◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0795 2019/8/23)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

空前の〇〇ブーム…って表現、このコラムでも使い過ぎていて食傷気味ではあるのですが、敢えて使うと、今、‟長く続いている「城ブーム」が空前の盛り上がりを見せている”そうです。皆さんの周りでも、必ず一人や二人、城好きな人がいるのではないでしょうか。

城ブームのきっかけは、2006年に財団法人日本城郭協会が「日本100名城」を選定したこと。翌年に公式ガイドブックが発売され、スタンプラリーがスタートしたことで、城めぐりがブームになったんだとか。
そこに加えて“レキジョ”に代表される歴史ブームの到来や、外国人観光客の増加が、その人気を盛り上げているみたいです。城めぐりツアーで検索してみるとどこの旅行会もたくさんのツアーを企画していてびっくりです。
また「日本100名城」「続日本100名城」「日本百名城に行こう!」などなど、城に関するガイドブックが発行されるたび、何十万部の大ヒットなんですって!!
そういった書籍には必ずといっていいほど、付録としてスタンプ帳がついています。すると生真面目な日本人気質で、スタンプを集めなくてはと更に城めぐりに拍車がかかる…という図式になっているわけです。

最近ではスタンプだけでなく『御城印』が流行っているのだそうです。神社仏閣めぐりの御朱印帳のようなものです。『御城印』は、御朱印のようにその場で書いてもらうのではなく、あらかじめ書き置かれたものを購入するのが一般的なようです。城名の揮毫に城主の家紋や花押があしらわれているものが多く、そのデザインの違いも楽しめるほか、用紙も凝っているものが多く地元産の和紙や城主にちなんだ色の紙を使用していたりするそうです。『御城印』集めにはそんな楽しみもあるんですね。

実は先週、お城だけでなく、『御城印』をメインに解説した『はじめての御城印ガイド』https://hon.gakken.jp/book/1861150600 が発売になりました。御城印を発行している100城をエリア別に掲載し、合わせて100枚以上の御城印を一度に見ることができる、初のガイドブックですって。もちろん付録でオリジナルの集印帳がついていますよ!
さて、本日のTOCOMマーケット、過度な景気減速懸念が後退したことから、原油は反発しましたが、金は続落しました。ゴムは米中対立の長期化が改めて意識されたことから4日続落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター: 岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」
コメンテーター: 亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
「あまりに早い金の上昇と、1,500ドルという節目に達成したことで手仕舞い売りに押されたり、戻り売りに押されたりと、価格調整が入るものと警戒していたのですが、押し目待ちに押し目なし、1,500ドル大台から落ちてきません。
今週のジャクソンホールシンポジウムでのパウエルFRB議長の講演待ち、という側面もあろうかと思いますが、亀井さんは、2013年の急落時に起きた「大々的な手替わり」に
ヒントが隠されています。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190822180000

来週の放送予定
8月26日(月)
「金の上値はどこまで?」
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

8月27日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期
第3回「注文の種類」
小次郎講師

8月28日(水)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

8月29日(木)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)

8月30日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190819-2/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/08/21/

□■第4回 #TOCOMリアルトレードコンテスト 中間成績発表□■
4/1より開幕した第4回コンテスト。 7/31時点で、利益率1位の方は 376.17%と当初資金を4倍超に、利益額1位の方は3000万円に迫る勢いです! 参加申し込みは8月30日(金)まで。まもなく締め切りとなります。お申し込みはお早めに。
http://tocom-realtrade.com

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /8/23
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 反発
米国の金融政策の先行き不透明感から昨日のNY原油相場が下落。その流れを受けて、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は小安く寄り付きました。しかし、その後は円相場が軟化したことから下げ止まり、取引中のNY原油の上昇も手伝って大引けにかけ強含みで推移しました。中心となる先限(2020年1月限)は、160円高の37,070円。その他限月は、40円~170円高。

☆金、続落
独仏の8月の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が上昇したことで過度な景気減速懸念が後退し、昨日のNY金相場が下落。TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、円相場は下落しましたが取引中のNY金の軟調に相殺され、大引けにかけて水準を切り下げました。中心となる先限(2020年6月限)は、14円安の5,108円。その他限月は、17円~12円安。ゴールドスポットは12円安の5,123円。金現物取引、100gは20円安の5,180円。

☆白金、続伸 
ダウ工業株30種平均の上昇などを材料に工業用途が多く景気動向に左右されやすい白金相場が上昇。TOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後も、NY相場の堅調と円相場の軟化を眺めて強含みに推移しました。中心となる先限(2020年6月限)は36円高の2,953円。その他限月は、31円~39円高。プラチナスポットは37円高の2,939円。パラジウム、中心となる先限(2020年6月限)は、59円高の4,985円。

☆ゴム、RSS 4日続落
中国人民銀行が人民元の売買の基準値を2日続けて原元安方向に設定したことから、米中対立の長期化が改めて意識されゴム需要が伸び悩むとの見方が広まり、TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは安寄りし、その後も水準を切り下げました。中心となる先限、RSS(2020年1月限)は、2円40銭安の165円80銭。その他限月は9円00銭~2円30銭安。TSR(2020年2月限)は、変わらずの145円40銭。その他限月は4円40銭安~変わらず。

☆とうもろこし 3日続落
米中西部産地で例年よりも低温の状態が続くとの観測から、作柄の悪化が懸念され、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。しかし、取引中のシカゴ相場の軟化と週末を控えた持ち高調整でマイナス圏に沈み、小幅ながら3日続落しました。中心となる先限(2020年9月限)は40円安の22,500円。その他限月は、100円安~10円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット +1.28%
2位 白金 +1.23%
3位 パラジウム +1.20%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) -1.43%
2位 銀 -0.68%
3位 金 -0.27%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 25,285枚
2位 白金標準取引 8,258枚
3位 プラッツドバイ原油 6,155枚

全商品合計取引高(先物)55,554枚
〃 (オプション) 140枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 267.89(前日比:+0.62)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・中東の動乱による原油高は限定的か
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/39560

・米原油生産量、48州でついに日量1200万バレル超
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39573

・金相場、調整の行方は?
【著者】菊川弘之
https://column.cx.minkabu.jp/39565

<参考ニュース>
・人民元基準値、対ドルで7.0572元 連日で元安設定(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL23HIJ_T20C19A8000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿