◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0858 2019/11/28)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

通勤に山手線を使っている方、一昨日あたりから電車内で、腰をひいたり、つま先立ったり、変な動きをしている人を見かけませんか?見かけても変な目で見たりしないでくださいね。きっと、その方は「‘TRAIN’ing」中なんです。 https://train-ing.tokyo/
JR 東日本が、提供している“電車”という移動空間、その空間と時間の付加価値を高めたいと、期間限定で試験導入を始めた、電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」
電車に乗る前にアプリを起動させ、乗車する区間、トレーニングの目的(鍛える/整える)、乗車ポジション(座席/つり革/手すり)を入力すると、自動的にその時々の混雑状況に合わせた最適なトレーニングメニューが配信され、ボイスガイダンスで指導してくれる…というものです。ちゃんとプロのトレーナーが監修したトレーニングなんですって。凄くないですか?
興味津々で早速アプリをダウンロードしてみましたが、実際に電車に乗らないと起動してくれないので、どんなトレーニングなのかはまだ体験していません。
YouTubeの動画を見てみると、https://www.youtube.com/watch?v=YB8tdAztRyA 椅子に座りながら、持っているバッグを使って腕のトレーニングをしたり、つり革に掴まりながらレッグストレッチをしたり、手すりにつかまりながらブレストレーニングをしたり。メニューは80以上、駅の区間ごとに違うトレーニングを提案してくれるそうです。
今のところ、利用できるのはiPhone(iOS11.0以上)ユーザーのみ、山手線の新型車両 E235 系のみ、という制限がありますが、この試験導入の結果が良ければ、その内、JR東日本の他の路線、JR西日本、JR東海…と広がっていくかも知れません。遠距離通勤でジムに通う時間の余裕が無いなんて方にもぴったりのサービスですよね。
試験期間は2019 年11月26日(火)~ 2020 年 3 月 12 日(木) の109日間。試してみたいという方、ダウンロードできるのは12 月 26 日までですよ。
TRAIN’ing電車専用トレーニング→ https://apps.apple.com/jp/app/id1485351446
さて、本日のTOCOMマーケット、今朝トランプ米大統領が「香港人権・民主主義法案」に署名したことで、米中貿易協議合意に近い楽観されていた昨日までと一変し、日経平均は反落。同じリスク資産とされる原油も反落。安全資産の金は続伸しました。(郁)

【目次】
1. TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「米国のシェールオイル増産は続くのか!?」
コメンテーター:山内弘史さん(エネルギー情報ネットワーク 共同代表)
「2018年のWTIスポット価格は65.06ドル。2019年は56.45ドル、2020年は54.60ドル予測。コスト的にはあまりよろしくありません。
シェール革命は中小ベンチャー企業が始めたものですが、当初、ジャンク債市場で資金調達が行われてきました。原油価格が安価に低迷すると中小ベンチャーは採算が合わず破綻するリスクが高まりますが、近年ではオイルメジャーが、シェールベンチャーを買収しているため、破たんリスクは大きくありません。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191126211500

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております!
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20191125/

特別番組
1部『2019年第3四半期 金需給分析レポート解説』
2部『日本の投資家から見た投資における金の役割』
【出演者】
森田隆大氏(ワールドゴールドカウンシル顧問、森田アソシエイツ代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/201911wgc/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/11/27/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /11/28
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、6日ぶり反落
米中貿易協議合意に近いとの見方で朝方まで原油価格は上昇。TOCOMドバイ原油市場も夜間取引で約2か月ぶりの高値を付けましたが、今朝トランプ米大統領が「香港人権・民主主義法案」に署名したことで米中対立の激化への警戒が強まり、NY原油が下落しました。TOCOMドバイ原油市場の日中取引は、小高く始まりましたが、その後マイナス圏に沈み、円高が進んだ勢いに押されて一時下値を追う場面も。午後はやや水準を戻して小幅にもみ合いました。中心となる先限(2020年4月限)は、130円安の40,050円。その他限月は、140円~30円安。

☆金、続伸
米国の「香港人権・民主主義法案」成立で、米中対立の激化への警戒が強まり、安全資産の金市場に投資資金が流入。TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、決め手を欠き小幅にもみ合いましたが、終盤に水準を切り上げ、この日の高値で取引を終えました。中心となる先限(2020年10月限)は、9円高の5,119円。その他限月は、4円~11円高。ゴールドスポットは6円高の5,124円。金現物取引 100gは、変わらずの5,180円。

☆白金、3日ぶり反落
昨日のNY白金相場が反落し、TOCOM白金市場の日中取引も安寄りしました。その後、米中対立の激化で景気が後退し、工業用需要の減少懸念で更に水準を切り下げました。中心となる先限(2020年10月限)は、22円安の3,152円。その他限月は、30円~19円安。プラチナスポットは31円安の3,140円。パラジウムは排ガス規制によりディーゼル車からガソリン車へのシフトが進み、パラジウムの需要増が見込めることから4日続伸。一時、6,079円をつけ、約1か月ぶりに上場来高値を更新しました。中心となる先限(2020年10月限)は、81円高の6,064円。

☆ゴム、9日ぶり小反落
ゴムの木の感染症で生産が減少するとの見方が相場を支え、TOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしました。しかし、その後、香港を巡って米中対立が激化すれば中国の景気が減速しタイヤの需要などが鈍化するとの懸念で下落に転じ、大引けにかけて弱含みに推移しました。中心となる先限、RSS(2020年5月限)は、20銭安の188円30銭。その他限月は1円60銭~60銭安。TSR(2020年5月限)は、変わらずの149円10銭。その他限月も変わらず。

☆とうもろこし、続落
南米産地の天候改善で生産拡大につながるとの見方広まり、昨日のシカゴとうもろこし相場が続落。TOCOMとうもろこし市場の日中取引も小安く寄り付いた後、マイナス圏での小幅な値動きで取引を終えました。中心となる先限は110円安の23,040円。その他限月は、170円安~30円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +1.35%
2位 金 +0.18%
3位 銀 +0.17%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット -0.98%
2位 白金 -0.69%
3位 とうもろこし -0.48%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 19,118枚
2位 プラッツドバイ原油 8,026枚
3位 白金標準取引 7,927枚

全商品合計取引高(先物)45,857枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 287.14(前日比: -0.42)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・香港について その1
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/40640

・世界の金の生産量と金の埋蔵量
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/40643

・2020年、OPEC結成60周年
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40634

<参考ニュース>
・米、香港人権法が成立 中国「内政干渉だ」報復言(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52701890Y9A121C1000000/?n_cid=SPTMG002

・NY商品、原油が反落 原油在庫が予想に反して増加、金は下落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Y9A121C1000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿