◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0767 2019/7/11)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

「筋肉食堂」。トレーニングをしている方や、糖質制限ダイエットをしている方、あるいは関心があるという方なら、皆、ご存知だと思います。
高タンパク低カロリー料理専門の食堂で、しかも美味しい!ということで、評判となり、2015年に港区の六本木に1号店、翌年に水道橋に2号店をオープンし、今では渋谷店、銀座コリドーテン店、お弁当専門の丸ビルDELI、カレッタ汐留DELI、と着実にお店を増やしている人気店です。http://kinnikushokudo.jp/
筋肉食堂の3箇条は、1:高タンパク、低カロリーのものをおいしく調理すること 2:
罪悪感のない食事メニューを提供すること 3: エネルギーである糖質を上手く摂ることが大事 なのだそうです!
メニューは例えば、「鶏モモ肉 200g+鶏ムネ肉 200g」1,600円、「鶏ムネ・ささみ肉の
卵白ソースゴマロースト200g」2,100円、サーモンのトマトソース150g」1,100円(全て税込み)といった感じ。写真をみると分かるのですが、本当に美味しそうなんです。しかし、本当に人気でいつも混んでるので中々入れないお店なんですよね。
そんな「筋肉食堂」の大人気メニューを、何と自宅で食べられるようになりました。
筋肉食堂のレシピ本が今日発売になったのです。『筋肉食堂 3日で実感! おなかが凹む! 最強の食べ方』https://www.amazon.co.jp/dp/4418194126/
特に注目なのは、お店の看板メニューの「世界一おいしいと自負する『鶏むね肉のステーキ』」
鶏むね肉とささみは高タンパク低脂肪の代表選手。分かってはいるけれど、パサつかせずにおいしく調理するのはなかなか難しいんですよね。その秘訣は火の入れ方。火は通っているのに刺し身のようにみずみずしく、ぷるふわの食感に仕上げる方法が紹介されています!
鶏むね肉の扱い方を身につければ、おサイフにも優しいし、ダイエットにも役に立つし一石二鳥ですよね!注目の本のご紹介でした。
さて、今日のTOCOMマーケット、米原油在庫の減少幅が大幅に増えたことなどから原油相場が大幅続伸。金は、昨夜のパウエルFRB議長の証言で利下げ観測が強まり反発しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」
コメンテーター:林 知久さん(投資日報社)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
コメンテーター:大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
「米国は今やサウジアラビアやロシアを抜いて原油生産量世界一です。その生産量は増加の一途を辿っているとされ、中国の景気減速の懸念とともに原油価格の上値を抑えているとされてきました。
しかし、増産量は2018年の前年同月比220万バレルをピークに徐々に減ってきています。
実は、WTI原油価格は昨年10月の高値70ドル台後半から40ドル台前半まで急落して以降、投資家らのシェール企業への投資が冷え込んでいるのです。原油価格は12月には底入れし2019年5月に向けて65ドルを超えるまでに回復してきたのですが、投資家らが戻ってきていないというのです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190710180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190708/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/07/11/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /7/11
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、6日続伸
昨夜EIAが発表した週間在庫統計で米原油在庫の減少幅が大幅に増えたことや、暴風雨の接近でメキシコ湾岸の石油生産設備が稼働を停止していることなどから需給が引き締まるとの観測がひろまり、昨日のNY原油相場が続伸。一時60.53ドルと約1か月半ぶりの高値を付けました。その流れを受けて、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は大きく水準を切りあげて寄り付きました。その後はNY相場の堅調と、円高の強弱材料の綱引きとなり、もみ合いました。尚、夜間取引で、一時42,460円と約1か月半ぶりの高値をつけました。中心となる先限(2019年12月限)は、950円高の42,280円。その他限月は、690円~1,120円高。

☆金、4日ぶり反発
昨夜のパウエルFRB議長の証言で7月のFOMCで利下げに動くとの見方が強まり、NY金相場が続伸。その流れを受けてTOCOM金市場の日中取引も反発して寄り付きました。しかしその後は、NY金相場の上げ一服や円相場の引き締まりを受けて上げ幅を縮めました。中心となる先限(2020年6月限)は、63円高の4,918円。その他限月は、55円~69円高。ゴールドスポットは60円高の4,943円。金現物取引、100gは70円高の5,000円。

☆白金 上伸、パラジウム 大幅反発
昨日のNY白金の反発を受けて、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後、円高に頭を押されて水準を切り下げ、午後は決め手を欠いてもみ合いました。中心となる先限(2020年6月限)は29円高の2,881円。その他限月27円~34円高。プラチナスポットは36円高の2,875円。パラジウム、中心となる先限(2020年6月限)は127円高の5,283円。

☆ゴム、RSS 変わらず 
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは決め手材料難の中、小安く寄り付きました。その後も小動きを続け昨日の終値と同値で取引を終えました。TSRは、先限のみ上伸です。中心となる先限、RSS(2019年12月限)は、変わらずの177円20銭。その他限月は40銭安~2円90銭高。TSR(2020年1月限)は、2円50銭高の153円10銭。その他限月は2円30銭安~変わらず。

☆とうもろこし、変わらず
昨日のシカゴ相場は、反発しましたが、米利下げ観測で為替が円高に振れたことから強弱材料の綱引きで、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小高く寄り付いた後、小幅な値動きを続け、昨日の終値に戻して取引を終えました。日中立ち合いは、強弱材料の綱引きで、方向感が定まらなかった。中心となる先限(2020年7月限)は変わらずの24,980円。その他限月は、150円安~100円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 +3.87%
2位 パラジウム +2.46%
3位 プラッツドバイ原油 +2.30%

値下がり商品(先限、騰落率)
※ 本日、値下がりした商品はありません
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 66,444枚
2位 プラッツドバイ原油 20,511枚
3位 ゴールドスポット 11,926枚

全商品合計取引高(先物)122,919枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 281.66(前日比:+4.66)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・OPEC減産順守の立役者“減産免除国”の原油生産量の推移
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39093

・金価格に思うこと
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/39088

・ポーランド中央銀行も今年金を100トン購入
【著者】近藤雅世

ポーランド中央銀行も今年金を100トン購入

<参考ニュース>
・NY原油続伸、一時1カ月半ぶり高値 米在庫減で(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R10C19A7000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿