◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0892 2020/1/22)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

突然ですが、カレーが好きな人―!?
きっと10人中9人は手を挙げられますよね。ラーメンと並ぶ国民食であるカレーライス。同じインスタントルーを使っても、家によって味が変わりますし、また隠し味にチョコを入れるとか、味噌を入れるとか、自分ならではの美味しいレシピがあったりしますよね。ちなみに私は、一切水を入れず、炒めた野菜にそのままインスタントのルウを絡めて野菜から出る水分だけで作る無水カレーが好きです。甘みと辛味が濃くなって美味しいんです。
今日はカレーの日。70年前の1月22日、初の市販向け国産カレー粉「赤缶」をS&B(エスビー食品)が発売した日だからなのだそうです。その辺の話が詳しく紹介されている記事をみつけましたので、良かったらどうぞ!https://www.nttcom.co.jp/comzine/no090/long_seller/index.html
さて、本題です。そのカレーの日にちなんで、エスビー食品が、「カレーアンバサダー」の募集を始めました。
アンバサダーの任期は3月~8月までの6ヵ月間。この間、エスビー食品のカレー関連商品が毎月送られてくるので、それでおいしいカレーを作って、SNSなどで、カレーの魅力を紹介し、カレーで世の中を明るく楽しくするお手伝いをするという任務です。限定イベントにも招待して貰えるんですって。
カレーを作るのが大好きで、カレーには一家言あるぞ!なんて方、応募してみてはいかがでしょう。募集は約30~50名程で、応募期間は今日から2月11日までだそうです。https://www.sbfoods.co.jp/ambassador/
ちなみに、エスビー食品のSとBは何の略語かご存知ですか?「SPICE & HERB」の最初と最後をとった…というのが今では通説になっていますが、もともとは、エスビー食品の前身の「日賀志屋」時代、1930年に制定した商標が「ヒドリ」(太陽と鳥)だったので、「太陽=Sun」と「鳥=Bird」の頭文字の「S&B」を商標に併記したのが始まりなんですって。ちょっとした豆知識でした。
さて、本日のTOCOMマーケット、このところ強い基調だった貴金属が揃って下落しました。とうもろこしは反発。安寄りしましたが、新たな中国向け輸出成約を期待したシカゴ相場の上昇を眺めてプラス圏へと切り返しました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」
コメンテーター:大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第4回「ストキャスティクス研究(前編)」
コメンテーター:小次郎講師
「ストキャスに出てくる3つの線は、%K(パーセントケー)、%D(パーセントディー)、S%D(スローパーセントディー)
そして計算式は、%K=(C-Ln)/(Hn-Ln)×100、Cが当日終値、Hnは当日を含めた過去n日間の最高値、Lnは当日を含めた過去n日間の最安値
%Kの計算式だけでこのボリュームです。頭から出た煙が止まりそうにありません。
ですがこの計算式、実は難しくないのです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200120180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20200120/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2020/1/15/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/1/22
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 小幅反発 
昨日反落したNY原油相場が、やや水準を戻しきてたのを眺めて、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は小高く寄り付きました。その後は、為替相場が円安に振れる一方でNY原油が軟化し、強弱材料の綱引きでもみ合いながら上げ幅を縮めました。中心となる先限(2020年6月限)は、10円高の41,130円。その他限月は、80円安~変わらず。

☆金、4日ぶり反落
前日NY金相場が下落した流れを受けてTOCOM金市場の日中取引は安寄りしました。その後も、NY金の軟調地合いを眺めて水準を切り下げ、この日の安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2020年12月限)は、49円安の5,483円。その他限月は、52円~46円安。ゴールドスポットは48円安の5,491円。金現物取引 100gは、30円安の5,550円。

☆白金 続落、パラジウム 7日ぶり反落
昨日のNY白金相場が大幅に下落した流れを引き継ぎTOCOM白金市場の日中取引も大きく水準を切り下げて寄り付きました。その後、下値を追う場面もありましたが、午後はNY相場の戻りを映して下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年12月限)は、59円安の3,544円。その他限月は、70円~61円安。プラチナスポットは63円安の3,515円。パラジウムは、7日ぶり反落。大幅に水準を切り下げて寄り付き、午後は強含みに推移しましたがプラス圏には届きませんでした。中心となる先限(2020年12月限)は、110円安の7,826円。

☆ゴム、4日続落
上海ゴム相場の下落を眺め、TOCOMゴム市場の日中取引も安寄りしました。その後も上海相場の軟調を受けて下げ幅を拡大。一時187円20銭と、約1か月半ぶりの安値に沈む場面もありました。中心となる先限、RSS(2020年6月限)は、1円60銭安の191円40銭。その他限月は2円10銭~1円00銭安。TSR(2020年7月限)は、20銭安の167円50銭。その他限月は10銭安~10銭高。

☆とうもろこし、反発
TOCOMとうもろこし市場の日中取引は昨日の下落の流れを受けて小安く寄付きましたが、その後、取引中のシカゴの堅調を眺めて切り返し円安にもサポートされてこの日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2021年1月限)は150円高の24,650円。その他限月は、50円安~110円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし +0.61%
2位 プラッツドバイ原油 +0.02%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット -1.76%
2位 銀 -1.72%
3位 白金 -1.64%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 38,378枚
2位 白金標準取引 26,943枚
3位 プラッツドバイ原油 10,297枚

全商品合計取引高(先物)101,346枚
〃 (オプション) 180枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 305.18(前日比: -1.30)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・核開発を抑制する世界的な動きとイランの原油生産量には、密接な関係がある
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41175

<参考ニュース>
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿