◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0832 2019/10/18)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

天皇即位にともなって、今年はGW中の5月1日が「天皇の即位の日」で祝日に。そして来週火曜10月22日が「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」。令和元年に限った特別な祝日です。
なぜ、10月22日という日程になったのかは、宮内庁のHPにも政府のHPにも載っていないので分からなかったのですが、「10月22日は何の日」で調べてみると「平安京遷都の日」なんですよね。旧暦にあたる延暦13年10月22日(新暦794年11月22日)、桓武天皇がそれまでの長岡京から山背国葛野郡へ遷都を行ったことを受けて記念日に制定されています。もしかしたらこの辺りに由来しているのでしょうか???
天皇陛下の退位と皇太子殿下の即位が同時に行われるのは約200年ぶりのことで、憲政史上では初めてのこと。10月22日は国民こぞって即位への祝意を表すため祝日と定められた…のだそうです。
中にはこの祝日のことを知らない人もいるようで。先日カフェの隣のテーブルにいた若者グループは「10月22日って祝日なの?勤労感謝の日だったっけ?」ってなんて話していたので、思わず口を挟みそうになりましたもん。こぞって祝意…はなかなか難しいかもしれません。周りに知らない人がいたら教えてあげて下さいね。
当初予定されていた祝賀パレード「祝賀御列の儀」は、先週の台風19号の被害を慮って11月10日に延期されましたが、国内外に即位を宣明する儀式「即位礼正殿の儀」は行われます。皇居‟正殿”松の間で行われるんですって。だから儀式がこの名前なんですね。
また天皇即位にともなって「天皇誕生日」が2月23日に変更になるので、今年から12月の祝日は無し(去年までは12月23日)。来年は2月23日が日曜なので翌日が振り替え休日で連休になります。
そして東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年に限り、大会の円滑な運営準備と運営に資するための特例措置として「海の日」は7月23日、「体育の日(スポーツの日)」は7月24日、「山の日」は8月10日へと変更されます。
内閣府のHPで今年と来年の祝日を説明しているのでチェックしてみて下さいね。
https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html
さて、本日のTOCOMマーケット、EU離脱の修正案の合意などで投資家心理がリスクオンに傾き、原油が4日ぶりに反発しました。このところ上場来高値更新を続けていたパラジウムは6日ぶりの反落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「国際市況商品の現状と展望」
コメンテーター:大越龍文さん(野村證券 シニアエコノミスト)
「OPECプラスの協調減産に下値を支えられている原油相場。需要の先行きを楽観はできませんが、現在の原油相場の価格形成のキーは供給面、いわゆる生産量。
減産が継続しているからこそ現状の価格が形成されているのですが12月のOPEC総会の焦点は?!
現在の協調減産は2020年3月までです。その後減産は継続されるのか、また追加減産の可能性は?!」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191017180000

来週の放送予定
10月21日(月)
「追加緩和への布石?~最近の日銀の動き」
清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)

10月22日(火)
※ 即位礼正殿の儀で番組はお休み

10月23日(水)
「商品市場の動向と今後の見通し」
菊川弘之さん(マーケットアナリスト)

10月24日(木)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」
芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)

10月25日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の番組
【CX】NY金と10年物米国債は▲0.93という高い逆相関
【金】金ETP(上場投資商品)残高が史上2番目の多さ~一方で米国のコイン需要は減退
【原油】需給の基調は弱いが上昇要因も!
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20191015/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/10/17/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /10/18
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、4日ぶり反発
昨日、英とEUが英のEU離脱の修正案で合意したことや、トルコ軍がシリア北部での軍事作戦を一時停止することなどから、投資家心理がリスクオンに傾き、NY原油相場が上昇。TOCOMドバイ原油市場の日中取引も4日ぶりに反発して始まりました。その後はNY原油が水準を切り下げたほか、為替相場が円高振れたのを眺め、上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年3月限)は、150円高の37,240円。その他限月は、170円~350円高。

☆金、反落
対ユーロでのドル安で、ドルの代替投資先とされるNY金相場が上昇。その流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後は、中国のGDP発表の見極めで小幅にもみ合いましたが、午後に入って為替が円高に振れたためマイナス圏に沈み、下げ幅を拡大して取引を終えました。中心となる先限(2020年8月限)は、5円安の5,190円。その他限月は、4円安~4円高。ゴールドスポットは6円高の5,207円。金現物取引 100gは、10円高の5,270円。

☆白金 小幅続伸、パラジウム 6日ぶり反落
NY白金高を受けてTOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後は材料を欠き小幅なもみ合いで推移しましたが、午後に入り円高が進むのを眺め上げ幅を縮小して取引を終えました。中心となる先限(2020年8月限)は2円高の3,104円。その他限月は、4円安~7円高。プラチナスポットは1円高の3,089円。パラジウムは6日ぶりに反落。中心となる先限(2020年8月限)は、40円安の5,798円と上場来高値で取引を終えました。

☆ゴム、続伸
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは、上海ゴム相場が上昇した流れを引き継ぎ、高寄りし、その後も上海の堅調を眺めて上げ幅を拡大しました。TSRの先限は動意を欠きました。中心となる先限、RSS(2020年3月限)は、2円20銭高の166円00銭。その他限月は、90銭安~1円70銭高。TSR(2020年4月限)は、変わらずの148円90銭。その他限月は、変わらず~4円00銭高。

☆とうもろこし 反落
主要産地のコーンベルト北西部で週末にかけて寒波や降雪が予報されていることから、シカゴとうもろこし相場が上昇。TOCOMとうもろこし市場の日中取引も小高く寄り付きましたが、その後円相場の引き締まりを受けて水準を切り下げ、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年11月限)は、60円安の24,380円。その他限月は、120円安~120円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) +1.34%
2位 バージガソリン +0.68%
3位 銀 +0.66%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -0.69%
2位 とうもろこし -0.25%
3位 金 -0.10%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 19,317枚
2位 プラッツドバイ原油 5,075枚
3位 白金標準取引 5,047枚

全商品合計取引高(先物)39,921枚
〃 (オプション) 165枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 276.89(前日比:+0.74)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・50ドル台のトリプルボトムで上昇期待の原油
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/40148

・米シェールは日量1000万バレルをめざす!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40153

<参考ニュース>
・米・トルコ、シリア進攻の「5日間停止」で合意 停戦はクルド撤退後と(BBC)
https://www.bbc.com/japanese/50092918

・NY商品、原油が続伸 ドル安や米株高受け、金も上昇(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y9A011C1000000/

・英・EU、修正離脱案合意=国境問題妥協、議会承認が焦点(時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019101701140&g=int

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿