◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0828 2019/10/11)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

この週末に日本にやってくる大型で非常に強い台風19号。明日12日の夕方から夜にかけて、非常に強い勢力を保ったま ま東海地方または関東地方に上陸し、その後東日本から東北地方を北東へ進む予想で、記録的な暴風や大雨となる所もありそうです。
1958年の「狩野川台風」に類似しているといわれていますが、狩野川台風を経験していない方も多いと思います。
1958年9月26日、935ミリバール(今のヘクトパスカル)の勢力で伊豆半島のすぐ南を通過し27日0時頃に神奈川県東部に上陸。その時点では960ミリバールまで勢力を落としていましたが、秋雨前線を刺激して東日本に大雨を降らせました。死者・行方不明は1,269名。現在、気象庁に残る東京の一日の降水量の観測史上1位の記録は、この日に観測された371.9ミリが、未だ破られていません。浸水家屋は33万戸近く。浸水被害は、ゼロメートル地帯だけでなく、台地上にあって水害は起こりにくいと思われた世田谷区・杉並区・中野区などでも大きかったそうです。
その後、水害対策が施されているとは言っても安心はしていられません。
以下、今日中に準備しておきたいことです。
●窓や雨戸をしめ、窓ガラスが割れたときの飛散を防ぐために飛散防止フィルムを貼っておく。あるいは養生テープ、なければガムテープをバッテンに貼っておく。
●停電時に備え、携帯ラジオ、懐中電灯、ローソクなどを用意しておく。
●携帯の充電器は充電しておく。
●お風呂に水を溜めておく。
●防災グッズや水、食料などを用意しておく。
●避難場所と避難経路を確認しておく。
そして、台風の影響で通信各社のアンテナが故障するなどして、スマホがつながらなくなってしまった場合に備えて、スマホに電波が届かず圏外になった時でもネットに接続できる「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)というサービスがあるので、駅や市役所などの公共施設、コンビニなどWi-Fiの機器が設置されている場所の近くまで行き、スマホの設定画面で「00000JAPAN」を選択して利用しておきましょう。
https://time-space.kddi.com/ict-keywords/20180807/2402
ただ、個人情報など漏れないようにご注意下さいね。
このほか、東京都総合防災部の公式アカウントhttps://twitter.com/tokyo_bousai?lang=ja
政府官邸公式の災害・危機管理情報のアカウントhttps://twitter.com/i/moments/1181831862454378497
念の為にリンクしておきます。
さて、今日のTOCOMマーケット、OPECが減産を強化するとの観測と、イランのタンカー爆発で原油が大幅続伸しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
本日の番組
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
「5月下旬の安値を起点に9/6の高値にいたるまでの上げ幅300ドルに対し、高値から1/3押しなら100ドル下げ、1/2押しなら150ドル下げの可能性もあります。
しかし、基本的な上昇トレンドは崩れていません。
金ETFからの資金流出は見られません。2018年中央銀行金買いは1971年以来の最高水準に達しており下値を支えています。PMIやISMなど米経済指標の悪化が米国経済の先行き不安を高めており株価急落のヘッジとして金市場にも一定の資金流入があるようです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191010180000

来週の放送予定
10月15日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期
第10回「金利と為替、金利とコモディティ」
小次郎講師

10月16日(水)
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」
亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)

10月17日(木)
「国際市況商品の現状と展望」
大越龍文さん(野村證券 シニアエコノミスト)

10月18日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
https://tocomsquaretv.com/20191007/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/10/10/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /10/11
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、大幅続伸
原油需要の減速を受けOPECが減産を強化するとの観測が広まり、昨日のNY原油相場が反発。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後しばらくもみ合いが続きましたが、イランのタンカー爆発が伝わり終盤に上げ幅を拡大。この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2020年3月限)は、1,630円高の37,590円。その他限月は、1,190円~1,800円高。

☆金、3日ぶり反落
米中貿易協議の進展への期待で米株式相場が上昇し、NY金相場が反落。TOCOM金市場の日中取引も反落して始まりました。しかし、その後は、NY金の戻りや円相場の軟化を受けて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年8月限)は、7円安の5,190円。その他限月は、16円~6円安。ゴールドスポットは15円安の5,194円。金現物取引 100gは、30円安の5,240円。

☆白金、4日続伸
NY白金相場高を受けてTOCOM白金市場の日中取引も高寄しました。その後、しばらくもみ合いが続きましたが、NY白金の堅調と円の緩みを眺めて水準を切り上げました。中心となる先限(2020年8月限)は50円高の3,139円。その他限月は、34円~53円高。プラチナスポットは52円高の3,120円。パラジウム、中心となる先限(2020年8月限)は、48円高の5,540円。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場日中取引、RSSは、上海ゴム相場の上昇と円安で高寄りしました。その後も上海相場の堅調を眺めて上げ幅を拡大。この日の高値で取引を終えました。TSRは動意を欠きました。中心となる先限、RSS(2020年3月限)は、3円40銭高の163円40銭。その他限月は、70銭~3円50銭高。TSR(2020年4月限)は、変わらずの148円90銭。その他限月は、変わらず~1円00銭高。

☆とうもろこし 6日ぶり反落
米農務省の農産物需給報告を受けて昨日のシカゴ相場が急落したため、TOCOMとうもろこし市場の日中取引日取引は安寄りしました。その後も連休を控えてのポジション整理で下落を続け、1週間ぶりに24,000円台を割り込んで取引を終えました。中心となる先限(2020年9月限)は340円安の23,990円。その他限月は、510円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +4.53%
2位 バージ灯油 +3.64%
3位 バージガソリン +3.46%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -1.40%
2位 ゴールドスポット -0.29%
3位 銀 -0.16%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 23,678枚
2位 プラッツドバイ原油 21,701枚
3位 白金標準取引 11,192枚

全商品合計取引高(先物)70,671枚
〃 (オプション) 180枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 277.63(前日比:+2.29)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・トウモロコシは下値探りの展開に、今後はハーベストプレッシャーを警戒
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/40095

・需給の悪化で3割下げとなった原油相場
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/40080

・9月のOPECの生産能力は、16年ぶりに日量3,000万バレル割れ
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40086

<参考ニュース>
・サウジ沖でタンカーが爆発、イラン国営石油「ミサイル攻撃受けた」(REUTERS)
https://jp.reuters.com/article/idJPL3N26W1G7

・トランプ氏、中国副首相と会談へ=通貨・農業で合意探る-貿易協議(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019101100853&g=int

・NY商品、原油が反発 OPEC減産強化の観測で 金は反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_R11C19A0000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿