皆さまこんにちは、陽和ななみです。

 

今週13日には成人の日がありましたね。

新成人の皆さま、おめでとうございます。

 

年金不足問題や少子高齢化が問題視されている今、これからの世の中を生きていくためには投資の知識は必要不可欠だなと感じています。

私も投資に対して正しい知識を広める1人として微力ながら頑張っていきたいと身が引き締まる思いです!

 

 

さて、トレードラジオ講座では先週に引き続き小次郎講師にRSIについて教えて頂きました。

 

IMG_8068

 

ある日数の中で価格が上がった日数と下がった日数を見ている「サイコロジカルライン」という物があります。

例えば10日間の中で上がった日が9日、下がった日が1日とするとサイコロジカルラインの数値は90%となります。

 

ですがもし、9日間毎日10円ずつ上がり最後の1日で100円下がったとしたら下げ幅の方が上げ幅よりも大きくなりますよね。サイコロジカルラインではこのような場合でも結果は90%と出てしまい、買い勢力がかなり強いという結果になってしまいます。

 

上昇、下降した「幅」も大事なんですね。

そこで誕生したのがRSIだそうです。

 

 

2日間上がって1日下がるという上昇相場の基本を考えた時には、毎日10円ずつ動くと仮定すると「20円上がって10円下がる」なのでRSIの数値は「約66.7%」となります。

 

この逆に基本的な下降相場の数値は「約33.3%」となります。

 

 

とすると、RSIが70%以上というのは基本の形よりも上昇力が強い、30%以下は基本の形よりも下降力が強い、ということなので「買われすぎ・売られすぎ」と逆張りするのは間違った考え方なのですね。

 

 

放送では計算式や実際にRSIを使ってトレードする際の注意点についても教えて頂いていますので、是非オンデマンド配信でお聞きください!

 

 

 

TOCOM投資スクールでは毎回直近で注目すべきニュースをクイズにしていますが、なんと今回全問正解した方はお1人でした!

おめでとうございます!

 

CIMG3597

 

一番正解した方が少なかったのは、クリプト(仮想通貨)のレバレッジについての問題でした。

 

今までは業界の自主規制でレバレッジ4倍となっていたところから、改正金融商品取引法内閣府令で2倍までになると発表されました。

今年の春に正式に定められるようですね。

 

CIMG3588

 

業界の自主規制だった物が金融商品取引法によって規制されるようになると、決められたルールの中で正しく執り行っている業者が守られ、ルールを守らない業者は淘汰されていくという事で投資家にとっては良いそうです。

 

 

今増えてきているキャッシュレス決済のように、これからクリプトがどんどん生活に密接になっていくかもしれません。

 

その場合には価格変動があまりに大きいと使用する際に困ってしまいます。

今の為替相場のように、変動はあれど緩やかな変動が望ましいんですね。

 

制度や価格変動がこれからどのように変化していくのか、注目したいと思います。

 

CIMG3613

 

それではまた来週お会い致しましょう!

 

陽和ななみ

 

関連投稿