◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0850 2019/11/18)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

ブラックフライデー商戦が始まりましたね。
先週末、Amazonジャパンが、今年このブラックフライデーに初参入し、色が黒い商品や、商品名に黒やクロ、ブラックが入っている商品を特別価格で提供すると発表して注目が集まっています。黒い家電やフォーマルウエアなどのほか、黒毛和牛、黒舞茸、ブラックタイガー…などなどがバーゲンセールになるんですって。
部屋の家具をモノトーンで統一したい…なんて考えている人は、いいチャンスかも。
https://www.amazon.co.jp/b/?node=7610924051&nocache=1574055899458
日本では、2015年がブラックフライデー元年と言われていますが、イオンが2016年11月25日に大々的にCMを打ったのがきっかけとなり、この商戦に参入する企業が増えたそうです。今年のAmazon参入で今後さらに盛り上がりを見せそうですね。
ちなみに今年日本で、Amazon以外でブラックフライデーセールを行うところをピックアップすると
楽天市場 https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/blackfriday/
イオン https://chirashi.otoku.aeonsquare.net/pc/chirashi/blackfriday/
GAP https://gapjp.tumblr.com/post/189073007464/
GAPは11月21(木)22時から全商品が50%OFFのミッドナイトイベントを行う店舗もあるそうです。イオンは、昨年は早朝から大行列が出来たそうですから、お出かけになるならお早めに!!
ブラックフライデー、元はと言えば、1961年アメリカ発祥のバーゲンセール。11月の第4木曜日が感謝祭であることから、感謝祭の贈り物として売れ残ったものを売りつくす為にその翌日に大売出しをしたことが始まりなのだとか。
投資家の皆さんにとっては、ブラック+曜日なんて、ブラックマンデーを彷彿とさせて「何だか縁起悪い…」と感じる方が多いと思いますが、名付けたのはフィラデルフィアの警察で、人が外に溢れて警備の仕事が増えるために「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけだったそうです。今はネットショッピングの割合も増えていますから街の混雑も緩和されているでしょうし、むしろ「売り上げが黒字となる日」とポジティブな意味で使われているそうですよ。
さて、本日のTOCOMマーケット、日米の株価の上昇を眺めてリスク商品とされる原油や景気に敏感な白金が堅調です。パラジウムは前日の上げの反動で大幅反落しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「産業関連の話題から」
コメンテーター:関口和一さん(日本経済新聞社 客員編集委員)
キャスター:山本 郁

前回の放送から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
「今週のドル/円は、108.23~109.47で動きました。先週109.50付近を2度トライするも失敗。109.50にはどうやらオプションが並んでいるようで厚い壁があります。
米中貿易協議に関しては相変わらず一進一退、いつものごとく合意は難航している、いや進展している報道の繰り返しで上下しました。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191115211500

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20191111/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/11/14/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /11/18
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、反発
米高官の発言で、米中貿易協議が進展するとの見方が広がり、先週末のNY原油相場が反発。その流れを引き継いでTOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りしました。その後は為替が引緩んだのを眺めて上げ幅をやや拡大しました。中心となる先限(2020年4月限)は、580円高の39,290円。その他限月は、260円~610円高。

☆金、3日ぶり反発
NY金相場の上昇を受けてTOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後はNY相場の軟化を眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年10月限)は、12円高の5,115円。その他限月は、11円~16円高。ゴールドスポットは10円高の5,123円。金現物取引 100gは、変わらずの5,180円。1kgは、5,160円。

☆白金、続伸
WPICが11月下旬に発表する白金の需給報告で需要は高水準になることが見込まれていることからNY白金相場が上昇。TOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。一時NY相場の軟化を眺めて伸び悩みましたが、午後に入って水準を切り上げました。中心となる先限(2020年10月限)は、50円高の3,127円。その他限月は、40円~54円高。プラチナスポットは36円高の3,103円。パラジウムは大幅反落。中心となる先限(2020年10月限)は、87円安の5,719円。

☆ゴム、小反発
TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは、先週末3カ月半ぶりの高値をつけた反動で安寄りし、その後も上海相場安などを眺めてマイナス圏で推移していましたが、終盤に入り円安にサポートされてプラス圏に浮上しました。中心となる先限、RSS(2020年4月限)は、30銭高の182円30銭。その他限月は、80銭安~60銭高。TSR(2020年5月限)は、変わらずの149円10銭。その他限月も変わらず。

☆とうもろこし、3日続落
先週末のシカゴとうもろこし相場の下落を受けてTOCOMとうもろこし市場の日中取引も安寄りしました。その後、取引中のシカゴ相場の軟調を眺めて下げ幅を拡大しました。中心となる先限は60円安の22,760円。その他限月は、120円~10円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 +1.63%
2位 プラッツドバイ原油 +1.50%
3位 バージ灯油 +1.18%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -1.50%
2位 とうもろこし -0.26%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 14,743枚
2位 白金標準取引 8,680枚
3位 プラッツドバイ原油  6,082枚

全商品合計取引高(先物)43,119枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 283.81(前日比:+2.57)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・ゴムは上げ一服して修正安へ
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/40506

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 米在庫増で需給に懸念 金は続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W9A111C1000000/
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿