◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0804 2019/9/5)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

「ヤン坊マー坊」がリニューアルするというニュースが飛び込んできました!
飛び込んできたって大げさな…って思われるかもしれませんが、実は私の小学生時代のあだ名は「ヤンマー」でした。名字が山本だからって安易なあだ名。農村の小学生らしい発想ですよね。まぁそんなわけで私にとっては無関心でいられないニュースなんです。
「ヤン坊マー坊」は、ご存知、農機具や小型船舶などを扱う、大手メーカー「ヤンマー」のマスコットキャラクターです。ヤンマーがスポンサーだった「ヤン坊マー坊天気予報」を思い出す方も多いと思います。夕方6時台のローカルニュースの終わりの方で流れてきましたっけ。1959年から2014年の3月まで半世紀ちょっと放送されていたんですね。
番組は終わってもキャラクターはずっと活動を続けていて、今年誕生60周年を記念して10年ぶりのリニューアル、今回でなんと8代目なんですって!あのユニクロのロゴやセブンイレブンのブランディングを手掛けたクリエィティブディレクターの佐藤可士和氏が監修し、CGで躍動感あるキャラクターに生まれ変わりました。
キャラクターが時代ごとにリニューアルチェンジを重ねてきたということを知りませんでした!!私が「ヤン坊マー坊」だと思っていたのは4代目だったんです。皆さんの「ヤン坊マー坊」は何代目でしょうか?
今は2頭身の頭の大きなふたごの男の子ですが、初代は4頭身で今よりももっとスマートだったんですね。
https://www.yanmar.com/jp/about/yanboh_marboh/
リンクのヤンマーのHPを見てみたら、お兄さんの「ヤン坊」は慎重派、弟の「マー坊」は好奇心旺盛であわてんぼうというキャラクター設定になっているんですって。
また「ヤンマー」の名前の由来は、農業を象徴するトンボの王様オニヤンマと創業者の山岡のヤマからとったんですって。山本さんではなく山岡さんでした。ちょっぴり残念(笑)
さて、本日のTOCOMマーケット原油も、金も上昇しています。原油は米中貿易交渉への期待や中国の景気不安の後退で大幅反発。金は米国の追加利下げ観測で続伸。上場来高値も更新しました。白金は2日連続急騰しています。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
コメンテーター:大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
「AIトレーディングといっても二つのアプローチがります。
1.取引の機械化、自動化(アルゴリズム)2.相場の先読みをAIが行う
自動化という意味では、人間が裁量で取引するシェアは10~20%にまで低下、あらゆるアセットクラスでのAI化が進みましたが、2の相場の先読みに関しても目覚ましい進化がみられます。
過去の価格推移と膨大な変動要因となった材料、いわゆるビッグデーターをAIに解析させて先行きを予測するケースだけではないようです。従来の材料ではない新たな材料がAI予測に組み込まれるようになってきているのです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190904180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190902-2/

森田隆大氏 特別企画
1部:『金需要は堅調~2019年第2四半期 金需給分析レポート解説』
2部:『プラチナを考える&機関投資家の金投資』
https://tocomsquaretv.com/20190830wgc/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/09/05/

□■第4回 #TOCOMリアルトレードコンテスト 中間成績発表□■
4/1より開幕した第4回コンテスト。 8/16時点で、利益率1位の方は 703.93%と当初資金を8倍超に、利益額1位の方は3000万円に迫る勢いです!
※参加申し込みは締め切りました。
http://tocom-realtrade.com

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /9/5
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 大幅反発
中国の8月のPMIが3カ月ぶりの高水準となり景気への過度な懸念が和らいだことで、昨日のNY原油相場が大幅に反発。その流れを引継いでTOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後は、円相場の軟化、株価の上昇、加えて10月に米中貿易協議が開催されるとの報道を受けて堅調に推移しました。中心となる先限(2020年2月限)は、1,270円高の36,790円。その他限月は、1,140円~1,380円高。

☆金、3日続伸
米追加利下げ観測や、ドルが円やユーロに対して下落したことで、昨日のNY金相場が続伸。その流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。ただしその後は、NY金相場の下落を眺めて、もみ合いながら水準を切り下げました。尚、夜間取引で一時5,304円まで上昇し、上場来高値を更新しています。中心となる先限(2020年8月限)は、36円高の5,277円。その他限月は、31円~46円高。ゴールドスポットは28円高の5,291円。金現物取引、100gは40円高の5,350円。

☆白金、連日急伸
NY白金相場高や円の緩みを眺めてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。午前中は円安に振れて、一時、3,410円と昨年2月末以来約1年6か月ぶりの高値をつける場面もありましたが、その後は、円の引き締まりなどを受けて伸び悩みました。中心となる先限(2020年8月限)は63円高の3,353円。その他限月は、56円~62円高。プラチナスポットは54円高の3,344円。パラジウムは続伸。中心となる先限(2020年8月限)は、44円高の5,180円。

☆ゴム、RSS 反落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは小安く寄り付いた後、上海相場の上昇や円安を受けてプラス圏に浮上しましたが、その後為替が円高に振れたのを眺めて再びマイナス圏に沈みました。TSRは先限のみ小確り。中心となる先限、RSS(2020年2月限)は、70銭安の165円70銭。その他限月は40銭安~50銭高。TSR(2020年3月限)は、20銭高の141円20銭。その他限月は変わらず。

☆とうもろこし 続落
シカゴとうもろこし相場が収穫見通しの改善を背景に下落したため、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後は決め手材料を欠き、マイナス圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年9月限)は110円安の22,680円。その他限月は、230円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +3.58%
2位 バージガソリン +2.49%
3位 バージ灯油 +2.30%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.48%
2位 ゴム(RSS) -0.42%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 57,731枚
2位 白金標準取引 37,009枚
3位 ゴールドスポット 14,769枚

全商品合計取引高(先物)137,265枚
〃 (オプション) 180枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 273.94(前日比:+5.47)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・減産順守率上昇は、数字のトリックだった!?その4
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39712

・金銀白金パラジウムの価格動向
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/39706

・政治と相場
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/39702

<参考ニュース>
・米中貿易協議を10月に先送り 閣僚級、電話協議で一致 (日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49434910V00C19A9MM0000/

・ドルと円が下落、世界的な緊張緩和で ポンド上昇=NY市場 (REUTERS)
https://jp.reuters.com/article/ny-forex-idJPKCN1VP2XY

・NY商品、原油が大幅反発 中国の経済指標改善で 金は6年ぶり高値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V00C19A9000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿