◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0866 2019/12/10)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

今朝テレビで防寒グッズ特集を見ていて驚きました。携帯カイロや、マフラー、インナーなどなど、最先端は電池ではなくて、USB充電式なんですね。
USBで充電して温める腹巻とか、インナーベストとか、3時間から中には8時間くらい暖かさを保ってくれる優秀なものもあるようです。
電子機器に疎い私は、USBは携帯の充電をしたり、USBメモリーを使ったりするくらいしか使うことが無かったので本当に驚いたのですが、今や防寒グッズなどの携帯品だけでなく、美顔器、髭剃り、扇風機、ステレオ、ラジオ、ターンテーブル、何でもUSB給電のタイプがあるんですね。奇しくも、ネットで購入し今日届いた加湿器、USB方式でした!私としては、パソコンから少し離したところで使いたかったので、電池式かコンセントに繋ぐタイプの方が有難かったのですが…。
USB充電出来る環境にない方は、小型家電製品を購入するときに気をつけた方が良いと思います。
そんな私ですが、USB方式の携帯カイロ、一つ購入することに致しました。なんと、カイロとして使えるだけでなく、モバイルバッテリーとして使うことができるのだそうです。セカンドバッテリーが欲しいと思っている方、おススメですよ!
さて、本日のTOCOMマーケット、小動きでしたがほぼ全面高。原油はサウジアラビアが今後も自主的な日量40万バレル程度の減産を続ける方針が伝わったため、小幅ながら続伸。金は中国の景気不安を背景に小反発しました。パラジウムは昨日に続いて上場来高値を更新。天然ゴムTSRは約1か月ぶりに上昇しました。 (郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期
第17回「追証制度と計算法」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ
アシスタント:陽和ななみ

前回の放送から
「イスラム関連ビジネスで伸びる企業」
コメンテーター:田宮寛之さん(東洋経済新報社 編集局 編集委員)
「世界で一番人口が多い宗教はキリスト教ですが、増加率が高いのはイスラム教徒。
イスラム教徒は宗教上の戒律が厳しいことで知られます。有名なのは豚肉とお酒。食べることは勿論、これらを運んだ車なども、定められた方法で洗浄しない限り、その車で運んだ商品を販売したりすることは出来ないのだそうです。
イスラム教の「ハラル認証」をクリア出来れば、人口が増加しマーケットが更に広がるイスラム教徒向けに、ビジネスをすることが出来るのです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20191209211500

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。

今週の番組
【CX】原油相場は想定外の減産で上昇期待
【CX】5つの急上昇している商品相場
【金】2020年の金相場
【原油】OPEC総会で大幅な減産
コメンテーター:小針秀夫(トーキョートレーダーズタイムズ代表)
キャスター:山本郁

【金】2020年の金相場~基本トレンドは上向き維持 【原油】OPEC総会で大幅な減産~サプライズはどこまで通用するのか

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/12/4/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2019 /12/10
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、4日続伸
OPECの協調減産を好感した買いも一巡。利益確定の売りも入り、昨日のNY原油相場は反落しました。しかしサウジアラビアが今後も自主的な日量40万バレル程度の減産を続ける方針が伝わったことを理由に、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は高寄りし、その後も円の軟化を眺めてやや水準を切り上げました。中心となる先限(2020年5月限)は、220円高の40,190円。その他限月は、80円~190円高。

☆金、3日ぶり小反発
昨日のNY金相場は続落しましたが、中国経済の減速が意識されたことや日米株安を受けて、安全資産の金に投資資金が向かい、TOCOM金市場の日中取引は小高く寄り付きました。その後は決め手材料を欠いたため、小幅な値動きで終わりました。中心となる先限(2020年10月限)は、6円高の5,097円。その他限月は、1円~6円高。ゴールドスポットは1円安の5,097円。金現物取引 100gは、10円高の5,160円。

☆白金、4日ぶり反発
主要産地の南アフリカ共和国の国営火力発電所で、発電量が減少する可能性が伝わり、精錬所の稼働率が低下し白金の供給が減るとの懸念から、白金相場が上昇。TOCOM白金市場の日中取引は小確りと寄り付いた後、NY白金相場の上昇を眺めて上げ幅を広げました。中心となる先限(2020年10月限)は、24円高の3,151円。その他限月は、19円~27円高。プラチナスポットは22円高の3,135円。パラジウムは、続伸。夜間取引で一時6,246円をつけ、昨日に続き上場来高値を更新しました。中心となる先限(2020年10月限)は、23円高の6,229円。

☆ゴム、RSS続伸、TSR急伸
天然ゴムの最大の需要国である中国で環境規制の強化から大型トラックの買い替えが進み、タイヤの需要好調が意識されゴム相場が上昇。TOCOMゴム市場の日中取引、RSSは小安く寄り付きましたがその後、上海相場の堅調と円相場がやや軟化したことから切り返し上げ幅を広げました。中心となる先限、RSS(2020年5月限)は、1円10銭高の198円40銭。その他限月は30銭安~1円10銭高。TSR(2020年6月限)は急伸。14円20銭高の163円30銭。その他限月は変わらず。

☆とうもろこし、続伸
米農務省が今夜発表する需給報告で期末在庫が増加の見通しであること、また南米産地の天候回復で生産量が増加し需給が緩むとの懸念で、昨日のシカゴ相場は下落しました。TOCOMとうもろこし市場の日中取引は円の軟化にサポートされて小確りと寄り付き、その後もやや上げ幅を広げました。中心となる先限(2020年11月限)は80円高の23,440円。その他限月は、変わらず~120円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) +9.52%
2位 白金 +0.77%
3位 プラチナスポット +0.71%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴールドスポット -0.02%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 プラッツドバイ原油 14,444枚
2位 金標準取引 10,805枚
3位 白金標準取引 7,200枚

全商品合計取引高(先物)41,667枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 289.65(前日比:+0.92)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
みんコモ
・“美しすぎる”追加減産の動機 追加減産の動機は美辞麗句だらけ
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/40774

・週刊石油展望
【著者】三浦 良平
https://column.cx.minkabu.jp/40768

・減産幅拡大でも供給過剰改善には不十分
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/40762

<参考ニュース>
・NY商品、原油が反落 中国貿易統計受け世界景気に懸念(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q9A211C1000000/

・中国、11月輸出は予想外の減少 輸入は4月以来の増加(朝日新聞)
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKBN1YC04A.html
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿