◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0756 2019/6/26)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

最近、また変なメールが増えてきたと思いませんか?フィッシング詐欺をやっている人たちの、ボーナス査定期なんでしょうか…。忙しい朝、大量のスパムメールを除けて、必要なメールを探すのに毎日一苦労です。
以前、ヤマト運輸や佐川急便の不在通知を装った巧妙なフィッシングメールに騙されてしまい、「荷物の再配達の手続きはこちらから」っていうURLアドレスをクリックしたら、明らかに不審なページに繋がってしまい、それをきっかけに、スパムメール、フィッシングメールの類が大量に送られてきて閉口したことがありました。それ以来かなり気をつけようにはしていたのですが、うっかり何か開いてしまったんでしょうか…。
今回、かなりずさんなフィッシングが多い気がします。
「現金抽選、3人に1人が50万円当選します!」や「appleのカード、タダでプレゼントしましょうか?」といった、(こんなんで釣られる人なんているんだろうか…)と、フィッシングメールを送って来る人が逆に気の毒になってしまうくらいのお粗末さ。
ほかにも、「楽々市場」(おそらく楽天の真似)といったネットショップをかたって、「本日到着予定:ご注文商品「ボクサーパンツ」お得10枚セット」…。せめて「キャミソール10枚」だったら、1枚注文するつもりが一桁間違って注文出しちゃったかしら…って不安になって、お問い合わせ先をクリックしちゃったかもしれませんが。
ただ、中には巧妙なものも。例えば、「会員サービス登録完了のお知らせ」なんてメールが届いたら、あれ、何に登録したっけ?って、思わず開いちゃいそうになりましたし、「【重要】二段階認証の設定変更について」なんてメールが来ると、セキュリティーが厳しくしてくださいって案内かしら…ってつい開いてしまいそうになりますよね。
私が何とか騙されなかったのは、文章の一部に不自然な「…」や「-」といった記号が入っていたから。その他、こういった内容のメールなのに、BBCでもなく複数のメールアドレスへの一斉配信だったりすると、やはりおかしいなと思いますよね。
フィッシングを見抜く方法が書いてあるページを見つけました。リンクをクリックする前に、URLの上にマウスカーソルをかざして表示される「参照先」を確認する…など、役に立つ情報がいろいろ書いてありましたよ!早速、マウスをかざしてみて下さいね(笑)
https://flets-w.com/chienetta/list/2018/12/nrt_ser-security_phishing-attention.html
さて、本日のTOCOMマーケット、原油が急反発、金は5日ぶりに反落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
コメンテーター:藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第12回「トレードルール作り」
コメンテーター:小次郎講師
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190625180000
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【CX】金相場が急上昇して4年5カ月ぶり高値
【金】見えてきた金の2000ドル
【原油】軍事的脅威が現実となったホルムズ海峡
コメンテーター:小針秀夫(トーキョートレーダーズタイムズ代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190625/
※現在TOCOMスクエア3周年を記念して、プレゼント企画を行っています。詳しくは動画をご覧ください!

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/06/19/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /6/26
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、急反発
取引中のNY原油相場が急伸。それを受けて、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りし、その後も、NYの堅調と円相場の軟化を眺め、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2019年11月限)は、1,070円高の41,400円。その他限月は、230円~1,160円高。

☆金、5日ぶり反落
取引中のNY金相場が下落したのを受けて、今日新甫発会したTOCOM金市場の日中取引は軟調にスタート。午前中はNYの軟化を映して徐々に水準を切り下げました。午後はNYの下げが一服したのを眺め、ほぼ横這いで推移しました。中心となる先限(2020年6月限)は、4,845円。その他限月は、51円~40円安。ゴールドスポットは44円安の4,869円。金現物取引、100gは30円安の4,930円。

☆白金 小動き
今日発会のTOCOM白金市場の日中取引は、寄り付き後、円の軟化を眺めてやや水準を切りあげて推移しましたが、NY白金相場の軟調に連れて大引けに上げ幅を消しました。中心となる先限(2020年6月限)は2,802円。その他限月は12円安~5円高。プラチナスポットは13円安の2,793円。パラジウム、中心となる先限(2020年6月限)は5,038円。

☆ゴム、小動き
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは小高く寄り付いた後、上海ゴム相場の堅調と円相場の軟化を眺めて一時上げ幅を拡大しましたが、その後は下落に転じ、始値の水準で取引を終えました。TSRは高寄り後に、水準を切り下げ小幅高で終わりました。中心となる先限、RSS(2019年12月限)は、20銭高の192円60銭。その他限月は60銭安~50銭高。TSR(2019年12月限)は、20銭高の158円40銭。その他限月は、変わらず~1円00銭高。

☆とうもろこし、3日続落
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、取引開始時にシカゴ相場、円相場ともに小動きだったことから、小安く寄り付きました。その後、シカゴ相場の下落を受けて、水準を切り下げましたが、円相場の軟化にサポートされて下げ止まりました。中心となる先限(2020年7月限)は110円安の25,300円。その他限月は、280円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +2.65%
2位 バージ灯油 +2.35%
3位 ゴム(TSR) +0.13%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 -0.99%
2位 ゴールドスポット -0.90%
3位 銀 -0.75%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 85,653枚
2位 ゴールドスポット 11,813枚
3位 白金標準取引 9,637枚

全商品合計取引高(先物)124,862枚
〃 (オプション) 122枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 276.08(前日比:+3.08)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・OPEC総会日程変更は、原油相場にとって上昇要因か下落要因か?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38909

<参考ニュース>
・NNY商品、原油が小幅反落 米中摩擦の長期化を懸念 金は一時6年ぶり高値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W9A620C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿