◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0823 2019/10/4)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

今回、キャッシュレスポイント還元を受けるためにスマートフォンで色々と登録作業をしていたら、またまたアプリが増えてしまいました。数えてみたら日本のスマホユーザーの平均値の2倍以上、何と168のアプリが入っていました。見つからなくなっていたアプリが全然関係ないフォルダーに入っていたのも発見。この機会にアプリの整理をしなくてはなりませんね。
でも、便利なアプリを見つけるとついついと。
今日も新たにインストールしてしまったのが「TABETE(タベテ)」アプリ。
Android  https://tabete.page.link/android-prtimes
iOS  https://itunes.apple.com/jp/app/tabete/id1392919676?mt=8
今、問題になっている「食品ロス」を削減するためのアプリです。https://tabete.me/about
「TABETE」では、登録されている飲食店(東京都では現在約350店)で、廃棄の危機にさらされている食品の情報を調べ、ネット上で予約して、お店で代金を支払ってピックアップするというもの。
例えば17時半現在、神田の「KARAKURI-Craft Beer& Oden & Sake-」で、大根の皮で作ったキンピラ(250円)が、1パック残っているそうです。また「めり乃銀座店」ではラム肉のタコライス(680円)が1パック、虎ノ門の「華華」では手作りハンバーグ弁当1つが、900円を500円に値下げ…などなど、レスキューを待っている食品情報が目白押しです。
ジャンルも様々。パスタもあるし、カレー、タイ料理、パンや洋菓子の詰め合わせもあるし、半額になっているものも珍しくありません。毎日仕事終わりに覗いてみれば、心惹かれるものを格安でゲットできそうです。
お店の側も廃棄せずに済むし、消費者側も安く手に入るし、環境にも優しいし。
まだ安全に食べられるのに廃棄される「食品ロス」の総量は、年間約621万トンだそうです。これから更に「TABETE(タベテ)」に登録するお店も増えると考えられますし、皆さんも是非利用して、「食品ロス」を削減しましょう!
さて、本日のTOCOMマーケット、米国の経済指標の悪化の影響で原油は安寄りしましたが、NYの戻りを眺めて小幅ながら反発しました。昨日は反発した白金は反落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~2019年末にかけてのコモディティ展望」
コメンテーター:新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)
「循環的な景気減速を回避するため世界が金融緩和競争を繰り広げる中、緩和マネーが株や不動産などの資産価値を押し上げる一方で景気循環系商品が売られる展開となってきています。米国経済は想定よりは減速がみられないものの、欧州や中国の減速が大きく商品市況にはネガティブ。米中貿易交渉やブレグジットなども先行き不安を大きくしています。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191003180000

来週の放送予定
10月7日(月)
「消費増税の影響と今後の日本経済」
岡田晃さん(経済評論家)

10月8日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期
第9回「銀行金利と国債の金利」
小次郎講師

10月9日(水)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)

10月10日(木)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

10月11日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の放送
https://tocomsquaretv.com/20190930/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/10/03/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /10/4
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 小幅反発
米非製造業景況指数の低下などを受けてNY原油相場が8日続落。その流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引も小安く寄り付きましたが、その後は、NY原油の戻りを眺めてプラス圏に浮上しました。尚、夜間取引で一時、年初来安値となる34,200円をつけました。中心となる先限(2020年3月限)は、140円高の35,370円。その他限月は、100円~180円高。

☆金、3日続伸
景気減速懸念でNY金相場が上昇した流れを引き継ぎ、TOCOM金市場の日中取引も高寄りしました。その後は、決め手材料を欠いたため狭いレンジでもみ合い、始値と同値で取引を終えました。中心となる先限(2020年8月限)は、7円高の5,170円。その他限月は、5円~20円高。ゴールドスポットは25円高の5,181円。金現物取引 100gは、10円高の5,230円。

☆白金、反落
米国の経済指標の悪化で需要の減退が懸念され、昨日のNY白金市場の日中取引は続落。TOCOM白金市場の日中取引は、小安く寄り付いた後もNYの軟化を眺め大引けにかけて弱含みに推移しました。中心となる先限(2020年8月限)は27円安の3,043円。その他限月は、24円~3円安。プラチナスポットは5円高の3,050円。パラジウムも反発。中心となる先限(2020年8月限)は、54円安の5,380円。

☆ゴム、8日ぶり反発
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSはこの所の軟調地合いを引き継ぐ中、円高を受けて安寄りした後、昨年11月ぶりの安値を更新しました。その反動で午後は上昇に転じプラス圏に浮上しました。中心となる先限、RSS(2020年3月限)は、1円50銭高の157円10銭。その他限月は、40銭安~90銭高。TSR(2020年4月限)は、変わらずの148円90銭。その他限月も変わらず。

☆とうもろこし 小幅続落
昨日のシカゴとうもろこし相場が小反発した流れを受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引は小高く寄り付きましたが、その後は今夜予定されている米雇用統計の発表を控えて様子見となり、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年9月限)は30円安の23,930円。その他限月は、変わらず~140円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 バージガソリン +1.22%
2位 ゴム(RSS) +0.96%
3位 ゴールドスポット +0.48%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -1.47%
2位 パラジウム -0.99%
3位 白金 -0.88%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 28,460枚
2位 プラッツドバイ原油 11,011枚
3位 白金標準取引 7,967枚

全商品合計取引高(先物)65,532枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 268.22(前日比:+0.87)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・東京原油は米雇用統計に注目!!
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/40024

・原油は統制された政策相場となっている
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/40010

・エクアドル、なぜ、OPEC脱退!?その2
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40016

<参考ニュース>
・NY商品、原油が8日続落 景気懸念で 金は続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U9A001C1000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿