◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0822 2019/10/3)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

「キャッシュレスポイント還元事業」が始まって3日目。皆さんは無事、キャッシュレス生活スタート出来ましたか?
私は、今日、ようやく「Suica」でキャッシュレスポイントを貯められるように設定することに成功しました!
実は「Suicaカード」を持っているだけで、電車を利用するごとにキャッシュレスポイントを貰えるんだと勘違いしていたんですが、それだけじゃダメなんですよね。JRE POINTサイトに、自分の持っている「Suica」を登録する必要があるんです。
しかも「モバイルSuica」を登録しなくては勿体ない!普通の「Suicaカード」よりもポイント還元率が4倍も大きいんですよね!(モバイルSuicaは50円ごとに1ポイント、Suicaカードは200円ごとに1ポイント)
ああ、ややこしい…。私は、こういう類の処理に詳しい同僚につきっきりで教えてもらったので、なんとか登録できましたが、苦労している方も多いと思います。
詳しい人は「あなたのモバイル環境整えます!キャッシュレス決済マンツーマン指導」なんて、有料の相談窓口を開いたら、すごく儲かるんじゃないでしょうか。
私の場合、今のところ「キャッシュレスポイント還元」を受けられるのは「Suica」だけ。もともと持っていた「PayPay」は、アプリをダウンロードしてから一度も使っていなかったので“私の現在の環境ではチャージが出来ない”ことが、今になって発覚しました。
私の持っているクレジットカードで本人認証サービス(3Dセキュア)に対応しているものが一つもなかったんです。去年のPayPay不正利用事件の後、かなり話題になっていたのに。他人事としか捉えておらず全く頭に入っていなかったんですね。
急いでカード会社のHPから3D認証に切り替えようと思ったのですが、ログインIDが分からないのです!!とほほ。どうやら登録をし直さないといけないようです。
ならば銀行口座からチャージすればいいのでしょうが、私が口座を持っている銀行が、どのスマホ決済にも連携することが出来ないことも発覚!!何故なのでしょうか。メガバンクなのに?これを機会に銀行も変えなくてはならないかと検討中です。
「キャッシュレスポイント還元事業」あれだけ騒いでいたのに、今になって大慌て。新学期が始まってから夏休みの宿題をやっていた私らしい…と言われればそれまでですが。三つ子の魂百までって本当ですね。
さて本日のTOCOMマーケット、原油が大幅に下落しました。米景気減速への懸念に加え在庫増が嫌気され、4日続落です。一方で金は続伸。。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~2019年末にかけてのコモディティ展望」
コメンテーター:新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」
コメンテーター:石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス シニアアナリスト)
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191002180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190930/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/10/03/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /10/3
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 大幅続落
米景気減速への懸念に加え原油の在庫増を嫌気して、昨日のNY原油相場は大幅続落。一時52.17ドルと2か月ぶりの安値をつけました。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は急落して寄り付きました。その後、NY相場の戻りを眺めて下げ幅を縮める場面もありましたが、終盤に再び安値圏に沈みました。中心となる先限(2020年3月限)は、1,290円安の35,230円。その他限月は、1,360円~1,250円安。

☆金、続伸
低調な米経済指標や日米の株安を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産とされる金に資金が流入。昨日のNY金相場の上昇を受けてTOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後は決め手材料難から狭い範囲でのもみ合いを続けましたが、終盤にNY金の上伸を受けて水準を切り上げ、この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年8月限)は、59円高の5,163円。その他限月は、42円~62円高。ゴールドスポットは37円高の5,156円。金現物取引 100gは5,220円。

☆白金、4日ぶり反発
NY白金相場の反発を受けて、TOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後しばらく下落を続けましたが、終盤にNYの上昇を眺めて始値近辺に戻しました。中心となる先限(2020年8月限)は36円高の3,070円。その他限月は、21円~40円高。プラチナスポットは16円高の3,045円。パラジウムも反発。中心となる先限(2020年8月限)は、41円高の5,434円。

☆ゴム、7日続落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは円高を受けて安寄りしました。その後水準を切り下げ、一時154円30銭と年初来安値を更新しましたが、その反動で大引けにかけては緩やかに上昇を続けました。TSRは動意を欠きました。中心となる先限、RSS(2020年3月限)は、50銭安の155円60銭。その他限月は、3円50銭~1円00銭安。TSR(2020年4月限)は、変わらずの148円90銭。その他限月も変わらず。

☆とうもろこし 4日ぶり反落
昨日のシカゴとうもろこし相場が収穫見通しの改善で下落した他、為替が円高に振れたことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後は材料を欠き、マイナス圏でのもみ合いで取引を終えました。中心となる先限(2020年9月限)は160円安の23,960円。その他限月は、170円安~140円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +1.83%
2位 白金 +1.19%
3位 金 +1.16%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -3.53%
2位 バージ灯油 -2.90%
3位 バージガソリン -2.42%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 30,236枚
2位 プラッツドバイ原油 11,345枚
3位 白金標準取引 9,324枚

全商品合計取引高(先物)71,500枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 267.35(前日比:-3.43)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・エクアドル、なぜ、OPEC脱退!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40001

・9月末の政府保有金の動き
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/39997

<参考ニュース>
・NY商品、原油7日続落 一時2カ月ぶり安値 在庫増と景気懸念で(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T01C19A0000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿