◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0785 2019/8/7)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

この時期流れるものって素麺だけじゃないんですね!
千葉県の「市川市動植物園」で、「流しカワウソ」が人気を集めているようで、その動画が今日のネットニュースを騒がせています。
https://twitter.com/i/status/1156388645764395008
上半分切り取ったビニール管を、流しそうめんのトイのように設置して、そこにカワウソが流れてくるといった仕組みです。カワウソのウォータースライダーと言った方が分かり易いかもしれませんね。
流れて来て立ちあがり、また戻っていく姿…確かに可愛い!!!
この「流しカワウソ」は、2012年から始めたのだそうです。以前、この動物園にいたカナダカワウソが、大雪の年に、雪の滑り台を腹ばいになって大喜びで滑っていたことを思い出して、水を流せばコツメカワウソも滑ってくれるのではないか…と、考えたんですって。
翌年2013年に、暑さのあまり、水の流れるパイプに押し寄せたカワウソの姿が公開されると一躍人気になったのだそうです。
https://colocal.jp/news/22788.html
ただし、いつ流れるかはカワウソ次第。エサの前は活発に流れてくれますが、食後はおとなしくなる傾向があるのだそうです。
ということなので、HPでエサの時間を調べてみたら、コツメカワウソは13時30分
http://www.city.ichikawa.lg.jp/zoo/0154.html 13時半前がチャンスということですね。
ちなみに、「市川市動植物園」と聞いて、あ…あの立ち上がるレッサーパンダ「風太くん」の!と思ったのですが、勘違い。風太君がいるのは「千葉市動物公園」。
間違えると、移動には電車で一時間以上かかりますからご注意を!
風太くん、7月5日に16歳の誕生日を迎えたそうです。人間で言えば70歳くらい。最近は寝ていることが多いけれども、好きなエサが出てくると立ち上がる姿を見られることもあるそうです。
さて、今日のTOCOMマーケット、米中貿易摩擦激化への懸念で、原油は大幅に反落。逆に金は大幅に上昇しました。終値で6年4ヶ月ぶりに5,000円台を回復。ゴールドスポットは上場来高値を更新しています。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」
コメンテーター:石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス シニアアナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期 第17回「必勝法はあるのか?」
コメンテーター:小次郎講師
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/2019080618000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190805/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/07/25/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /8/7
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 大幅反落
米中貿易摩擦激化への懸念を背景に昨日のNY原油相場が続落したのを受け、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は大幅安で始まりました。寄り付き後に急落の反動で、下げ幅を縮める場面もありましたが、円相場が引き締まると再び水準を切り下げました。中心となる先限(2020年1月限)は、870円安の36,160円。その他限月は、990円~860円安。

☆金3日続伸
米中貿易摩擦に伴う世界経済の先行き不透明感から昨日のNY金相場が上昇した流れを引き継ぎ、TOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。その後もNY金の堅調を受けて上げ幅を拡大。午後に入ってNY相場の上げが一服すると上昇の勢いを弱めましたが、終値は6年4ヶ月ぶりに5,000円台になりました。中心となる先限(2020年6月限)は、71円高の5,065円。その他限月は、66円~80円高。ゴールドスポット84円高の5,095円。金現物取引、100gは50円高の5,100円。

☆白金 反落 
NY白金相場が3日ぶりに反落し、その流れを受けてTOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後、NY相場の戻りを眺めて下げ幅を縮小し、昨日の終値まで戻す場面もありましたが、再び始値付近まで水準を下げて取引を終えました。中心となる先限(2020年6月限)は22円安の2,924円。その他限月は28円~16円安。プラチナスポットは30円安の2,903円。パラジウム、中心となる先限(2020年6月限)は変わらずの4,815円。

☆ゴム、反発
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは上海ゴム相場が上昇したのを受けて高寄りしました。その後、円高や原油相場安を眺めてマイナス圏に沈む場面もありましたが、堅調な上海相場に支えられプラス圏に浮上して取引を終えました。TSRも反発しました。中心となる先限、RSS(2020年1月限)は、1円10銭高の167円00銭。その他限月は2円00銭~5円60銭高。TSR(2020年2月限)は2円00銭高の144円00銭。その他限月は変わらず。

☆とうもろこし 小幅反落
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、堅調に始まりましたが、円相場の上昇と米中貿易摩擦の不安でマイナス圏に沈み、その後も軟調に推移しました。中心となる先限(2020年7月限)は30円安の23,720円。その他限月は、200円安~20円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴールドスポット +1.68%
2位 金 +1.42%
3位 ゴム(TSR) +1.41%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -2.35%
2位 バージ灯油 -1.63%
3位 バージガソリン -1.62%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 73,929枚
2位 プラッツドバイ原油 17,285枚
3位 ゴールドスポット 13,830枚

全商品合計取引高(先物)129,876枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 263.54(前日比: -2.14)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・減産免除国で起きていることは“減産”ではなく“自国都合の生産減少”
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39394

・トランプ政権の対中強硬策と金原油価格
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/39391

・サウジを除いた減産参加国10カ国は、減産に消極的
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39383
<参考ニュース>
・NY金、一時6年ぶり1500ドル台 金「ひとり勝ち」の様(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL07HNR_X00C19A8000000/

・NY商品、原油が続落 米中摩擦による世界景気減速を警戒(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X00C19A8000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿