◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0784 2019/8/6)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

強い日差と厳しい暑さが続いています。我が家では毎日クーラーがフル稼働しています。
クーラーや扇風機など無かった時代、よく夏を過ごすことが出来たなぁ…と思いませんか。
もちろん、地面はこんなにアスファルトに覆われていなかったし、街中はビルの代わりに緑がたくさんあって、熱を吸収してくれていたんでしょうね。
でも、何より、木と紙で出来た日本家屋が暑さ対策にとても優れていたんだと思います。
畳や木の床は熱を貯め込まずに放出してくれるし、障子や襖も通気性が良くて湿気も吸ってくれるので湿度が下がって快適です。
しかし、畳や襖のある部屋って今は少なくなりましたよね。特に障子は一軒家でもない限りまず見られません。
障子のあの軟らかい明るさって、カーテンではなかなか再現できません。障子紙の光の透過率は約40%。直射日光は遮ってくれるけれど、ある程度の光は通してくれます。その上、日光を拡散させる性質があるので、柔らかく均一の光を室内に満たしてくれるのです。
かといって、障子を使うのは無理と言う方が殆どでしょう。でも、実はそんな障子のテイストを洋風の部屋でも楽しめる、ガラス窓に貼って使う障子紙があるんです。
山梨の和紙メーカー、慶応四年創業「金長特殊製紙株式会社」が開発した21世紀のSHOJI「糸落水(いとらくすい)」。https://itorakusui.com/about/
格子状の糸を漉き込んだ和紙に水滴を落とし「あえて穴を空けた」進化型障子紙なんです。
和紙なのでハサミで裁断することができ、かつ水だけでガラスに貼ることができるという優れもの。「光は通すが中は見えない」独特の透け感を、お部屋で手軽に楽しめるんです。
実は、TOCOMすぐそばの「京都鴨蕎麦 浹(あまね)」で先月からこの「糸落水」を取り入れているんですよ。かなりお洒落です。https://itorakusui.com/blog/268/
こんなアイテムを利用して、障子のテイストを楽しんでみてはいかがでしょう?
さて、本日のTOCOMマーケット、米中貿易摩擦の激化で投資家のリスク回避姿勢が強まり、世界の主要な株式相場が軒並み下落しました。相対的に安全な資産とされる金に投資資金が流入し、金は一時、6年4ヶ月ぶりに5000円台に浮上しました。尚、NY金相場も、昨日一時、1481.8ドルと6年4か月ぶりの高値を付けました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「東京五輪まで1年~五輪後の景気は大丈夫か?」
コメンテーター:岡田晃さん(経済評論家)
キャスター:山本 郁

前回の放送から
「東京五輪まで1年~五輪後の景気は大丈夫か?」
コメンテーター:岡田晃さん(経済評論家)
「前回、1964年開催の東京オリンピックでは、開催後に不況に陥りました。また2016年のリオオリンピック、2012年のアテネオリンピックとここ2回続けて開催後の不況に見舞われています。
しかし、前回の東京オリンピックの時と今とでは、経済環境が全く違っていたこと。またリオ、アテネはそれぞれの国の事情に左右されたことなどが、不況の理由。
放置されていた旧工業地帯を再生に成功したロンドンオリンピックや、観光都市として新しく生まれ変わったバルセロナのように、要は、オリンピックのレガシー(遺産)がどのように活かされるかがポイントなのです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/2019080518000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【CX&FX】最近の価格変化に影響した事象まとめ
【金】世界20の中央銀行・金保有量の四半期変化
【原油】スエズ運河北回りより南回りが増加!
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190805/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/07/25/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /8/6
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 先限のみ小反発
米中貿易摩擦激化に伴うリスク回避姿勢の強まりを受けて昨日のNY原油相場が反落したことから、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は大幅安で始まりました。その後、人民元の戻りをきっかけに市場の不安が後退。NY相場の切り返しや円の緩みを眺めて急速に値を戻し、先限のみプラス圏に浮上しました。中心となる先限(2020年1月限)は、20円高の37,030円。その他限月は、200円~10円安。

☆金 続伸
米中貿易摩擦の激化懸念が強まり、安全な資産とされる金に資金が流入し、昨日のNY金相場は一時1481.8ドルと6年4か月ぶりの高値を付けるなど大きく上昇。その流れを受けてTOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。途中NY相場が下落して伸び悩む場面もありましたが、終盤に円相場の軟化に押し上げられて、一段、水準を切り上げ、一時は5,006円と約6年4カ月ぶりに5,000円台に浮上しました。中心となる先限(2020年6月限)は、50円高の4,994円。その他限月は、49円~65円高。ゴールドスポット63円高の5,011円。金現物取引、100gは60円高の5,050円。

☆白金 4日ぶり反発 
同じ貴金属の金相場の上昇に牽引されて昨日のNY白金相場も上昇。その流れを受けてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後も円安進行を眺めて上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年6月限)は32円高の2,946円。その他限月は28円~39円高。プラチナスポットは28円高の2,933円。パラジウム、中心となる先限(2020年6月限)は118円高の4,815円。

☆ゴム、続落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは、米中貿易摩擦への懸念とともに、ゴムの大量消費国である中国の景気減速への警戒感が強まり、続落して始まりました。その後も下値を追い、一時は約8カ月ぶりの安値に沈みましたが、大引けにかけては上海相場の上昇を背景に下げ幅を縮めました。TSRも続落です。中心となる先限、RSS(2020年1月限)は、30銭安の165円90銭。その他限月は1円80銭安~90銭高。TSR(2020年2月限)は2円40銭安の142円00銭。その他限月は11円50銭~変わらず。

☆とうもろこし 4日ぶり反発
作付け面積の減少見通しや産地の天候への懸念が広がり、昨日のシカゴとうもろこし相場が続伸。その流れを引き継ぎTOCOM市場の日中取引は高寄りしました。その後、取引中のシカゴ相場が水準を切り下げましたが、円の軟化にサポートされて小幅な下げに留まりました。中心となる先限(2020年7月限)は330円高の23,750円。その他限月は、20円安~430円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +2.51%
2位 とうもろこし +1.41%
3位 ゴールドスポット +1.27%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 中京灯油 -1.72%
2位 ゴム(TSR) -1.66%
3位 中京ガソリン -0.99%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 81,197枚
2位 プラッツドバイ原油 14,238枚
3位 ゴールドスポット 10,640枚

全商品合計取引高(先物)133,620枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 265.68(前日比:+1.33)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・OPEC原油生産量、順調に減少中
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39376

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 米中摩擦を警戒 金は6年3カ月ぶり高値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W9A800C1000000/

・米国株、ダウ続落で767ドル安 下げ幅今年最大、米中対立の激化を警戒(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_W9A800C1000000/?n_cid=SPTMG053

・トランプ氏、人民元安「為替操作だ」 中国政府を批判(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48242130V00C19A8EA2000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿