◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0885 2020/1/10)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

今年小学校に入学するお子さんのいるご家庭では、もうランドセルの準備はほぼ終わっているのでしょうね。ランドセル商戦って、私たちが子どもの頃からは考えられないほど早まっているんです。
1年前の春には翌年新入学の子どもたちに向けたランドセルの新作発表会が行われ、夏に予約開始、秋には人気商品はほぼ完売し、年が明けてからはバーゲンセールが行われる…というサイクルなのだそうです。プラス思考で考えれば、今、掘り出し物を安く購入出来るチャンスの時期ということですね。
さて、買って貰った時には抱っこして寝床に入ったほど、とても大事にしていたランドセルですが、1年経ち2年経ちするうちに、落書きしたり、喧嘩の時には武器や防具にしたり、時には学校帰りに遊んだ公園に置き忘れちゃったりしたことも。橇の代わりにお尻に敷いて雪山の斜面を滑り降り、父からこっ酷く叱られたこともありました。
結構雑な扱いもしてしまったランドセルですが、思い出がいっぱい詰まっていて、処分するときにはさすがに涙が出たものです。
捨てるのはしのびなくて、納戸の隅でほこりを被っているお宅もあるのではないでしょうか。そんな大切なランドセル、アフガニスタンの子どもたちにプレゼントして再び活躍の場を与えてあげるのはいかがでしょう?
ランドセル大手のクラレでは、紛争と混乱が続くアフガニスタンの子どもたちに学ぶ喜びを知るきっかけにしてもらいたいと、2004年から毎年、国際貢献活動「ランドセルは海を越えて」を行っています。https://umigoe-randoseru.com/ 
全国から送られてきた使用済みのランドセル、年平均約8,000個、去年までの16年間で12万個が海を渡り、アフガニスタンの子どもたちを笑顔にしているのだそうです。
今年は、3連休最後の13日(月)13:30分から受付が始まります。ランドセルを寄付したいという方は、https://umigoe-randoseru.com/about.html こちらからご応募下さい。ただし、宗教上の理由で一か所でも豚皮が使われていると、アフガニスタンの子どもたちはそのランドセルを使うことが出来ません。サイトに豚皮の見分け方も載っていますので必ず確認してくださいね。3月中旬ころまで受けつけを行うそうです。
さて、本日のTOCOMマーケット、米イランの緊張後退で金・原油は続落しましたが、白金は、主要生産国の停電で4日ぶりに反発しました。またとうもろこしは米農務省の在庫が減少するとの思惑で続伸です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
「8日未明のトランプ大統領の声明により、イランと米国が本格的な戦争には突入しないのではないかとの見方が広がったことで、原油価格は急反落となっています。
1990年8月にイラクがクウートに進行して始まった湾岸戦争で原油価格は20ドルから40ドルへ2倍に跳ね上がったものの、その後の反落で再び20ドルまで下落し、行って来いとなったことなど、過去の事例からも今回も原油高は長期化しないと思われます。
地政学リスクによって押し上げられたプレミアムは、その懸念が払拭すれば剥落します。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200109180000

来週の放送予定
1月14日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第3回「RSI研究(後編)」
小次郎講師

1月15日(水)
「専門家の目~今注目すべきコモディティは?」
小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)

1月16日(木)
「専門家の目~商品相場の現状と見通し」
江守 哲さん(エモリキャピタルマネジメント 代表取締役)

1月17日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20200106/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2020/1/8/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/1/10
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、小幅続落 
米国とイランの対立激化への懸念後退で原油の供給不安が和らいだことに加え、EIA(米エネルギー情報局)の在庫が市場予想に反して増加していたことで、昨日のNY原油相場は続落。TOCOMドバイ原油市場の日中取引は、円安にサポートされて小安く寄り付いた後、取引中のNY相場の下落を眺めてやや下げ幅を広げました。尚、夜間取引では、一時41,240円と約一か月ぶりの安値をつけました。中心となる先限(2020年6月限)は、170円安の41,640円。その他限月は、180円~30円安。

☆金、続落
中東情勢の悪化懸念が後退したことで、NY金相場は下落。TOCOM金市場の日中取引は円安に相殺されて小高く寄り付きましたが、その後、円相場は動意を欠いたため、NY相場の軟化を眺めてマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年12月限)は、13円安の5,440円。その他限月は、19円~9円安。ゴールドスポットは7円安の5,456円。金現物取引 100gは、10円安の5,510円。

☆白金 4日ぶり反発、パラジウム 反落
主産地である南アフリカ共和国で昨日から計画停電が続いており、供給懸念から白金が反発。また株価が上昇したことも、景気に敏感な白金相場を押し上げました。TOCOM白金市場の日中取引は大幅高で寄り付きましたが、その後、NY相場の下落を眺めて水準を切り下げ、午後はほぼ横這いでした。中心となる先限(2020年12月限)は、49円高の3,402円。その他限月は、45円~48円高。プラチナスポットは48円高の3,391円。パラジウムは、夜間取引で寄り付き後に急落し、その後も軟調に推移しました。中心となる先限(2020年12月限)は、62円安の7,018円。

☆ゴム、小反発
上海ゴム相場の下落や、原油相場の軟調を眺めてTOCOMゴム市場の日中取引 RSSは安寄りしました。しかし、その後は円安に支えられ、小幅ながらプラス圏で取引を終えました。中心となる先限、RSS(2020年6月限)は、40銭高の201円40銭。その他限月は50銭安~1円10銭高。

☆とうもろこし、続伸
明日未明に発表される米農務省統計の生産高や期末在庫が、前回予想より減少するとの思惑でTOCOMとうもろこし市場の日中取引は続伸。高寄り後も徐々に水準を切り上げました。日中取引は高寄りし、その後、円相場の軟化にもサポートされて強含みに進行しました。中心となる先限(2021年1月限)は300円高の24,740円。その他限月は、変わらず~200円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 白金 +1.46%
2位 プラチナスポット +1.44%
3位 とうもろこし +1.23%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -0.88%
2位 バージガソリン -0.63%
3位 プラッツドバイ原油 -0.41%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 34,497枚
2位 プラッツドバイ原油 15,646枚
3位 白金標準取引 13,238枚

全商品合計取引高(先物)80,169枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 305.46(前日比:-0.55)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・中東危機で上昇強める石油市況のこれから
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/41060

・イラン要人殺害事件は、OPECプラスの減産順守率の上昇要因
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41053

<参考ニュース>
・NY商品、原油が3日続落 中東懸念の後退を受けた売り続く(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q0A110C2000000/

・英下院、EU離脱法案を可決 1月末に実現へ(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54248220Q0A110C2EA2000/
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿