◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0761 2019/7/3)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

昨日あたりから世間を賑わせている、プロ野球応援歌「お前」問題。
https://digital.asahi.com/articles/ASM724SJDM72UTQP01P.html?rm=542
中日ドラゴンズのチャンスの場面で歌われる、ピンクレディー「サウスポー」の替え歌の歌詞「お前が打たなきゃ誰が打つ」が、「選手に対して失礼ではないか?」「子どもに対して悪影響を与えないか?」という、球団内部からの声がもとになり使用を自粛。この応援歌に親しんでいたファンから悲しみの声が上がっているという話題です。
野球に全く興味がない私ですが、言葉の問題としてとても気になりました。
「お前」という言葉、以前から「職場で上司に呼ばれると不快」「家庭で旦那から呼ばれると腹が立つ」など、呼ばれたら嫌な言葉として取り上げられてきました。
でも、言葉って使う状況によって受けるイメージが変わりますよね。スポーツの応援歌として使われる場合は、その選手に対する強い信頼や期待を寄せているからこそ出てくる呼称と受け取るのがとても自然だと思います。このようなシーンでしかも歌の歌詞で、選手を「お前」と呼んだところで、不快に感じる人は本当にいるのでしょうか?むしろその方が想像力の欠如だと思います。
杓子定規に「「お前」は失礼だから使ってはならない」というのは、「言葉狩り」に他なりません。そもそも「お前」という言葉は、敬いの意味で使われた言葉として生まれたそうですね。今回の騒動で知りました。
あれだけファンに愛される応援歌は、中日ドラゴンズがファンと共に時間をかけて築いた文化であり、宝だと思います。それを封印するのは、なんとも勿体ないと思います。
「お前」という言葉について、大人は、職場や家庭でパワハラ、モラハラにあたるような状況では使わない…という常識や判断力を磨いてほしい。そして、子どもに対しては、今、話題になっている良い機会なので、「言葉は使う状況でニュアンスが変わるのだ」ということ、「さげすむような意味で「お前」と使ったら相手は不快になるのだ」ということを、是非、家庭で教えて欲しいと思います。
私の大好きな、ハウンド・ドッグの「フォルテシモ」や、今流行ってる菅田将暉の「キスだけで feat. あいみょん」だって、子どもに悪影響を与えるから歌ってはいけません、聞いてはいけません…って、悲しいですよね。まあ、この例えも大げさですが…。
さて、今日のTOCOMマーケット、貿易摩擦激化による世界景気減速懸念で、リスク資産の原油が急落。反面、安全資産の金は大幅続伸しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」
コメンテーター:柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第13回「トレードルール作り10の掟て その1」
コメンテーター:小次郎講師
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190702180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【CX&FX】上昇したNY金、指数・金利との相関は?
【金】金価格が上昇した4つの要因と今後の金価格
【原油】中東情勢リスクをどう見るか?
コメンテーター:近藤雅世(コモディティー・インテリジェンス 代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190701/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/06/27/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /7/3
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、大幅続落
米政府が、発動を検討しているEUへの追加関税の対象規模を拡大すると発表したことから、貿易摩擦激化による世界景気の減速が懸念され、昨日のNY原油が大幅に下落。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引も、大きく水準を切り下げて寄り付き、その後、円相場の引き締まりを映して更に水準を切り下げました。午後にやや下げ幅を縮める場面もありましたが、約2週間ぶりに4万円を割り込んで取引を終えました。中心となる先限(2019年12月限)は、1,990円安の39,480円。その他限月は、2,140円~2,000円安。

☆金、大幅続伸
景気の先行不透明感で安全資産とされる金が注目。加えて主要通貨に対してドルが下落したことから、代替投資先とされる金に投資資金が流入し、昨日のNY金相場が急伸。TOCOM金市場の日中取引も大幅高で寄り付き、一時4,950円と2015年1月下旬以来、約4年5カ月ぶりの高値を付けました。その後、NYの上昇一服と円相場の引き締まりで上げ幅をやや縮めました。中心となる先限(2020年6月限)は、84円高の4,912円。その他限月は、80円~103円高。ゴールドスポットは112円高の4,949円。金現物取引、100gは120円安の5,020円。

☆白金、5日ぶり反落
景気の減速懸念で昨日のNY白金相場が続落し、その流れを受けてTOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後、円円相場の上昇を眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年6月限)は54円安の2,881円。その他限月は56円~36円安。プラチナスポットは32円安の2,872円。パラジウム、中心となる先限(2020年6月限)は19円高の5,158円。

☆ゴム、RSS続落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは、円高と原油の急落を受けて安寄りし、その後も円の引き締まりに頭をおされて下げ幅を拡大しました。TSRは、昨日大きく下落した反動で高寄りしましたが、その後は値動きが無く、始値と同値で取引を終えました。中心となる先限、RSS(2019年12月限)は、6円40銭安の184円60銭。その他限月は8円90銭~4円10銭安。TSR(2020年1月限)は、1円50銭高の153円60銭。その他限月は変わらず~2円90銭高。

☆とうもろこし、4日ぶり反発
昨日のシカゴとうもろこし相場が作柄上昇に対する警戒感と、前日まで大きく下げていた反動で反発。TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後も、取引中のシカゴ相場が強含みに推移したことから、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年7月限)は180円高の24,720円。その他限月は、90円~450円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴールドスポット +2.32%
2位 金 +1.74%
3位 ゴム(TSR) +0.99%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -4.80%
2位 バージガソリン -3.91%
3位 バージ灯油 -3.40%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 90,354枚
2位 白金標準取引 17,564枚
3位 ゴールドスポット 15,716枚

全商品合計取引高(先物)162,619枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 271.97(前日比:-6.14)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・年内に中国黄金取引所の金価格がCOMEXに上場される
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/39000

・トウモロコシと金価格の反落と今後
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/38992

・OPEC総会、開催直前直後の原油相場の値動き
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/38985

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 需要減見込みで、減産合意に反応薄 金は反発(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T00C19A7000000/

・欧米中銀「ハト派人事」で円買い 緩和競争で日本不利(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL03H8W_T00C19A7000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿