◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0820 2019/10/1)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
th-300x300
消費税率10パーセントアップと同時に今日から始まった「キャッシュレス決済のポイント還元制度」来年6月まで9か月間実施されます。https://cashless.go.jp/consumer/
ポイントが還元されるのは事前に経済産業省に申請した中小店舗のみ。中小店舗は5パーセント。コンビニなどのフランチャイズ店やガソリンスタンドは2%ですが還元されます。
どの店が5%還元で、どの店が2%か。そもそもこのお店は還元してもらえるお店なのかどうか…。私も、早速公式アプリを入れて、TOCOMや自宅近辺のお店をチェックしてみました。https://map.cashless.go.jp/search
すると、なんと行きつけの飲食店やケーキ屋さんなど、私にとって必要不可欠なお店は、殆どこの事業に参加していませんでした…。「キャッシュレス決済のポイント還元制度」、私にとってはあくまでも参考までの利用になりそうです。
そんな中、こんな独自の還元キャンペーン(?)を発見!安さで知られるラーメンチェーン店の日高屋が、お店の看板商品の餃子を今日から10月31日まで特別価格で提供するというもの。http://hidakaya.hiday.co.jp/menu_pickup/
日高屋の餃子、実は私も大好き!ラーメンを食べずに餃子とビールだけで利用する機会も多く、持ち帰りの冷凍餃子、30個入り580円(税込)も愛用しています。
そんな日高屋の餃子が、今日からリニューアルしたんです。今までよりも皮を薄くパリパリに、そして豚肉を増量し旨みをアップしたんですって!それなのに価格は据え置き6個で230円(税込)。
そのリニューアル餃子をこの1か月間、なんと170円(税込)で食べられるんです!!
これは通うしかないでしょう!!
日高屋は残念ながら、キャッシュレス決済は導入していません。現金のみ。なのでポイント還元はありません。
「キャッシュレス決済のポイント還元制度」を利用して、今まで入ったことが無かったお店と巡りあうチャンスでもありますが、結局、好きな味というのは税率10%になっても諦められそうもありません。
さて、本日のTOCOMマーケット、とうもろこしは米農務省発表の四半期在庫報告が市場予想を下回ったことを好感して続伸しましたが、その他は海外安を円安でサポートしきれずおおむね下落しました。白金は急落です。(郁)
【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期
第8回「金融政策と金利」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ
アシスタント:野中ななみ
前回の放送から
「サウジ攻撃後の金、原油相場」
コメンテーター:志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20190930180000
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
【商品先物】コモディティは修正安に入る!
【金】金相場は短期的に上値の修正安に
【原油】原油市場は基本的に需給が緩和
コメンテーター:小針秀夫(トーキョートレーダーズタイムズ代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20190930/
□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/09/26/
□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /10/1
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 下げ基調を継続
9月の中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が、好不況の境目である50を5カ月連続で下回ったことで、中国景気減速に伴う需給悪化の観測が広まり、昨日のNY原油相場が続落。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場は夜間取引で大きく水準を切り下げました。日中取引は軟調に始まりましたが、その後はNY相場の戻りと円相場の軟化を眺めてやや下げ幅を縮めました。中心となる先限(2020年3月限)は、36,550円。その他限月は、810円~680円安。
☆金、大幅続落
ユーロや円に対するドル高で、昨日のNY金相場が下落。その流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後、円相場は軟化しましたがNY金相場の下落の方が材料として勝り、更に下げ幅を拡大。この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2020年8月限)は、87円安の5,073円。その他限月は、89円~81円安。ゴールドスポットは90円安の5,081円。金現物取引、100gは70円安の5,170円。
☆白金、急落
昨日のNY白金相場が急落した流れを引き継いでTOCOM白金市場の日中取引も大きく水準を切り下げて始まりました。その後も、NY相場の下落を眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年8月限)は155円安の3,065円。その他限月は、165円~147円安。プラチナスポットは154円安の3,070円。パラジウムは反落。中心となる先限(2020年8月限)は、31円安の5,447円。
☆ゴム、5日続落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは最近の下落の反動と円安を受けて反発して寄り付きましたが、その後マイナス圏に沈み、大引けにかけて下げ幅を拡大しました。TSRは動意を欠きました。中心となる先限、RSS(2020年3月限)は、1円80銭安の158円70銭。その他限月は、3円80銭~1円60銭安。TSR(2020年4月限)は、変わらずの148円90銭。その他限月も、変わらず。
☆とうもろこし 続伸
米農務省発表の四半期在庫報告が市場予想を下回ったことで、シカゴ相場が上昇。その流れを受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引は続伸して始まりました。その後も取引中のシカゴ相場の堅調に加え、円相場の軟化にもサポートされて高値圏で推移しました。中心となる先限(2020年9月限)は390円高の23,990円。その他限月は、310円~580円高。
◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし +1.65%
値下がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 -4.81%
2位 プラチナスポット -4.78%
3位 銀 -2.65%
  ※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く
取引高ランキング
1位 金標準取引 53,070枚
2位 白金標準取引 29,338枚
3位 ゴールドスポット 10,612枚
全商品合計取引高(先物)119,886枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚
日経・東商取商品指数 270.16(前日比:-5.14)
◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html
<参考コラム>
みんコモ
・NY金、三尊天井完成
【著者】菊川弘之
・サウジドローン事件は自作自演でないと言い切れるのか?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/39970
<参考ニュース>
・NY商品、原油が5日続落 中国景気減速で需給悪化の観測 金は続落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R01C19A0000000/
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
関連投稿