◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0862 2019/12/4)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

「今年も残すところ一か月を切り、いよいよ暮れも押し〇まってまいりました」
これから年末にかけてよく聞かれるようになるあいさつです。この言葉を使う時、皆さん、〇の中に入る言葉、迷いませんか?「押し迫って」なのか「押し詰まって」なのか。
同じような意味合いで使う言葉なので、どちらでも良いと思っていらっしゃるかもしれませんが、厳密には違う意味なので、時期によって使い分けなくてはなりません。
NHKのアナウンサーは、「暮れも押し迫る」は、暮れに近くなること、「暮れも押し詰まる」は、暮れの中でも、その終わり(12月末)に近くなることの意味として使い分けるように指導されているようです。「詰まる」のほうが「より差し迫った状態」「余裕のない感じ」を意味するからだと。
つまり、今の時期でしたらまだ暮れは押し詰っていないので「暮れも押し迫ってまいりました」を使った方が良いということですね。
もうひとつ間違えやすいのが「元旦」と「元日」。
「元日」と言うべきところで「元旦」って使っている方が非常に多いのですが、「元旦」の「旦」の字を見て分かるように日が水平線(一)の上にのぼる頃…朝・明け方を表しています。つまり「元旦」は、「元日」の内の、朝だけを意味している言葉。「元旦の夜に…」と使うと言葉として成立していないのです。
ついでに、今、年賀状を書いている方も多いと思いますが、1月1日朝に確実に配達してもらえる期限の12月25日までに投函出来る方は、年賀状に「元旦」とか「元日」って書いてもいいのですが、遅れそうな人は「正月」あるいは「新春」「吉日」と書いておく方が無難ですよ。
さて、本日のTOCOMマーケット、トランプ大統領が米中合意について「選挙後まで待つという考え方も、ある意味では好ましい」などと発言し、貿易摩擦の激化が懸念され、米国株式が下落。為替が円高に振れて、リスク資産とされる原油が続落。対して安全資産の金は反発しました。白金は中国が電気自動車などの比率を高める施策を打ち出したことで需要の増加期待で反発しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~今注目のコモディティは?」
コメンテーター:松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度 第2期
第16回「信用取引応用編『回転売買』」
コメンテーター:小次郎講師
「回転売買とは、ポジションを持ち続けずに一度利益確定して、その利益をプラスして新たに仕掛けていくという方法です。
下げ相場では、利益が出る時には価格が下がっているので、より多くの枚数を仕掛ける事ができ、買いよりも利益を増やすことが出来るのです。
ただし先物取引では仕掛ける量が多くなる分、少し逆に動いただけで利益が無くなったり大きな損が出たりする事もあり注意が必要です。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191203211500

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。

今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20191202/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/11/27/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /12/4
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、4日続落
OPECの減産延長期待で昨日のNY原油相場は続伸しましたが、トランプ大統領の米中協議合意先送りを匂わす発言で為替が円高に振れたため、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は小安く寄付きました。午後はNY相場の戻りを眺めて水準を切り上げプラス圏に浮上する場面もありましたが、大引けに再びマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年5月限)は、30円安の38,570円。その他限月は、140円~40円安。

☆金、反発
米中貿易協議の合意が先送りされる可能性が意識され昨日のNY金相場が反発。TCOOM金市場の日中取引も水準を切り上げて寄り付きました。その後、決め手を欠いてしばらく横ばいで推移しましたが、終盤にNY金の底堅さを眺めて上げ幅を拡大。この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年10月限)は、40円高の5,159円。その他限月は、34円~41円高。ゴールドスポットは32円高の5,160円。金現物取引 100gは、30円高の5,210円。

☆白金、反発
中国が電気自動車など新エネルギー車の比率を高める施策を打ち出したことで、自動車触媒に使われる白金の需要増が意識され、昨日のNY白金相場が反発。TOCOM白金市場の日中取引も高寄りしました。その後、円高に頭を押され伸び悩みましたが、午後はNY相場の上昇を受けて強含みに推移しました。中心となる先限(2020年10月限)は、38円高の3,189円。その他限月は、25円~35円高。パラジウムは小幅反発。中心となる先限(2020年10月限)は、4円高の6,156円。

☆ゴム、小幅続落
東南アジアで流行しているゴムの木の感染症が、主産地のタイでは拡大しておらず、供給不安が後退したことでTOCOMゴム市場日中取引は小安く寄り付きました。その後、円高や上海相場の軟調に押されて下げ幅を拡大する場面もありましたが、終盤に始値近辺まで切り返しました。中心となる先限、RSS(2020年5月限)は、30銭安の188円70銭。その他限月は1円60銭安~10銭高。TSR(2020年5月限)は、変わらずの149円10銭。その他限月は60銭安~変わらず。

☆とうもろこし、4日ぶり反落
昨日のシカゴ市場で、小麦の大幅安に連れてとうもろこしも反落。加えての円高でTCOOMとうもろこし市場の日中取引も、安寄りしました。その後、決め手を欠いて始値を挟んで小動きを続けましたが、終盤にやや下げ幅を縮めました。中心となる先限は120円安の23,700円。その他限月は、210円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 +1.21%
2位 プラチナスポット +1.08%
3位 銀 +1.01%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.50%
2位 ゴム(RSS) -0.16%
3位 プラッツドバイ原油 -0.08%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 30,781枚
2位 プラッツドバイ原油 7,963枚
3位 白金標準取引 7,449枚

全商品合計取引高(先物)59,152枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 284.56(前日比:+0.90)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・豪州と日本の金の精製業者
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/40717

・結論先送りの可能性はゼロではない!?第177回OPEC総会に注目
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40711

・香港について その2
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/40707

<参考ニュース>
・中国、新エネ車普及25%に 25年目標を引き上げ(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52916410T01C19A2MM8000/

・NY株、一時400ドル下落 トランプ大統領の発言受け(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASMD41Q5FMD4UHBI004.html

・原油減産合意なるか 来週OPEC総会(産経ニュース)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U9A201C1000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿