◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0884 2020/1/9)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

以前、日本のコンビニのタマゴサンドが海外観光客から大人気という話をしましたが、タマゴサンドとコーヒーの相性の良さに驚いた私。それからしばらく毎日のように昼食にタマゴサンドを食べていました。一度ハマるとしつこくリピートする癖があるのです。
今、ハマっているのは、ファミリーマートの「熟成さばおむすび」。金色のパッケージに包まれたいかにも高級感が漂う一品で、税込み158円。
https://www.family.co.jp/goods/omusubi/0416597.html
昨年末から、仕事のある日はほぼ毎日、TOCOM近所のファミマで買って来て、このメルマガを書きながら食べています。
びっくりするほど大きな鯖の切り身がドーンと入っていて、これが凄く脂が乗ってて美味しいのです。うっかり膝に落とそうものなら、油染みが出来てしまうので気をつけなくてはならないほど。
おにぎりとしてはなかなか値が張りますが、下手なお店で焼き鯖定食を食べるよりも満足感が得られること間違いなしです。同じシリーズに「大きな鮭はらみ」198円https://www.family.co.jp/goods/omusubi/0416603.html と、「いくら醤油漬け」220円https://www.family.co.jp/goods/omusubi/0416610.html があります。時々鯖が売り切れている時があって、鮭やいくらも食べてみたことはあるのですが、私の好みでは鯖の美味しさが際立っていたのです。
ところがです。自宅近くのファミマで同じ「熟成さばおむすび」を買って食べてみたら、不味くてびっくり。ご飯の炊き方が下手なんです。硬くてぼそぼそしていて。どうやら、一口にファミマの「熟成さばおむすび」と言っても、製造者によってかなり味が変わってくるようなのです。
それからというもの、おにぎりを買う時に必ず製造者を確認するようになったのですが、同じファミマの店舗でも、おにぎりの種類によって製造者が違うことにも気づきました。
年末からのわずか一か月という少ないデータではありますが、私のおススメは「(株)ファーストフーズ 八王子工場」が製造したおにぎりです。ふっくらとして艶やかで甘いご飯に炊けています。名前は伏せますが、いくらの方を納めている会社のご飯は私の口にはイマイチ…。新潟県民はごはんにうるさいのです。是非、参考にして下さい。
さて、本日のTOCOMマーケット、昨日大きく上昇した金と原油は、一転して大幅に下落しました。パラジウムは初めて7,000円超え。今日も上場来高値を更新しています。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
「専門家の目~2020年のコモディティ展望」
コメンテーター:新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)
「米国とイランの対立激化がコモディティ市場では原油、ゴールド価格を大きく押し上げています。原油価格はイランを包含する有事発生によりホルムズ海峡封鎖リスクを意識せざるを得ず、これが本格的な開戦ということになればアブカイク攻撃時に試したWTI価格で75ドルをトライ、90ドル程度まで上昇する可能性が否定できません。
貴金属は米・イラン情勢の緊張を受けた原油価格の高騰が実質金利を押し下げており、金銀とも年初から大幅な上昇となっています。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200108180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20200106/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2019/12/19/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/1/9
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、急落 
トランプ大統領がイランに対する報復攻撃を否定したことで米国とイランの武力衝突の可能性が低下し、中東の原油供給が細るとの観測が後退。NY原油相場は大幅に下落し一時は59.15ドルと昨年12月12日以来の安値を付けました。TOCOMドバイ原油市場の日中取引も大きく水準を切り下げて寄付き、その後は決め手材料を欠き、始値を挟んでの小動きで終わりました。中心となる先限(2020年6月限)は、1,560円安の41,810円。その他限月は、1,810円~1,480円安。

☆金、大幅反落
米イラン間の緊張が後退したとの見方から、安全資産としてこのところ上昇を続けていた金は下落に転じました。TOCOM金市場の日中取引も大幅に水準を切り下げて寄り付きましたが、その後は根強い世界景気減速懸念と円の軟化にサポートされて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年12月限)は、89円安の5,435円。その他限月は、93円~87円安。ゴールドスポットは95円安の5,463円。金現物取引 100gは、90円安の5,520円。

☆白金 3日続落、パラジウム 急騰 上場来高値更新
金相場の下落に連れて同じ貴金属の白金も水準を切り下げました。TOCOM白金市場日中取引は、NY相場の下落を眺めて夜間取引で急落した流れを引き継いで、大幅安で寄り付きました。その後は円相場の軟化を受けてやや水準を切り上げました。中心となる先限(2020年12月限)は、28円安の3,353円。その他限月は、27円~20円安。プラチナスポットは21円安の3,343円。パラジウムは、連騰し初めて7,000円を突破。一時7,114円を付け、4日続けて上場来高値を更新しました。中心となる先限(2020年12月限)は、245円高の7,080円。終値ベースでも上場来高値更新です。

☆ゴム、反落
競合する合成ゴムの原料となる原油が大幅安となったことから、TOCOMゴム市場の日中取引も、反落して始まりました。その後は株高を好感しプラス圏に浮上する場面もありましたが、上海ゴムの軟化を受けて再びマイナス圏に沈みました。中心となる先限、RSS(2020年6月限)は、1円60銭安の201円00銭。その他限月は2円40銭~80銭安。TSR(2020年7月限)は、20銭安の166円00銭。その他限月は1円70銭~60銭安。

☆とうもろこし、5日ぶり反発
昨日まで4日続落していたTOCOMとうもろこし相場。米国とイランの緊張緩和を受けて夜間取引から上昇を始めました。日中取引は高寄りし、その後、円相場の軟化にもサポートされて強含みに進行しましたが、大引けに若干水準を切り下げました。中心となる先限(2021年1月限)は230円高の24,440円。その他限月は、変わらず~340円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +3.58%
2位 中京ガソリン +1.72%
3位 とうもろこし +0.95%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -3.60%
2位 バージガソリン -2.95%
3位 バージ灯油 -2.76%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 67,515枚
2位 プラッツドバイ原油 21,633枚
3位 白金標準取引 15,503枚

全商品合計取引高(先物)131,617枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 306.01(前日比:-7.66)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・米国によるイラン要人殺害事件の背景 その3
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41046

・2020年は金、原油高で幕を開けた
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/41037

<参考ニュース>
・NY商品、原油が大幅続落 米イランの武力衝突の懸念薄れ 金は11日ぶり反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Z00C20A1000000/

・トランプ氏、軍事力行使望まず 対イラン追加制裁表明(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54192930Z00C20A1000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿