◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0770 2019/7/17)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

今年の土用丑の日は7月27日。去年の夏の土用は丑の日が2回ありましたが、今年は1回のみ。しかも土曜日。なんと、隅田川の花火大会の日と重なるんですって。
ただでさえ鰻屋さんが大混雑となる土用丑の日。土曜日で、しかもイベントも重なるとなると今年は一体どうなっちゃうのでしょうか?
ちなみに、隅田川の花火とスカイツリーを目の前に美味しい鰻が食べられるお店として知られる駒形の「前川」に、ダメ元で予約がとれるかどうか聞いてみたところ、隅田川花火の日は、丑の日に重なっていてもいなくても、昔からのなじみのお客さんの予約で埋まっちゃうので、一般の予約はとれないのだそうです。お店の方が申し訳なさそうに教えてくれました。残念ではありますが、昔からの常連さんを大切にしているんだなぁと、むしろ好印象でしたけどね。http://www1.odn.ne.jp/unagimaekawa/
鰻屋さんに関わらず、この日、花火が見えるお店はどこも予約でいっぱいのようです。東京スカイツリーのレストランは、花火が見下ろせる絶景スポットですが、例年花火大会の1か月前には、予約で埋まっちゃうとのこと。
ちなみにTOCOM近くの鰻屋さんでは、「伊勢定」は、通常土曜日の営業は19時30分までですが、丑の日なので時間を延長して営業します。丑の日は予約をとらないそうなので、当日並べば食べられるそうです。https://nihombashi-tokyo.com/jp/shop/1424.html
「大江戸」は、そもそも土曜日は予約を受けていないのだそうです。通常通り営業しているので、やはり並べば食べられそうです。https://oedo.gorp.jp/
高嶋家は、土曜日はランチ営業のみ。丑の日でも14時までだそうです。行こうと思っている方はご注意を! http://takashimaya.info/
そうそう、「KINTANコレド室町」では土用の丑の日に向けた期間限定メニューとして「極上サーロインのうな牛丼」がランチタイムに食べられます。今日から7月31日(水)までですって!https://www.muromachi-kintan.com/
さて、本日のTOCOMマーケット、米国とイランの対立懸念や、暴風雨の接近で停止していたメキシコ湾岸の米石油施設の一部が稼働を再開し、供給減の見通しが後退したことから原油が大幅に続落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!

本日の番組
「金と原油の展望」
コメンテーター:濵田隆道(東京商品取引所 代表執行役社長)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第15回「トレードルール作り10の掟て その3」
コメンテーター:小次郎講師
「個別株は銘柄選びが全てだと思っている方が多いようですが、それは間違っています。大切なのは「大化けしそうな銘柄を探す」ことではなく、「トレンドが分かりやすい」こと。
トレンドが長続きしやすく分かりやすい銘柄を探していく事が大切です!」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190716180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【CX】NY金ファンド建玉は高水準維持
【金】需要と価格の動きの4つの要素
【原油】米国の原油・石油製品生産はフル稼働
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190716/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/07/11/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /7/17
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、大幅続落
米国とイランの対立への懸念が後退したことなどを背景に昨日のNY原油相場が下落したのを受け、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は大幅安で始まりました。その後、手掛かり材料を欠きもみ合いで終わりました。中心となる先限(2019年12月限)は、1,150円安の40,140円。その他限月は、1,170円~620円安。

☆金、反落
対ユーロでのドル高が進み、代替投資先となる金から資金が流出し、昨日のNY金相場が反落。その流れを受けてTOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後はNY相場も円相場も小動きで決め手を欠き、小幅もみ合いました。中心となる先限(2020年6月限)は、21円安の4,874円。その他限月は、24円~19円安。ゴールドスポットは18円安の4,890円。金現物取引、100gは20円安の4,940円。

☆白金 4日ぶり反落、パラジウム 大幅反落
NY白金相場安を受けてTOCOM白金市場の日中取引は小安く寄り付きました。その後NY白金の軟調を眺めて、やや水準を切り下げました。中心となる先限(2020年6月限)は4円安の2,924円。その他限月は7円安~5円高。プラチナスポットは変わらずの2,921円。パラジウム、中心となる先限(2020年6月限)は83円安の5,092円。

☆ゴム、RSS続伸 TSRは変わらず
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは原油相場の急落を受けて安寄りしましたが、その後上海相場の上昇を眺め、プラス圏に切り返しました。中心となる先限、RSS(2019年12月限)は、2円20銭高の180円50銭。その他限月は1円20銭安~2円70銭高。TSR(2020年1月限)は、変わらずの153円10銭。その他限月も変わらず。

☆とうもろこし、続落
昨日のシカゴ相場が天候懸念の後退を背景に下落したため、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後、シカゴ相場、円相場ともに動意を欠き、マイナス圏でもみ合いました。中心となる先限(2020年7月限)は200円安の25,120円。その他限月は、180円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 小豆 +3.56%
2位 銀 +2.26%
3位 中京ガソリン +1.50%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -2.79%
2位 バージガソリン -2.12%
3位 バージ灯油 -2.02%

※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 27,141枚
2位 白金標準取引 11,355枚
3位 プラッツドバイ原油 8,268枚

全商品合計取引高(先物)63,903枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 274.05(前日比:-4.37)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・LBMAの金取引の流動性は政府債や社債のそれを上回る
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/39177

・米シェールだけでサウジに肉薄する日が来る?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39170

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続落 イラン情勢への懸念がやや後退で、金は反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X10C19A7000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿