◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0889 2020/1/17)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

資格試験を受けなくてはならないのに勉強が捗らない…。サクサク仕事を片付けたいのにどうも集中力が続かない…。そんな時、どうしていますか?
必要に迫られて調べてみると、集中力を高めるのに効果がありそうな方法がいくつか見つかりました!
まず、「集中力と強い関わりのある脳波=アルファ波を意図的に出す」という方法。リラックスした時にアルファ波は出やすくなるので、ヒーリングミュージックを聴いたり、柑橘系のアロマオイルを使ったりすると効果的なのだそうです。
「糖分を補給する」のも効果的な方法。人間の消費エネルギーの内、約20%は脳が使っているんですって。ドリンクよりは固形物の方が、咀嚼をするので脳に刺激が与えられて良いそうです。尚且つ、美味しいと思えるものだとα波が出るので一石二鳥。
そして、最も効果的と思えるのが、「耳や目から入る外部の情報を遮断する」という方法。
聴覚情報を遮断するといえば耳栓。今、とても優秀な耳栓があるんですね。特定周波数の音量調整が可能なので、雑音をカットして、人の呼びかける声など必要な音だけを聴くことができるそうです。
こんなものを見つけました。『dBud(ディーバッド)』スウェーデン発の次世代のイヤープラグ。スライド操作するだけで音をクリアにすることが出来るんですって。 https://plusultra-dbud-earplugs.jp/
資格情報の遮断には、こんなものありましたよ。今日1月17日に発売になったばかりの、集中できる環境をつくるメガネ『Zoff +集中』。メガネブランドZoffが、競争馬が前方に集中するために装着する馬具「ブリンカー」から着想を得て開発したメガネなんです。https://www.zoff.co.jp/shop/contents/shuchu.aspx
メガネのフレームにマグネット式のフードを装着することで、視界を狭くして余分な視覚情報をカットし、脳の「前頭眼野」に対する負荷を軽減。そのため目の前の作業への集中を高めることが出来るメガネなんですって。受験生のお子さんにも役に立ちそうですね。
私もこれを使って、ねこ検定に向けて集中して勉強したいと思います。
さて、本日のTOCOMマーケット、貴金属は今日も好調です。金は、円安とNY高を受けて上伸。白金は大引けにプラス圏に浮上し5日続伸。パラジウムは今日も上場来高値更新です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~商品相場の現状と見通し」
コメンテーター:江守 哲さん(エモリキャピタルマネジメント 代表取締役)
「地政学リスクが年初原油価格を急騰させましたが、実際に供給障害が起こったわけではない中で、本格的リスクへと発展しなかったことから急騰分はきれいに剥落しました。
需給の緩い原油はさえない展開が続くのでしょうか。
これまでOPECの石油生産量は世界シェア30%を超えていましたが今月発表されたOPEC月報では29.4%にまで低下しています。米国が世界一の原油生産大国へと躍り出た今、OPECの減産が原油価格を押し上げる力には限界が。しかしながら、米国のシェール生産もコストに見合わなければ生産を停止してしまいます。
米国にも原油価格をコントロールする力があると見ることもできますが今年は大統領選挙年。自動車社会である米国のガソリン高は選挙にも影響が。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200116180000

来週の放送予定
1月20日(月)
「2020年、投資戦略に重ねたいわが家の変化」
野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)

1月21日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第4回「ストキャスティクス研究(前編)」
小次郎講師

1月22日(水)
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
大場紀章さん(エネルギーアナリスト)

1月23日(木)
「専門家の目~世界の金の動き」
池水雄一さん(日本貴金属マーケット協会 代表理事)

1月24日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん (FXアナリスト)
□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20200114/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2020/1/15/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/1/17
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 続伸 
米中政府が貿易協議の第1段階の合意文書に署名したことに加え、米上院がNAFTAに代わる新協定「USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)」の実施法案を承認したことなどを背景にNY原油相場が反発。TOCOMドバイ原油市場の日中取引も高寄りしました。しかしその後、NY相場の上昇一服を眺めて水準を切り下げました。中心となる先限(2020年6月限)は、170円高の41,500円。その他限月は、20円安~170円高。

☆金、上伸
米株式市場でダウ工業株30種平均が大きく上昇したため、NY金相場は反落しましたが、円安にサポートされて、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、更なる円相場の軟化とNY金相場の戻りを眺めて上げ幅を拡大し、5営業日ぶりに5,500円台に乗せました。中心となる先限(2020年12月限)は、22円高の5,503円。その他限月は、3円~30円高。ゴールドスポットは25円高の5,510円。金現物取引 100gは、変わらずの5,550円。

☆白金 5日続伸、パラジウム 上場来高値3日連続更新
この所の白金高の流れで昨日のNY白金相場は一時1,041ドルまで上昇。TOCOM白金市場も夜間取引で一時、3,679円と2017年2月以来の高値を付けました。その後、大きく水準を切り下げて、日中取引はマイナス圏で寄り付き小動きしていましたが、終盤にプラス圏に切り返しました。中心となる先限(2020年12月限)は、8円高の3,592円。その他限月は、4円安~18円高。プラチナスポットは10円高の3,577円。パラジウムは、大幅続伸。一時7,650円と3日連続で上場来高値を更新しました。中心となる先限(2020年12月限)は、144円高の7,584円。終値ベースでも上場来高値更新です。

☆ゴム、RSS軟調
TOCOMゴム市場の日中取引は、円相場の軟化や上海ゴム相場の上昇を映し、高寄りしました。ただし、その後は、上海相場の下落を眺めて水準を切り下げ、マイナス圏で推移しました。中心となる先限、RSS(2020年6月限)は、80銭安の206円20銭。その他限月は2円00銭~10銭安。TSR(2020年7月限)は、1円90銭高の174円30銭。その他限月は2円10銭~2円50銭高。

☆とうもろこし、3日続落
南米産とうもろこしの豊作観測で需給の緩みが意識され、昨日のシカゴとうもろこし相場は約1カ月ぶりの安値水準となりました。その流れを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引も安寄りし、その後もプラス材料が見当たらず、マイナス圏で推移しました。中心となる先限(2021年1月限)は240円安の24,250円。その他限月は、440円安~変わらず。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +1.94%
2位 ゴム(TSR) +1.10%
3位 ゴールドスポット +0.46%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし -0.98%
2位 ゴム(RSS) -0.39%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 白金標準取引 29,998枚
2位 金標準取引 20,324枚
3位 プラッツドバイ原油 14,048枚

全商品合計取引高(先物)80,368枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 307.19(前日比:+1.02)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・実勢悪からトウモロコシは一段安
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/41133

・40年ぶりの高値をつけた金相場のこれから
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/41117

・2021年12月、米国の原油生産量は日量1400万バレルに達する!?
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41123

<参考ニュース>
・NYダウ、267ドル高で最高値更新 米経済の底堅さ意識(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54496210X10C20A1000000/

・NY商品、原油が反発 景気懸念の後退で、金は小反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X10C20A1000000/

・米議会が新NAFTA法案を承認、トランプ氏が近く署名(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54495900X10C20A1000000/
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿