◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0840 2019/10/31)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

今『デブ味覚』という言葉が注目を集めているようです。
「デブ味覚」とは、「うまみ」の味覚が衰えて「うまみ」を感じにくくなっている状態のこと。「うまみ」の代わりに塩味に頼るようになるので、食欲が増進し、甘いモノや炭水化物まで欲しくなる…従って高カロリー食になります。
さらに「デブ味覚」の人は「脂肪味」も鈍感になり脂肪を摂り過ぎになります。脂肪は摂ると脳に快楽物質が出ます。その快楽物質の依存性はタバコを上回るほど強いそうです。米フロリダ州のスクリプス研究所の実験で、ラットにベーコンやチーズケーキなどの高脂肪、高カロリーの餌を与え劇的に太らせると、通常の餌を与えられていたラットの2倍のカロリーを摂取するようになり、電気ショックを与えても餌を食べることを止めず、食欲のコントロールができなくなってしまった…という結果も出ているのだそうです。
この辺のメカニズムを分かり易く解説しているHPを見つけました。https://kunichika-naika.com/information/hitori201402
怖いですね…。もしかして私「デブ味覚」??
チェックポイントが6つあるんです。
1.味が付いていても、さらに自分で味を追加する。2.市販の弁当が大好き。3.食後すぐに甘いものを食べる。4.よく「ながら食い」をする。5.添付のタレは全部使い切る。6時間になると、お腹がすいていなくても食べる。
どうでしたか?1つでも当てはまるとデブ味覚の疑いがあるそうです。私は1と2を除いて、4つも該当しました。(涙)
『デブ味覚』を『ヤセ味覚』に変えるためには、まずは味覚を正常化させなくてはなりません。2週間毎朝、だし汁を150~200cc飲むと効果があるそうです。https://oggi.jp/6003061 味がしない…と感じたらデブ味覚決定!2週間というのは、舌のミライの細胞が生まれ変わり、デブ味覚が完全にリセットされるのに必要な期間。そして朝に飲むのは、一番味覚が敏感になっているからだそうです。この方法を試したあるクリニックの患者さん30名は、2週間で平均5.3kgの減量に成功したそうです!!
痩せるだし汁の作り方は「デブ味覚」「痩せるだし汁」で検索すると見つかります。2週間分作り置き出来るので、私ってデブ味覚?って不安な方は、是非チャレンジしてみて下さい。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
コメンテーター:藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191030180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20191028/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/10/17/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /10/31
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、続落
昨日の下落の反動でTOCOMドバイ原油市場の日中取引は小幅ながら高寄りしました。しかしその後はNY原油相場の軟調地合いを眺めて水準を切り下げ、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年3月限)は、170円安の38,250円。その他限月は、110円~50円高。

☆金、続落
昨日のNY金相場の下落を映し、TOCOM金市場の日中取引も続落して始まりました。その後、NY金の戻りを眺めて下げ幅を縮める場面もありましたが、大引けは始値を割り込んで取引を終えました。中心となる先限(2020年10月限)は、17円安の5,194円。その他限月は、21円~17円安。ゴールドスポットは23円安の5,206円。金現物取引 100gは、20円安の5,260円。

☆白金 反発
米中協議進展期待で昨日のNY白金相場が反発。その流れを受けてTOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後はNY相場の軟調を映して上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年10月限)は、19円高の3,226円。その他限月は、10円~18円高。プラチナスポットは13円高の3,201円。パラジウムは反落。中心となる先限(2020年10月限)は、28円安の5,944円。

☆ゴム、3日ぶり反発
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは昨日の上海相場の上昇を受けて高寄りしました。寄り付き後に取引中の上海相場の堅調を眺めて更に水準を切り上げましたが、午後は決め手材料を欠き、高値圏でのもみ合いで終わりました。中心となる先限、RSS(2020年4月限)は、2円80銭高の173円00銭。その他限月は、1円30銭~2円90銭高。TSR(2020年4月限)は、変わらずの148円90銭。その他限月も変わらず。

☆とうもろこし、3日ぶり反発
米中西部産地の一部で降雪など悪天候が見込まれ、昨日のシカゴとうもろこし相場が反発。TOCOMとうもころし市場の日中取引は円の引き締まりに頭を押さえられましたが小し確りと寄り付きました。その後、取引中のシカゴ相場の堅調を眺めて水準を切り上げました。中心となる先限(2020年11月限)は、100円高の24,200円。その他限月は、140円安~130円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) +1.65%
2位 白金 +0.59%
3位 とうもろこし +0.41%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -0.47%
2位 プラッツドバイ原油 -0.44%
3位 ゴールドスポット -0.44%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 24,848枚
2位 白金標準取引 9,665枚
3位 ゴム(RSS) 5,450枚

全商品合計取引高(先物)56,583枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 281.48(前日比:-0.79)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・なぜ2017年12月にシェール主要地区の組み換えが行われたのか?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40295

・水星逆行開始!!ダマシに注意
【著者】菊川弘之
https://column.cx.minkabu.jp/40285

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続落 米在庫に増加観測 金は続落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q9A031C1000000/

・東京パラジウム続伸、米中進展期待で買い(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51542290Z21C19A0EN2000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿