幅を縮小する場面もありましたが、終盤は再び下落に転じました。中心となる先限(2020年4月限)は36円安の2,802円。その他限月は38円~15円安。プラチナスポットは9円安の2,816円。パラジウム、中心となる先限(2020年4月限)は76円安の4,943円。

☆ゴム、続落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは円高を受けて安寄りし、その後も円高や上海相場の軟調を眺めて下げ幅を広げました。TSRは高寄りしましたが、円高におされてマイナス圏に沈みました。中心となる先限、RSS(2019年11月限)は、70銭安の199円80銭。その他限月は1円20銭安~1円50銭高。TSR(2019年12月限)は、1円10銭安の159円50銭。その他限月は、2円70銭安~変わらず。

☆とうもろこし、4日ぶり反発
米中西部で来週初めまで低温多雨の状態が続くとの予報を受けて、昨日のシカゴとうもろこし相場が反発。TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。その後、円高に頭を押さえられながらも、シカゴ堅調を眺めて上げ幅を広げました。中心となる先限(2020年7月限)は380円高の25,590円。その他限月は、変わらず~390円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +1.88%
2位 バージガソリン +1.64%
3位 とうもろこし +1.51%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -1.51%
2位 白金 -1.27%
3位 ゴム(TSR) -0.69%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 101,595枚
2位 ゴールドスポット 18,943枚
3位 白金標準取引 13,662枚

全商品合計取引高(先物)160,449枚
〃 (オプション) 110枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 270.15(前日比:+2.75)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・とうもろこし価格反落始める
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/38871

・産油国会合の動向に注目!!
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/38865

・地政学的リスクを需給緩和見通しで相殺された原油市場
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/38850

・OPEC総会、日程変更
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38855

<参考ニュース>
・NY商品、原油が急反発 イランが米偵察機撃墜、金は5年9カ月ぶり高値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R20C19A6000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿