◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0833 2019/10/21)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

明日は今年だけの特別な祝日。「即位礼正殿の儀」を始めとした皇位継承の儀式や祝宴が行われ、海外からも200近くの国の王族や大統領夫妻など大勢の要人が来日されるので、その警備のため約2万6千人の警察官が投入されるとニュースで伝えていました。
都内は22日と23日に大規模な交通規制が敷かれます。22日は皇居で「正殿の儀」が、23日は「首相主催の晩餐会」が開催され、多数の海外要人が都内を移動するため、安全に円滑に進むようにとの措置だそうです。
首都高では、主に中央環状線より内側の大部分の区間が通行止めとなります。対象路線は、都心環状線、八重洲線、2号目黒線、3号渋谷線、4号新宿線、5号池袋線、11号台場線などなど。一般道は皇居周辺と大手町、丸の内、日比谷、霞が関、永田町、赤坂見附、麹町の7つのエリアで一時規制が行われますので、車でお出かけの方はご注意下さいね。
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/doro/regulation/ceremony_kisei.html
10月22日が祝日になることは 昨年末12月上旬に発表されたのですが、印刷に間に合わずお休みが反映されていないカレンダーも多いので、つい最近まで祝日だということを知らなかったという人も多いようです。
私が使っている手帳のレフィルは、昨年末の発表の前に買ったものなので、当然何の記載もありませんし、卓上カレンダーは、かろうじて「即位礼正殿の儀」という文字は入っていますが、他の祝日のように赤文字になっていないので、お休みの日なのかどうか、ちょっと分かり辛いです。というわけで明日はノープランという方も多いのではないでしょうか。祝賀パレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」は、11月10日(日)に延期されましたので、皇居の近くに行ってもパレードは見られませんからご注意を。
しかし、連休ではないのであまり遠出は出来ないし、都心には交通規制や厳重な警備で近寄り辛いし。
どうやって過ごそうか…今更ながら考えている所です。
さて、本日のTOCOMマーケット、中国の実質GDPが前年同期比6.0%増と、1992年以降で過去最低となったことから、景気の減速が懸念され、原油は反落。金は円相場の軟化にサポートされて小幅ながら続伸でした。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「追加緩和への布石?~最近の日銀の動き」
コメンテーター:清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
キャスター:山本郁

前回の放送から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
「ポンド/円はこの1週間で6円も上昇し、凄まじい勢いで買い戻されましたが、注目は
EUと合意したこのブレグジッド協定案を、今度は英議会で採決できるのか。
メイ首相もここで断念しました。
10月末ギリギリのサプライズ合意か延期となる公算が大きく、合意なしでジョンソン首相が10月末にEU離脱する最悪のシナリオとなる可能性は低い、下げ幅は限定的と考えています。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191018180000
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20191015/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/10/17/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /10/21
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反落
中国の景気減速で原油需要が減るとの懸念が広まり、先週末のNY原油相場が反落。その地合いを引き継いで、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後は、新規材料を欠いて、マイナス圏で揉み合いました。中心となる先限(2020年3月限)は、180円安の37,060円。その他限月は、170円~10円安。

☆金、小幅続伸
この所の上昇の反動で、先週末のNY金相場が反落。その流れを受けてTOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。しかしその後は、円相場の軟化を眺めてじりじりと水準を切り上げプラス圏に浮上しました。中心となる先限(2020年8月限)は、1円高の5,191円。その他限月は、10円安~3円高。ゴールドスポットは2円安の5,205円。金現物取引 100gは、20円安の5,250円。1kgは5,230円。

☆白金 3日続伸
NY白金高を受けてTOCOM白金市場の日中取引は高寄りし、その後も、NY白金相場の堅調や円の緩みを眺め、上げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年8月限)は26円高の3,130円。その他限月は、20円~30円高。プラチナスポットは21円高の3,110円。パラジウムは反発。中心となる先限(2020年8月限)は、6円高の5,804円。

☆ゴム、3日ぶり反落
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは、上海相場は堅調でしたが、円高に頭を押さえられ、小幅高で寄り付きました。その後は、あすに休日を控えての手じまいで、水準を切り下げ、マイナス圏に沈みました。TSRは動意を欠きました。中心となる先限、RSS(2020年3月限)は、20銭安の165円80銭。その他限月は、30銭安~10銭高。TSR(2020年4月限)は、変わらずの148円90銭。その他限月も変わらず。

☆とうもろこし続落
前日のシカゴ相場の下落に加えて円高で、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後、円は引き緩むもシカゴ相場の軟調地合いを眺めてじりじりと下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年11月限)は、260円安の24,120円。その他限月は、270円安~120円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +1.15%
2位 白金 +0.84%
3位 プラチナスポット +0.56%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -1.07%
2位 バージ灯油 -0.71%
3位 バージガソリン -0.56%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 14,758枚
2位 白金標準取引 5,696枚
3位 プラッツドバイ原油 4,613枚

全商品合計取引高(先物)34,841枚
〃 (オプション) 150枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 276.24(前日比:-0.65)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・目先は強調続くが戻り売り不変の相場
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/40176

・現在は“リグ減・米原油生産量増”があたりまえ
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40187

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 中国経済の減速受け 金も反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z11C19A0000000/

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/markets/shohin/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿