◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0798 2019/8/28)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

先月のことです。ドレスコードが、「夏野菜」というパーティーに出席しなくてはならなくなりました。「夏野菜の服って…」出席者がみな頭を抱えたんです。街で夏野菜の柄の服を探してみても見つからない。ネット通販を調べてみても子供服と浴衣が1件ずつひっかかっただけ。柄は難易度が高いなと諦め、色で攻めることに。オレンジ色のハンカチを2枚買って結んでスカーフにしました。
ちなみにオレンジ色、なんの野菜か分かりますか?かぼちゃです。かぼちゃって夏野菜だったの?って思った方いらっしゃるでしょうね。だって、パーティー会場で、かぼちゃが夏野菜だって知っていた人、私の年齢以下では皆無でした!!
夏野菜の代表と言えば、胡瓜、トマト、茄子、ピーマン、オクラ、とうもろこし、枝豆、そしてかぼちゃ!
かぼちゃは夏に収穫しますが、そのまま追熟させて秋も冬も食べる旬が長い食べ物です。冬至にかぼちゃを食べるという風習や、近年ハロウィンが浸透したきたことで、余計に冬の野菜と誤解する人が増えたのでしょうね。
もっとも、私も、父の趣味が野菜作りだったので季節の野菜は自然に覚えましたけれど、畑のない街中で暮らしている人は、野菜はどの季節でもスーパーマーケットで手に入るから分からないんでしょうね。
実際に昨日、覚えたてのレシピで料理を作ってみたくって、売っていいないかも…とダメもとで買い物に行ったのですが、11月から3月が旬の春菊も、春と秋が旬のカブも、普通のスーパーマーケットで買えましたからね…。
ちなみに春菊は、秋ではなく春に花が咲くから春菊という名前なんです。花が咲くまでは柔らかく美味しく食べられるんですよ。
さて、本日のTOCOMマーケット、原油はOPECプラスの減産強化と、米原油在庫の減少を好感して大幅続伸です。今日、新甫発会の金は、NY市場で長期債や超長期債の利回りが低下し、金利の付かない金への投資妙味が高まったことから3日連続で上場来高値を更新しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
コメンテーター:藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期 第3回「注文の種類」
コメンテーター: 小次郎講師
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190827180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190826/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/08/21/

□■第4回 #TOCOMリアルトレードコンテスト 中間成績発表□■
4/1より開幕した第4回コンテスト。 7/31時点で、利益率1位の方は 376.17%と当初資金を4倍超に、利益額1位の方は3000万円に迫る勢いです! 参加申し込みは8月30日(金)まで。まもなく締め切りとなります。お申し込みはお早めに。
http://tocom-realtrade.com

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /8/28
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 終盤に急騰
OPECプラスの協調減産強化と、米国の原油在庫の減少を好感し昨日のNY原油相場が反発。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後は始値を挟んで小動きをしていましたが、NY相場の更なる上昇を眺め、水準を切り上げて取引を終えました。中心となる先限(2020年1月限)は、970円高の36,610円。その他限月は、170円~1,060円高。

☆金、3日上場来高値更新
NY市場で長期債や超長期債の利回りが低下し、金利の付かない金への投資妙味が高まったことから昨日のNY金相場が反発。その流れを受けてTOCOM金市場の日中取引は今日発会した先限が水準を切り上げて寄り付き、3日連続で上場来高値を更新しました。その後NY金の下落を眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年8月限)は、5,224円。その他限月は、29円~45円高。ゴールドスポットは37円高の5,240円。金現物取引、100gは50円高の5,300円。

☆白金、続伸
同じ貴金属である金や銀の上昇に連れて、昨日のNY白金相場が上昇。TOCOM白金市場の日中取引も堅調に始まり、その後もNYの上昇を眺めて強含みに推移しました。中心となる先限(2020年8月限)は2,964円。その他限月は、33円~41円高。プラチナスポットは35円高の2,957円。パラジウム、中心となる先限(2020年8月限)は、4,935円。

☆ゴム、RSS 反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、上海相場の上昇や競合する合成ゴムの原料となる原油の上昇を好感し、RSSは高寄りしました。その後、水準を切り上げる場面もありましたが、下落に転じマイナス圏に沈みました。TSRは動意を欠きました。中心となる先限、RSS(2020年2月限)は、1円60銭安の162円20銭。その他限月は3円00銭~20銭安。TSR(2020年2月限)は、変わらずの141円00銭。その他限月は変わらず~3円00銭高。

☆とうもろこし 小幅上伸
昨日のシカゴ相場は軟調でしたが、この所の安値の反動でTOCOMとうもろこし市場の日中取引は小幅ながら高寄りしました。その後、円相場の軟化を眺めて水準を切り上げましたが、終盤に円の引き締まりと共に上げ幅を削りました。中心となる先限(2020年9月限)は60円高の22,290円。その他限月は、60円安~110円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +2.72%
2位 バージガソリン +2.52%
3位 バージ灯油 +1.90%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) -0.98%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 58,424枚
2位 ゴールドスポット 10,582枚
3位 白金標準取引 9,983 枚

全商品合計取引高(先物)98,925枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 268.69 (前日比:+4.50)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・逆張りの季節
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/39621

・ハリケーン襲来が心理的な原油価格の上昇要因になる理由
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39615

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反発 協調減産の高い順守率を好感 金は反発(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y9A820C1000000/

・河野氏「緊張緩和へ外交努力続ける」イラン外相と会談(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49062510X20C19A8MM8000/?n_cid=SPTMG053

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿