◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0842 2019/11/6)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

今日は、旧暦の10月10日。十五夜や十三夜に並ぶ名月の日ですが、その他にも「稲の刈り取りが終わって田の神が山に帰る日」とされており、北関東を中心に甲信越から東北地方南部(つまり昔から稲作が行われている地域)のところどころでは『十日夜(とおかんや)』という収穫祭を行う風習が残っています。
お米の収穫を感謝し翌年の豊穣を祈って、今年取れた新米で餅をつき、田んぼの神様にぼた餅をお供えすると共に、子どもたちが村中をまわり「とーかんや、とうかんや…」と十日夜の民謡を唄いながら、わら鉄砲で地面を叩く…というのが一般的のようです。
わら鉄砲で地面を叩くのは、モグラやネズミを追い払うという理由だそうです。その後子どもたちには、供えられたぼた餅やお菓子などが振る舞われるのだとか。
また新潟や長野では「大根の年取り」といって、この日に餅をつく音や、わら鉄砲の音で大根が太るとされているのだそうです。何故大根が太るのか、その根拠は調べても分からなかったのですが、モグラやネズミに食べられなくなるからなのでしょうね。大根の太る音を聞くと死ぬといって大根畑へ行くことや大根を食べるのを禁じている所もあるそうです。ちなみに、新潟出身の私ですがこの行事を知りませんでした。
「とうかんや、とうかんや…」の後は、「イネコノぼたもち、生でもいいから持ってこい」とか「大根もほきろ、菜もほきろ」とか「とおかんやの藁でっぽう、夕めし食って、ぶっ叩け」などなど地方で言葉が変わるそうです。
面白いのは、東京都の田無市(現在の西東京市)。この日に、大根の豊作を願って大根畑にぼた餅を埋めるんだそうです。
また西日本ではよく似た行事「亥子(いのこ)」「玄猪(げんちょ)」があって、亥の月の亥の日に行われるそうです。今年は11月10日です。こたつ開きの日でもあるんですって。
我が家は今年、長年テーブルのみの機能しか果たしてこなかった家具調こたつを粗大ごみに出してしまいました。こたつ離れが進んでいる昨今ですが、昨年秋の調査では日本全体でこたつを持っている家は半分以下になってしまっているのだそうです。
https://news.livedoor.com/article/detail/15721956/
いつか、大きな家に住めるようになったらまたこたつを復活させたいのですが。
さて、本日のTOCOMマーケット、米中貿易協議を巡る懸念が後退し、原油は続伸、逆に金は反落しました。白金も金に連れて反落です。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~今注目すべきコモディティは?」
コメンテーター:小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期
第12回「制度信用と一般信用」
コメンテーター:小次郎講師
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191101211500

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の番組
【CX】NY金とFOMC・雇用統計の相関
【金】インドネシア金宝飾品輸出が減退!
【原油】原油価格弱含みか~EIA価格予想を下方修正
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20191105/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/10/31/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /11/6
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、続伸
米中貿易協議を巡る懸念が後退し、原油需要が細るとの警戒が和らいだことで昨日のNY原油相場が続伸。その流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。しかし、米原油在庫が市場予想以上に増加したことからNY原油が軟化し、それを眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年4月限)は、160円高の38,760円。その他限月は、170円~370円高。

☆金、4日ぶり反落
米中の貿易協議が進んでいるとの見方から投資家のリスク選好姿勢が強まり、リスク回避の際に買われやすい金からは資金が流出。TOCOM金市場は夜間取引で大きく水準を切り下げ、日中取引は安寄りしました。その後、決め手材料を欠き、始値を挟んで小動きを続けましたが大引けに下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年10月限)は、60円安の5,193円。その他限月は、63円~59円安。ゴールドスポットは64円安の5,205円。金現物取引 100gは、60円安の5,260円。

☆白金 反落
同じ貴金属である金が反落した流れが白金に波及し、昨日のNY白金相場が反落。TOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後もNYの軟化を眺めて下げ幅を拡大。この日のほぼ安値で取引を終えました。中心となる先限(2020年10月限)は、47円安の3,239円。その他限月は、46円~35円安。プラチナスポットは43円高の3,227円。パラジウムは続落。中心となる先限(2020年10月限)は、54円安の5,886円。

☆ゴム、小幅続伸
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは世界経済の先行き不透明感が後退したことから、寄り付き後に一時180.3円と約3カ月ぶりの高値を付けました。その後は高値の反動と、産地の価格が上がっていないことなどから水準を切り下げました。中心となる先限、RSS(2020年4月限)は、50銭高の178円40銭。その他限月は、50銭~1円50銭高。TSR(2020年5月限)は、変わらずの148円90銭。その他限月は変わらず~4円60銭高。

☆とうもろこし、4日続落
米中西部の天候が良好で収穫が加速していることに加え、需要が依然として限定的になっていることが弱材料となり昨日のシカゴとうもろこし相場が下落。円安にサポートされてTOCOMとうもろこし市場の日中取引は小幅安で寄り付きました。その後、円相場の引き締まりなどを眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年11月限)は、180円安の23,590円。その他限月は、20円安~130円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 バージ灯油  +0.45%
2位 プラッツドバイ原油 +0.41%
3位 ゴム(RSS) +0.28%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -2.54%
2位 白金 -1.43%
3位 プラチナスポット -1.32%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 42,917枚
2位 白金 12,691枚
3位 プラッツドバイ原油  7,064枚

全商品合計取引高(先物)83,197枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 284.22(前日比: -0.78)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・週刊石油展望
【著者】三浦 良平
https://column.cx.minkabu.jp/40357

・今、OPECプラスは何カ国?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40362

<参考ニュース>
・東証大引け 連日で年初来高値 NYダウ最高値を好感、金融株に買い(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_W9A101C1000000/

・NY商品、原油が続伸 米中関係の緩和期待で 金は3週間ぶり安値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W9A101C1000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿