◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0849 2019/11/15)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

毎日満員電車に揺られて帰宅されている皆さん、お疲れ様です!!
仕事で疲れてクタクタで、一日だけでもラグジュアリーな車で帰ることが出来たら…って思いませんか?
実は、今、日産自動車が、新型『スカイライン』の試乗プログラム「プロパイロット 2.0 帰宅試乗」を行うため、その試乗会に参加してくれる人を、募集しているんです。
抽選で選ばれた人には、希望の日時に職場までスカイラインが迎えに来てくれて、自宅まで車で帰れるのだそうです!!
http://www.nissan.co.jp/SP/SKYLINE/PROPILOT2/HANDSOFFTESTDRIVE/
『プロパイロット2.0』とは、高速道路のあらかじめ設定したルートを、ドライバーが常に前方に注意していて咄嗟に対処できる状態にあれば、ナビゲーションシステムを使ってハンドルを常に握っていなくても自動運転で走行できる、世界初の先進運転支援技術です。これまでの『プロパイロット』では、単一車線に限られていて、常にハンドルを握っているという条件がありましたが、2.0では複数車線にも対応。ハンズオフも可能になったんです。
‟ナイトライダー”の世界に、また一歩近づきましたよね!
「プロパイロット 2.0 帰宅試乗」は11月19日から28日の期間限定。
試乗参加条件は、通勤時間が30分以上であること、丸の内・大手町・有楽町エリアから参加することが可能なこと。22歳以上の人。もちろん、運転免許を持っていることも条件です。
時間指定は17時から20時まで30分間隔で指定することが出来るそうです。
1日5枠限定。事前予約は https://www.nissan.co.jp/SP/SKYLINE/PROPILOT2/FORM/
当日でも枠があれば、正午までに日産の公式アカウントをフォローの上、♯ハンズオフ・手放しで帰りたい でツイートすると、応募できるそうです!
私は残念ながら通勤時間、15分。応募出来ないので、是非、私の代わりに体験してみて下さいね。
さて、本日のTOCOMマーケット、パラジウムが大幅に続伸し、それに連れて白金も6日ぶりに反発しました。金も高寄りしましたが、終盤に急落しマイナス圏で取引を終えました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「調整局面の金、上昇開始したゴム、その裏に…。」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
「豚コレラの影響でミールの需要が低下したことから、中国は大豆油を直接米国から輸入するようになりました。この流れから大豆油市場では価格が上昇しており、高くなった大豆油の代替として、中國はパーム油を購入するようになっています。
パーム油の生産地はインドネシアとマレーシア。ゴムの生産地と重なります。これが、ゴム高の一因…。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191114211500

来週の放送予定
11月18日(月)
「産業関連の話題から」
関口和一さん(日本経済新聞社 客員編集委員)

11月19日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期
第14回「つなぎ売り」
小次郎講師

11月20日(水)
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」
石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス シニアアナリスト)

11月21日(木)
「電力取引の展望と課題」
小笠原潤一さん(日本エネルギー経済研究所 電力・新エネルギーユニット 電力グループ)

11月22日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20191111/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/11/14/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /11/15
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反落
EIAの発表で、原油の在庫・生産量がともに増加していたことから昨日のNY原油相場は
反落。加えて朝方為替が円高に振れたためTOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後、円相場の軟化とNY相場の戻りを眺めて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年4月限)は、300円安の38,710円。その他限月は、270円~100円安。

☆金、続落
米中協議を巡る不透明感に加え、主要経済統計が低調なことからリスク回避で昨日のNY金相場が続伸。その流れを受けてTOCOM金市場の日中取引日中取引は高寄りしました。しかし円高が重石になって徐々に上げ幅を縮小。終盤にNY金の急落を受けて、大きく水準を切り下げました。中心となる先限(2020年10月限)は、10円安の5,103円。その他限月は、12円~5円安。ゴールドスポットは3円安の5,113円。金現物取引 100gは、10円高の5,180円。

☆白金6日ぶり反発、パラジウム大幅続伸
同じ貴金属の金やパラジウム相場の上昇につれて昨日のNY白金相場が反発。TOCOM白金市場の日中取引はその流れを受けて高寄りしました。その後もNY相場の堅調を眺めて上げ幅を拡大しましたが、終盤に急落。日中取引での上げ幅を消して取引を終えました。中心となる先限(2020年10月限)は、13円高の3,077円。その他限月は、8円~26円高。プラチナスポットは31円高の3,067円。パラジウムは3日続伸。中心となる先限(2020年10月限)は、107円高の5,806円。

☆ゴム、5日ぶり反落
東南アジアの産地で広がるゴムの木への感染症で供給が細るとの思惑で、TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは高寄りし、一時3か月半ぶりの高値をつけました。しかし高値警戒から下落に転じ、小幅ながらマイナス圏に沈みました。中心となる先限、RSS(2020年4月限)は、30銭安の182円00銭。その他限月は、70銭安~10銭高。TSR(2020年5月限)は、変わらずの149円10銭。その他限月も変わらず。

☆とうもろこし、続落
中国が、米国産鶏肉の輸入制限の解除を発表したことを受け、飼料需要が増加するとの期待が広まり、昨日のシカゴとうもろこし相場が反発しました。その流れを受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引も高寄りしましたが、中国が米国から購入する農産物の数値目標を巡って対立していると伝わると下落に転じ、心理的節目の23,000円を下回ったことをきっかけに更に水準を切り下げました。中心となる先限は180円安の22,820円。その他限月は、120円安~70円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +1.88%
2位 プラチナスポット +1.02%
3位 白金 +0.42%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -1.01%
2位 バージ灯油 -0.84%
3位 とうもろこし -0.78%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 18,159枚
2位 白金標準取引 8,242枚
3位 プラッツドバイ原油  4,651枚

全商品合計取引高(先物)43,024枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 281.24 (前日比: -1.23)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・米シェールオイルの生産量は2020年12月まで増加する!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40497

・原油市場にはOPEC総会以外にも変動材料がある
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/40490

<参考ニュース>
・クドロー氏、米中は第1段階の合意で取りまとめに近いー記者団に(Bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-15/Q0ZK3HT0AFB501

・NY商品、原油が反落 米在庫増で需給に懸念 金は続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V11C19A1000000/

・米国産の鶏肉、輸入制限解除 中国(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/DA3S14257078.html

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿