◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0847 2019/11/13)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

ケーキなんてものは、生クリームに、スポンジにと、糖質の塊のようなものですが、低糖質ブームの昨今、クリスマスケーキにも糖質オフなんて商品があるんですね。それも91%も糖質をカットしたケーキですって。
無添加化粧品や健康食品などの開発・販売を行っているメーカーが作っている『ドクターリセラのX’masケーキ』https://www.rinasce.online/
写真を見た限りでは、クリームもたっぷり、スポンジも嵩高で、ボリューム満点って感じなのですが、一般的なケーキ100gに含まれる糖質を50gとしたら、この『ドクターリセラ』の生クリームケーキは100gに含まれる糖質がわずか4.4g!!カロリーもわずか262Kcal。砂糖の代わりにカロリーゼロの天然甘味料エリスリトールを使用し、スポンジ生地は小麦粉を一切使っていないグルテンフリーのケーキです。
ただし低糖質でも、触感がボソボソしたり甘みが感じられなかったりということがないように、食材を厳選し、何度も試作し、何年も試行錯誤することで、糖質制限を感じさせない、それ以上の味に仕上がったのだそうです。生クリームなんて、数種類のクリームをブレンドしてコクと旨みを出すのに成功したんですって!有難いですよね。
糖質オフクリスマスケーキは「生クリームデコレーションケーキ」4,700円の他にも、「ブッシュドノエル」4,400円、「ティラミス」4,300円の3つのラインナップがあります。
その他にも、あのごぼう茶の南雲吉則医師が監修した、一般的なお節料理に比べ95%糖質をカットの「極の低糖質 命のおせち」なんてものも販売しています。27品目入り2~3人前で27,000円と16,200円の2タイプ。品名だけでなく材料も全て明記されているので安心ですね。
小さなお子さんから、おじいちゃんおばあちゃんまで家族全員でクリスマスやお正月を楽しめます。いかがでしょう?
さて、本日のTOCOMマーケット、東南アジアの産地でゴムの木への感染症が一段と広がり供給が落ち込むとの懸念かゴムが上昇。RSSは3日続伸しました。TSRも上伸しています。
(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
コメンテーター:大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期
第13回「空売りのポイント」
コメンテーター:小次郎講師
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191112211500

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20191111/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/11/07/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /11/13
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反落
米原油在庫の増加予想と、このところの上昇基調の反動で、昨日のNY原油相場が反落。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後もNYの軟調地合いを眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限(2020年4月限)は、360円安の38,560円。その他限月は、430円~330円安。

☆金、4日ぶり反発
ドル高や米株高で、昨日のNY金相場は約3か月ぶりの安値をつけましたが、その後の切り返しを眺め、TOCOM金市場の日中取引は反発して始まりました。一時決め手を欠いてもみ合う場面もありましたが、NY相場の上昇を映して水準を切り上げ、この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2020年10月限)は、34円高の5,121円。その他限月は、15円~35円高。ゴールドスポットは7円高の5,114円。金現物取引 100gは、変わらずの5,160円。

☆白金4日続落、パラジウム小幅反発
米中貿易協議を巡る先行き不透明感による昨日のNY白金相場安を受けてTOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後、下値を追う場面もありましたが、NY相場の戻りを眺めて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年10月限)は、17円安の3,076円。その他限月は、28円~15円安。プラチナスポットは23円安の3,053円。パラジウムは小幅反発。中心となる先限(2020年10月限)は、5円高の5,674円。

☆ゴム、3日続伸
インドネシアなど東南アジアの産地で、ゴムの木への感染症が一段と広がり供給が落ち込むとの懸念からTOCOMゴム市場の日中取引は高寄りし一時3か月ぶりの高値を付ける場面もありました。その後は上海相場の頭重さを眺めて伸び悩みました。中心となる先限、RSS(2020年4月限)は、20銭高の180円20銭。その他限月は、10銭安~70銭高。TSR(2020年5月限)は、20銭高の149円10銭。その他限月は変わらず。

☆とうもろこし、小幅反発
米農務省の週間報告で全米平均の収穫進捗率が予想を下回ったことから、生産減を見越して昨日のシカゴとうもろこし相場が反発。TOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしました。その後、一段水準を切り上げる場面もありましたが、終盤に上げ幅を縮小し、小幅高で取引を終えました。中心となる先限(2020年11月限)は、70円高の23,240円。その他限月は、30円~240円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +0.85%
2位 金 +0.67%
3位 とうもろこし +0.30%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -0.93%
2位 バージガソリン -0.86%
3位 プラチナスポット -0.75%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 31,493枚
2位 プラッツドバイ原油 13,563枚
3位 白金標準取引  11,551枚

全商品合計取引高(先物)70,406枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 281.07(前日比:-0.78)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・イランで大規模油田が発見されたことについて
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40462

<参考ニュース>
・NY商品、原油が小幅続落 利益確定売り 金は3カ月ぶり安値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_T11C19A1000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿