◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0819 2019/9/30)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

個人向け無線呼び出しサービス…「ポケベル」が、今日サービスを終了し、その約50年の歴史に幕を下ろします。昨日は秋葉原で「みんなのポケベル葬」というポケットベルの生前葬が行われ、訪れた約300人が白いカーネーションを手向けたそうです。
祭壇に備えられた遺影(?)のポケベル型のパネルには「1141064」と表示されたそうです。読めますか?私、真剣に考え推理してみたのですが分かりませんでした。
「あいしてるよ」って意味になるのだそうですね。五十音数字暗号や、数字の日本語読みや、英語読み、こじつけ…色んなものを総動員して解読しなくちゃならないのに、よく浸透したものだと感心します。
候補にはこの他に「49106(至急テル=電話をして)」や「0840(オハヨー)」なども挙がったのだとか。

携帯電話が一般に普及する前、1990年代前半に大流行したポケベルですが、実はその歴史は約半世紀と思いの他古く、使っていた人の年代によってイメージも違うのでしょうね。
ポケベルの話題を出すと、相手の年齢が推測できるようです。「中高生の頃に使っていた」のは30代、「ビジネスツールとして使っていた」のは40代、「会社から持たされていた」というのは50代ですって。
30代の人にとっては「1141064」とか「0840」といったメッセージを伝える恋愛ツールとして甘酸っぱい思い出が残っているでしょうが、その前の世代にとっては、喫茶店でこっそりサボっているときや、退勤後に楽しく飲んでいても突然呼び出されたりする悪魔のツールでした。あのけたたましい呼び出し音は、今でも耳に残っています。

昨年末にサービスを終了するとの発表があったときに、その時点での契約者がまだ1,500人ほど残っていることを知り、携帯電話の普及し切ったこの時代に、何のために契約しているのだろうと不思議に思っていたのですが、ほとんどが医療関係などの法人契約だったそうです。ポケベルは音声ではなく文字情報なので、建物の中や地下でも電波を受信しやすいという利点があるのだとか。「ポケベル」としてのサービスは終了しますが、ポケベル電波は、防災無線システムとして今後も活用されていくそうです。

さて、本日のTOCOMマーケット、決め手材料を欠いて、全体に値動きは小幅でしたが、取引中の海外相場の軟化と円の引き締まりで原油、金ともに下落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「サウジ攻撃後の金、原油相場」
コメンテーター:志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
キャスター:山本 郁

前回の放送から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
「今週のドル/円は、ウクライナ疑惑に関して、ペロシ下院議長がトランプ大統領を弾劾という報道で106.95までドル売りが進みました。
その後は日米貿易協議の署名、米中貿易協議は10月10~11日に開催と発表され、マーケットは安定、ドル高に傾いてもよさそうな材料が並びますが、ドル/円は1円レンジと動きがなくなっています。その理由が、ユーロです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190927180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190917-2/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/09/26/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /9/30
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 反落
TOCOMドバイ原油市場の日中取引は、取引開始時に為替相場が円安に振れていたことから、小高く寄り付きましたが、その後は、NY原油相場の軟化を眺めてマイナス圏に沈み、軟調に推移しました。中心となる先限(2020年2月限)は、100円安の37,510円。その他限月は、220円~変わらず。

☆金、3日続落
米追加利下げへの慎重論などを背景にNY金相場が下落した流れを引き継ぎ、TOCOM金市場の日中取引は、安寄りで始まりました。その後も、NY相場の軟調を受けて下げ幅を拡大し、この日の安値で取引を終えたました。中心となる先限(2020年8月限)は、40円安の5,160円。その他限月は、46円~38円安。ゴールドスポットは47円安の5,171円。金現物取引、100gは30円安の5,240円、1kgは5,220円。

☆白金、反落
NY白金相場の下落を円安がサポートして、TOCOM白金市場の日中取引は高寄りしました。その後は、強弱材料の綱引きでもみ合を続け、終盤にNY相場の軟化を眺めてマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年8月限)は7円安の3,220円。その他限月は、11円安~7円高。プラチナスポットは5円高の3,224円。パラジウムは続伸。中心となる先限(2020年8月限)は、64円高の5,478円。

☆ゴム、4日続落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは安寄りし、その後は決め手材料難の中、狭いレンジで推移しました。TSRは動意を欠きました。中心となる先限、RSS(2020年3月限)は、1円00銭安の160円50銭。その他限月は、1円90銭~1円10銭安。TSR(2020年3月限)は、変わらずの148円90銭。その他限月も、変わらず。

☆とうもろこし 3日ぶり反発
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は、米農務省の四半期在庫報告を控えてのポジション調整で高寄りしました。その後も堅調に推移し、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年9月限)は140円高の23,600円。その他限月は、30円安~560円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +1.18%
2位 とうもろこし +0.60%
3位 プラチナスポット +0.03%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -1.79%
2位 ゴールドスポット -0.90%
3位 金 -077%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 43,438枚
2位 ゴム(RSS) 7,797枚
3位 白金標準取引 7,726枚

全商品合計取引高(先物)80,494枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 275.30(前日比:-1.02)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦良平
https://column.cx.minkabu.jp/39964

・内外ともに需給は悪化する
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/39946

・DUCの取り崩しがシェール生産増加の背景
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39956
<参考ニュース>
・NY商品 原油4日続落 米が対中投資制限を検討との報道で 金は反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y9A920C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿