◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0864 2019/12/6)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

タレントで女優の松本ちえこさんが先月お亡くなりになっていたそうです。
驚きました。まだ60歳…若すぎますよね。
「まんまる顔の女のコはいい妻になれるって私ってなれそう? ね、バスボン
ふっとい脚の女のコは強い母になれるって私ってなれそう? ね、バスボン」
この、資生堂『バスボン』石けんのCMで、ぽっちゃりに悩む女性を味方につけ
「0点なんかじゃ許さない、100点取る人大嫌い、知っているのにわざと間違える65点の人が好き、好き、好き」…ヒット曲の『恋人試験』です。この曲に頭を悩ました男性陣も多かったと多いと思います。前日まではお元気だったのに、翌朝亡くなっているのを同居するお嬢さんが発見したそうです。
死因は「大動脈瘤破裂」。2015年に俳優の阿藤快さんが69歳で亡くなったのもこの病気でした。
http://www.ncvc.go.jp/hospital/pub/knowledge/disease/aortic-aneurysm_dissection.html
大動脈とは、心臓から胸部や腹部に至る、体の中心を貫く最も太い血管で、直径は胸部で3センチ、腹部で2センチ。動脈の硬化が進み、血管が弾力を失い壁にコレステロールや老廃物がたまると、血管が瘤状に膨らみ、直径5センチ以上になると、血流を塞ぎ血管が破裂します。これが大動脈瘤破裂。腹腔内に大出血し、ショックで意識を失い、そのまま死にいたることも多い…恐ろしい病気です。更に恐ろしいのは、大動脈瘤は自覚症状がないまま大きくなる場合が殆どなのだそうです。
稀に症状が現れるケースもあって、胸部大動脈瘤の場合、声帯の動きを司っている神経が瘤で圧迫されてしわがれ声になったり、誤嚥を起こしやすくなったり、胸部や背部の痛み、血痰や息苦しさ、食物が飲み込みにくい、といった症状が出ることがあるそうです。また腹部大動脈瘤の場合は、腹部を触ったときに瘤の中を流れる血流の拍動を感じることがあったり、大動脈瘤の破裂が差し迫った場合は、腹痛や腰痛が起こることがあったりすることもあるそうです。瞬間的な痛みではなく、持続する強い痛みであることが多いということで、違和感のある重い痛みがあったらすぐに医師に診てもらった方が良いそうです。他人事だと思わないでくださいね。50~70歳代が発症のピークだそうです。
さて、本日のTOCOMマーケット、今夜のOPECプラスの会合後の記者会見や雇用統計を控えての様子見で、全体的に小動きでした。原油や石油製品は小幅に上昇。貴金属とゴムは下落しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん (FXアナリスト)
キャスター:山本 郁

前回の放送から
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
キャスター:大橋ひろこ
「アフリカ豚コレラは18年8月に中国で初めて発生が確認され、19年春までに全土に広がっています。農業農村省によると、中国全体で豚の飼育頭数は8月、前年同月に比べ約40%減っているとか。今後も中国での感染が拡大した場合、中国による食用油の輸入が増えるのは必至とみられます。
豚コレラの影響が予想外にも、米国産大豆油高、パームオイル高につながり、これが天然ゴム相場の上昇にもつながるという構図となっていますが、このところ、コーヒーや粗糖などの農産物相場が急上昇していることも、ゴム市場にも連想買いを誘う流れに。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191205211500

来週の放送予定
12月9日(月)
「イスラム教関連ビジネス」
田宮寛之さん(東洋経済新報社 編集局 編集委員)

12月10日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期
第17回「追証制度と計算法」
小次郎講師

12月11日(水)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)

12月12日(木)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」
芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)

12月13日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。

今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20191202/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/11/27/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しているんですよ。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /12/5
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、小幅続伸
5日に開催されたOPEC総会で、現行の協調減産を来年第1・四半期に日量50万バレル拡大することで合意したものの、3月以降の減産継続を決定するには至らなかったことで相殺され、昨日のNY原油相場はほぼ横這い。TOCOMドバイ原油市場の日中取引も小高く寄り付いた後、やや水準を切り下げました。ただし、夜間取引では、一時40,000円台にタッチして、約1週間ぶりの高値をつけています。中心となる先限(2020年5月限)は、210円高の39,640円。その他限月は、70円~210円高。

☆金、下落
米中の貿易協議の根強い不透明感を背景に、相対的に安全資産とされる金に投資資金が流れ、昨日のNY金相場は小反発しましたが、TOCOM金市場の日中取引は円高が重石となって安寄りし、その後も、日米の株価の上昇などを眺めて下げ幅を広げました。中心となる先限(2020年10月限)は、20円安の5,139円。その他限月は、19円~13円安。ゴールドスポットは11円安の5,147円。金現物取引 100gは、変わらずの5,210円。

☆白金、続落
TOCOM白金市場の日中取引は、円高に押されて安寄りしました。その後はNY白金の上昇と円の引き締まりの強弱材料の綱引きとなり、始値を挟んで小動きしました。中心となる先限(2020年10月限)は、14円安の3,144円。その他限月は、13円~4円安。パラジウムは、反落。中心となる先限(2020年10月限)は、9円安の6,193円。

☆ゴム、反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、昨日の上昇の反動で、小甘く寄り付きました。午前中は、昨日の終値を挟んでもみ合いましたが、午後に入ってやや水準を切り下げ、マイナス圏で推移しました。中心となる先限、RSS(2020年5月限)は、1円00銭安の197円00銭。その他限月は1円50銭安~80銭高。TSR(2020年5月限)は、変わらずの149円10銭。その他限月は変わらず~1円40銭高。

☆とうもろこし、3日続落
米農務省が昨日発表した週間の輸出売上高が低調だったことを受けて、シカゴとうもろこし相場が下落。その流れを引き継ぎTOCOMとうもろこし市場の日中取引も安寄りし、円高進行を眺めて弱含みに推移しました。中心となる先限は370円安の23,160円。その他限月は、250円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 +0.53%
2位 バージガソリン +0.30%
3位 バージ灯油 +0.16%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -1.57%
2位 ゴム(RSS) -0.51%
3位 白金 -0.44%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 18,309枚
2位 金標準取引 17,652枚
3位 白金標準取引 10,251枚

全商品合計取引高(先物)61,161枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 287.95(前日比: -0.17)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・米国が70年ぶりに石油純輸出国となる日は近い
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/40727

・なるか!?削減幅の拡大。現行の削減目標を確認
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40732

<参考ニュース>
・OPEC、日量50万バレル減産拡大で合意 拡大会合で詳細協議へ(REUTERS)
https://jp.reuters.com/article/oil-opec-idJPKBN1YA01Z

・食用油のパーム油、価格高騰続く 天井感も(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52993390V01C19A2QM8000/

・NY商品、原油は横ばい 減産期待で買い先行後伸び悩む(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W9A201C1000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿