◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0886 2020/1/14)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

「収入を得ながら、自宅で子供に海外留学を経験させられる!」と今、主婦の間で注目を集めている新しいサービスがあります。
それは、日本を訪れる外国人観光客を自宅に招いて、日本食の作り方を教えるサービス。
日本旅行と言えば、京都や奈良、浅草といった和を感じるスポットを訪れる観光が人気ですが、有名観光スポットはもう何度も行ったというリピーター客に、今、日本文化の体験型ツアーが、人気を集めているのです。着物でお茶の作法を体験したり、豪雪地域で雪遊びや雪かきの体験をしたり。また、秋葉原のメイドカフェに行ったり、フクロウカフェに行ったり、スーパーマリオのキャラクターやドラえもんに扮してカートで公道を走るのも人気なんですって…渋谷近辺でよく見かけますよね。
そんな中で今、上位にランクインしているのが、料理教室なんです。
家庭の主婦が、ご飯の炊き方、味噌汁の作り方といった基本の料理から、肉じゃが、巻き寿司と言った和食の作り方を自宅のキッチンで教えるというもの。「外国人人気体験ツアー」で検索すると必ず出てきます。人気講師になると、月に80人教えて50万円の収入を得ている…なんて人もいるそうです!子どもが外国人と交流する機会にも繋がるし、一石二鳥というわけです。
個人でHPを立ち上げて運営している人もいますが、料理を習いたいという外国人観光客とマッチングしてくれるサイトに登録する方法もあるんですね。
「airKitchen」https://airkitchen.me/host.php
こちらでは、登録は無料。体験参加料をいくらにするか料金設定は自由。平均で、参加者一人6,000円程度で、その1割を納めれば良いというシステム。
アメリカやカナダ、オーストラリアなど、英語圏をメインにこれまでに世界で80カ国以上の国々からの旅行者が利用しているそうです。
主婦に限らず、副業OKの会社だったら、週末だけでも可能ですよね。語学を活かして何か収入を得たいって考えている人、いかがでしょうか?
さて、本日のTOCOMマーケット、為替の円安にサポートされたものの、中東情勢の悪化懸念後退で原油や金は続落しました。一方、米中貿易摩擦の緩和ムードを好感し、ゴムは2年ぶりの高値、とうもろこしも6か月ぶりの高値をつけました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第3回「RSI研究(後編)」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ
アシスタント:陽和ななみ

前回の放送から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
「年始から今日までのドル/円は、107.64~109.60で動きました。
イランがイラクにある米軍駐留基地にミサイルを発射し、108.50付近から一気に107.64まで円が買われました。しかし、その日の東京市場前引け後には全戻しとなり、さらにトランプ大統領がイランへの報復を否定したことで結局ドル/円は109.24まで上昇しました。
地政学的リスクが後退し、米株は再び3指数史上最高値を更新し、ドル/円は109.60をつけました。これは年末に取引を終えた水準と同じです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200110180000
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20200106/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2020/1/8/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/1/14
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日続落 
中東情勢への懸念後退でNY原油相場が下落したのを受け、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は安寄りしました。その後、円相場の軟化を眺めて一旦は下げ幅を縮めたものの、終盤に再び水準を切り下げました。中心となる先限(2020年6月限)は、330円安の41,310円。その他限月は、390円~270円安。

☆金、小幅続落
NY金相場の戻りと円安を受け、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしましたが、その後、NY相場の軟調を映して水準を切り下げ、小幅ながらマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年12月限)は、4円安の5,436円。その他限月は、11円~4円安。ゴールドスポットは14円安の5,442円。金現物取引 100gは、変わらずの5,510円。 1kgは、5,490円。

☆白金 続伸、パラジウム 反発
TOCOM白金市場の日中取引は、夜間取引の堅調を引き継いで高寄りしましたが、取引中のNY相場の弱地合いを眺めて上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年12月限)は、20円高の3,422円。その他限月は、14円~21円高。プラチナスポットは11円高の3,402円。パラジウムは、反発。中心となる先限(2020年12月限)は、80円高の7,098円。

☆ゴム、大幅続伸
連休中に上海ゴム相場が上昇し、かつ円相場は下落したことからTOCOMゴム市場の日中取引は大幅に水準を切り上げて寄り付きました。その後も米中貿易摩擦の緩和を受けたリスク選好ムードが支えになり、上げ幅を拡大。RSSは一時208円20銭と約2年ぶりの高値をつけました。中心となる先限、RSS(2020年6月限)は、6円40銭高の207円80銭。その他限月は1円20銭~6円10銭高。TSR(2020年7月限)は6円50銭高172円30銭。その他限月は4円40銭~5円70銭高。

☆とうもろこし、3日続伸
米中貿易協議の第1段階合意の署名を明日に控え、シカゴ相場が水準を切り上げたことに加え、為替の円安を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は高寄りしました。その後も円安にもサポートされ、午前中に何度か25,000円台に乗せ、25,080と昨年7月以来の高値をつけました。午後はやや水準を切り下げました。中心となる先限(2021年1月限)は240円高の24,980円。その他限月は、120円~300円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) +3.92%
2位 ゴム(RSS) +3.18%
3位 パラジウム +1.14%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 中京ガソリン -1.70%
2位 バージ灯油 -0.85%
3位 プラッツドバイ原油 -0.79%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 31,519枚
2位 プラッツドバイ原油 16,581枚
3位 白金標準取引 12,917枚

全商品合計取引高(先物)78,400枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 304.48(前日比: -0.98)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・期近限月と期先は事情が異なる!?
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/41074

・イラクは協調減産開始後、最も原油生産量を増やしている国
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41084

・ゴム週刊情報
【著者】小網太郎
https://column.cx.minkabu.jp/41079

<参考ニュース>
・円、110円22銭近辺まで一段安 対ユーロは半年ぶり安値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0IMF03_U0A110C2000000/

・NY商品、原油続落 中東リスク後退で一時1カ月ぶり安値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U0A110C2000000/
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿