◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0813 2019/9/19)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

ラグビーワールドカップ2019、いよいよ明日、調布市の東京スタジアムで開幕します。全国12会場48試合が行われ、最終日の11月2日、横浜スタジアムで優勝が決まります。
ワールドカップムードもかなり盛り上がってきていますね!
私のように、ドラマの影響でにわかラグビーファンになっている(まあ、おそらく今だけ…)人も多いのではないかと思いますが、一方で、全く興味がないという人も…。
せっかくの国をあげてのお祭りなんですから楽しんだ方が得ですよ!
例えば普段は手に入らない、ワールドカップ公式ライセンス商品。
ラグビーファンは、ラグビーブランド「カンタベリー」が、今大会のためにオフィシャルマーク入りの各国チームのジャージ、Tシャツ、キャップなどに注目していると思います。https://www.goldwin.co.jp/canterbury2019/
その他にも、けっこう面白いモノがあるんですよ。
私のお気に入りは、「地図のZENRIN」が作った、全国12の試合会場周辺の地図をデザインしたクリアファイルやバンダナ。これがなかなかお洒落なんですよ! https://store.zenrin.co.jp/ext/rwc.html  
そしてシウマイの崎陽軒からは「横濱サブレ ~金ごま~」普段販売している崎陽軒の醤油入れのキャラクター「横濱ひょうちゃんサブレ~金ごま~」のその瓢箪型のサブレに、ワールドカップの公式マスコットの「レンジ―」がプリントされているツワモノです。
そして私の一押し。公式グッズではないのですがTOCOMすぐ近くのハンカチーフ専門店「CLASSICS the Small Luxury」で、ラグビーデザインのハンカチーフを販売しているんです。https://news.nicovideo.jp/watch/nw5933735
凄くセンスが良くて、ラグビーファンでなくても欲しくなっちゃうこと間違いナシ。今、ちょっと旬のギフトを探している方には、このラグビーハンカチーフ、自信を持っておススメします!
東京スカイツリーは今日9月19日(木)、9月20日(金)、9月28日(土)、10月5日(土)、10月13日(日)の5日間、日本代表カラーの赤と白にライトアップされます。お帰りの際、スカイツリーを探してみてくださいね!
さて、本日のTOCOMマーケット、中東リスクへの過度な懸念が後退し原油が続落。またFOMCは2度目の利下げが決まりましたが、更なる利下げが示唆されなかったことで金は反落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「金と原油の展望」
コメンテーター:エミン ユルマズさん(エコノミスト・為替ストラテジスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「電力先物取引スタート~石油施設攻撃で原油乱高下」
コメンテーター:小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)
「発電能力を持たない新電力は、あらかじめ安価な先物を買っておくことで、天候要因などで高値でスポット市場から電力を調達しなければならなくなっても、先物で利益を出すことが出来ます。
大手電力会社にもメリットがあります。太陽光発電の普及で、スポット市場での電力売却時に値下がりするリスクを先物を売っておくことで不需要期の販売価格を固定することが可能となります。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190918180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190917-2/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/09/18/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
市況情報     2019 /9/19
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 続落
トランプ米大統領がイランへの制裁を軍事ではなく経済で対応する姿勢を示したことにより、中東情勢の悪化で原油供給が細るとの警戒感が後退し、昨日のNY原油相場が続落。TOCOMドバイ原油市場の日中取引も、続落して始まりました。その後は、NY原油が水準を切り上げる一方で為替相場は円高に振れ、強弱材料の交錯でもみ合いましたが、始値水準に値を戻して取引を終えました。中心となる先限(2020年2月限)は、260円安の38,850円。その他限月は、400円~100円安。

☆金、反落
FOMCで19~20年のさらなる利下げが示唆されなかったことを背景に、NY金相場が時間外取引で急落。中東情勢への警戒感の後退も安全資産の金には下落圧力となり、心理的節目である1,500ドルを下回りました。その地合いを引き継いでTOCOM金市場の日中取引は安寄りし、その後も円高進行を眺めて水準を切り下げましたが、終盤にNY相場の戻りにサポートされて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年8月限)は、29円安の5,182円。その他限月は、38円~29円安。ゴールドスポットは29円安の5,195円。

☆白金 反落
白金と同じ工業需要の多いパラジウムが、主要産地南アフリカでのストライキ懸念の後退で下落したことから、昨日のNY白金相場も反落。その地合いを受けてTOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。寄り付き後はNY白金の戻りと円相場の引き締まりという強弱材料が交錯し、始値を挟んでマイナス圏でもみ合いました。中心となる先限(2020年8月限)は39円安の3,234円。その他限月は、50円~37円安。プラチナスポットは50円安の3,213円。パラジウムは続落。中心となる先限(2020年8月限)は、27円安の5,283円。

☆ゴム、小幅続落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは朝方の円安を受けて小反発し、堅調に始まりました。しかし、その後円が引き締まると下落に転じ、マイナス圏で軟調に推移しました。TSRは動意を欠きました。中心となる先限、RSS(2020年2月限)は、50銭安の169円80銭。その他限月は2円20銭安~変わらず。TSR(2020年3月限)は、変わらずの153円90銭。その他限月も変わらず。

☆とうもろこし 反発
昨日の下落の反動でTOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしましたが、エタノール需要の減少懸念や円相場の引き締まりが重石となって、上げ幅を縮小して取引を終えました。中心となる先限(2020年9月限)は120円高の23,500円。その他限月は、40円安~110円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 東エリア・日中ロード電 +2.02%
2位 とうもろこし +0.51%
3位 バージ灯油 +0.14%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 西エリア・日中ロード電 -2.32%
2位 プラチナスポット -1.53%
3位 白金 -1.19%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 41,187枚
2位 白金標準取引 12,600枚
3位 プラッツドバイ原油 10,230枚

全商品合計取引高(先物)82,640枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 0枚

日経・東商取商品指数 279.71(前日比:-1.34)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・サウジ生産回復でも不透明感。石油在庫は1年8カ月程度あり
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39861

<参考ニュース>
・日銀、金融緩和策の現状維持決定 物価停滞を警戒(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49963550Z10C19A9MM0000/

・NY商品、原油が続落 中東リスクへの過度な懸念が後退(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z10C19A9000000/

・トランプ氏、パウエルFRB議長は「根性なし!」(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49961800Z10C19A9000000/

・FRBが0.25%追加利下げ 緩和継続は判断割れる(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49961700Z10C19A9000000/?n_cid=SPTMG002

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿