◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0803 2019/9/4)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

芸術の秋です。国立西洋美術で開催中の『松方コレクション展』、上野の森美術館の『画業50年“突破”記念 永井GO展 』、東京ステーションギャラリーの『没後90年記念 岸田劉生展』パナソニック汐留美術館の『マイセン動物園展』。TeNQ テンキュー宇宙ミュージアムの『「はらぺこあおむし」誕生50周年記念 エリック・カールと宙(そら) 展』、東京富士美術館の『日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 ~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女~』などなど、都内で開催中のものだけでも目白押しです。https://www.museum.or.jp/schedule2019/
でも、これからの美術展は観に行くだけでなく、自分で開催するものになって行くのかもしれません!?
品川に今月下旬にオープンする「TRiCERA(トライセラ)MUSEAM」は、自分の所蔵する絵画を使ったり、あるいは自分で作品を持っていなくても「TRiCERA MUSEAM」の所蔵作品約400点の中から気に入ったものを選んで、展覧会やイベントを開いたりすることが出来る美術館なんです。しかも1時間3,000円で!!
https://www.en-jine.com/projects/tricera 
この変わった美術館が生まれた背景には、今、日本のアーティストが、「作品の保管場所がない」「アートだけで生計が立てられない」「作品の作業場所がない」といった問題を抱えていることがあります。そこで、アーティストから大手の6分の1の保管料で作品を預かり、一般のユーザーが美術展を開いたりすることで多くの人の目に作品が触れる機会を生み出して、販売に繋げる…といった形でアーティストを支援するというシステムです。
オープンに向けて、今、日本経済新聞社が運営する購入型クラウドファンディングサイト「未来ショッピング」で資金を集めています。
https://shopping.nikkei.co.jp/projects/tricera/rewards/4053
セミナー、展示会、パーティーなど自由に使える「ミュージアム1時間貸切り」が3千円。「ビジネスに役立つ、教養・自己投資としてのアートセミナー参加」が3千円。「希望するアーティストと交流しながら作品を制作するワークショップ」が1万円。また、所蔵作品も3万円~20万円で販売しています。私も「支援者のお名前をミュージアム内に記載」3千円を購入しました。少しでも日本のアーティストの活動支援の役に立てたら嬉しいです。
さて、本日のTOCOMマーケット、銀が上昇しています。また白金も大きく続伸し、一時約1年5か月ぶりの高値を付けました。(郁)
【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
コメンテーター:大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期
第4回「逆指値注文を制する」
コメンテーター:小次郎講師
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190903180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190902-2/

森田隆大氏 特別企画
1部:『金需要は堅調~2019年第2四半期 金需給分析レポート解説』
2部:『プラチナを考える&機関投資家の金投資』
https://tocomsquaretv.com/20190830wgc/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/08/28/

□■第4回 #TOCOMリアルトレードコンテスト 中間成績発表□■
4/1より開幕した第4回コンテスト。 8/16時点で、利益率1位の方は 703.93%と当初資金を8倍超に、利益額1位の方は3000万円に迫る勢いです!
※参加申し込みは締め切りました。
http://tocom-realtrade.com

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /9/4
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 反落
米中貿易摩擦の長期化や米景気減速懸念で昨日のNY原油相場が続落。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後、NY原油の戻りと円相場の引き緩みを眺めて下げ幅を縮めました。中心となる先限(2020年2月限)は、150円安の35,520円。その他限月は、330円~200円安。

☆金、続伸
米中貿易摩擦や米景気減速の懸念に加え、英の政局混乱などを背景に昨日のNY金相場が反発。その流れを受けてTOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、NY金の下落を眺めて水準を切り下げました。中心となる先限(2020年8月限)は、43円高の5,241円。その他限月は、43円~48円高。ゴールドスポットは50円高の5,263円。金現物取引、100gは50円高の5,310円。

☆白金、大幅反発
NY白金相場の堅調を受けてTOCOM白金市場の日中取引も大幅高で寄り付きました。その後伸び悩む場面もありましたが、大引けにかけてNY白金の上伸や円相場の緩みを背景に水準を切り上げました。一時、3,304円と、約1年5か月ぶりの高値をつけています。中心となる先限(2020年8月限)は101円高の3,290円。その他限月は、98円~106円高。プラチナスポットは108円高の3,290円。パラジウムは反発。中心となる先限(2020年8月限)は、30円高の5,136円。

☆ゴム、RSS 反発
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは上海ゴム相場の堅調を映して高寄りし、その後も上海相場の上昇を眺めて水準を切り上げました。TSRは動意を欠きました。中心となる先限、RSS(2020年2月限)は、4円30銭高の166円40銭。その他限月は3円30銭~4円20銭高。TSR(2020年3月限)は、変わらずの141円00銭。その他限月も変わらず。

☆とうもろこし 6日ぶり反落
天候予測で収穫見通しが改善しシカゴとうもろこし相場が下落した上、円相場が上昇したことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後、円相場がやや軟化したことで下げ止まりましたが、大引けにかけて軟調に推移しました。中心となる先限(2020年9月限)は140円安の22,790円。その他限月は、340円~150円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +4.75%
2位 プラチナスポット +3.39%
3位 白金 +3.17%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 中京灯油 -1.79%
2位 中京ガソリン -1.00%
3位 小豆 -0.83%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 61,033枚
2位 白金標準取引 33,597枚
3位 ゴールドスポット 9,331枚

全商品合計取引高(先物)129,894枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 268.47(前日比:+0.72)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・減産順守率上昇は、数字のトリックだった!?その3
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39695

<参考ニュース>
・米製造業が3年ぶり「不況」 大幅利下げ観測浮上 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49388210U9A900C1I00000/

・英離脱、強まる「反ジョンソン派」の攻勢 (日本経済新聞)
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO49387900U9A900C1I00000

・NY商品、原油が続落 米製造業の景況感悪化が重荷(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U9A900C1000000/
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿