◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0894 2020/1/24)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

いちごの季節ですね。路地物のイチゴの旬は5月~6月ですが、いちごが一番美味しい季節は冬だということを以前お伝えしました。いちごスイーツフェアをやっているケーキ屋さんも多いし、コンビニの棚には、ポッキーや、ミルキー、メルティーキッス、ハイチュー、アポロ、クランキー、などなど、なじみのお菓子のいちごバージョンが並んで華やかです。何と言っても、この季節の楽しみはいちごビュッフェ!ホテルを中心にいちごを中心としたスイーツやお料理の食べ放題企画が人気です。
一休.comの「いちごビュッフェ&いちごスイーツ特集」では、東京のいちごビュッフェ人気第1位は、ヒルトン東京のマーブルラウンジ。2位は、サンシャインプリンスホテルのChef’s Palette。第3位は、ザ・ペニンシュラ東京のザ・ロビー。4位のヒルトン東京では中華レストラン「王朝」で、人気点心食べ放題とストロベリーデザートのランチビュッフェをやっているんですって!これも捨てがたい。TOCOMの近くでは、YUITOに入っているXEX日本橋のSalvatore Cuomo Bros.。ストロベリースイーツだけでなく野菜、パスタ、焼き立てPIZZAも食べ放題の全70種のランチタイムビュッフェを、税込み2,980円で開催していて大人気なんですって。ホテルのビュッフェの料金は大抵6~7,000円なので、それに比べるとかなりお値打ちですよね!
https://restaurant.ikyu.com/rsSpcl/sp/ichigo/start.htm?ikCo=10000003&CosNo=10000003&CosUID=1153898&CosUrl=https%3A%2F%2Frestaurant.ikyu.com%2FrsSpcl%2Fsp%2Fichigo%2Fstart.htm&yclid=YSS.1000244302.EAIaIQobChMIluWJ0Pub5wIVSXRgCh3j9Qk7EAAYASABEgL7PPD_BwE
ホテルのビュッフェにはなかなか手が出ないという方は、こんなのいかがでしょう?
2月1日(土)、有楽町の東京交通会館で、恒例の『いちご主産9県合同物販フェア』が開催されます!JA全農みやぎの「にこにこベリー」「もいっこ」や、JAグループ佐賀の「いちごさん」といった、新品種のいちごも含めた9県10種のいちごをタダで食べ比べが出来るんです!!また4品種を詰め合わせた食べ比べアソートケースを1,500円というお得な価格で購入することが出来るんですよ!11時30分から。先着450パック限定です。
さて、本日のTOCOMマーケット、新型肺炎の影響で、原油が小幅続落、ゴムは大幅続落です。一方、安全資産の金は反発しました。また、高騰を続けていたパラジウムは高値警戒で反落です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:「岡安盛男のFXトレンド」
キャスター:辻 留奈 (ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~世界の金の動き」
コメンテーター:池水雄一さん(日本貴金属マーケット協会 代表理事)
「パラジウム相場の急騰は、踏み上げ(ショートカバー)ではありません。それを示すのがパラジウムのリースレートです。現在1カ月物で40%にも上ります。金のリースレートは1%にも満たないのですよ。どれだけパラジウムの現物確保の動きが強まっているかが伺えます。
パラジウムは現在、先物市場に上場されてマーケットが存在する貴金属である金、銀、プラチナ、パラジウム4品では、歴史上最も高価なメタルとなりました。
パラジウムの主な需要は自動車触媒です。特にガソリン車に使用されます。一方ディーゼルエンジン車の触媒はプラチナ。この2つの貴金属の価格差が開いている理由がここにあります。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200123180000

来週の放送予定
1月27日(月)
「国内金価格、80年最高値の更新は?」
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

1月28日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第5回「ストキャスティクス研究(後編)」
小次郎講師

1月29日(水)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

1月30日(木)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)

1月31日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん (FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20200120/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2020/1/15/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/1/24
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 小幅続落 
新型肺炎の感染拡大が中国や世界景気の重荷になるとの観測で原油は続落。昨日のNY原油相場は、一時約2か月ぶりの安値をつけました。ただし、その後NY原油がやや水準を戻したため、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は、小安く寄付き、その後もやや下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年6月限)は、10円安の39,520円。その他限月は、30円安~70円高。

☆金、3日ぶり反発
中国の新型肺炎への懸念や世界的な株安を受け、安全資産の金は反発しました。TOCOM金市場の日中取引も小高く寄り付きましたが、その後は、株価の上昇や円の引き締まりに頭を押されてやや上げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年12月限)は、13円高の5,492円。その他限月は、2円安~11円高。ゴールドスポットは9円高の5,498円。金現物取引 100gは、10円安の5,550円。

☆白金 4日ぶり反発、パラジウム 反落
TOCOM白金市場の日中取引は株高を好感して小高く寄り付きました。その後NY白金の軟化を眺めて水準を切り下げる場面もありましたが、終盤はNYの戻りを受けて始値の水準に戻しました。中心となる先限(2020年12月限)は、16円高の3,548円。その他限月は、45円安~18円高。プラチナスポットは36円安の3,521円。パラジウムはこの所の高値警戒で反落。中心となる先限(2020年12月限)は、67円安の8,084円。

☆ゴム、6日続落
中国市場が春節で休場のため材料に乏しく、TOCOMゴム市場の日中取引は、小確りで寄り付きました。しかし、その後は新型肺炎に対するリスク警戒感の広がりなどで下落し、マイナス圏に大きく沈みました。中心となる先限、RSS(2020年6月限)は、8円80銭安の182円20銭。その他限月は7円50銭~4円20銭安。TSR(2020年7月限)は、20銭高の167円60銭。その他限月は変わらず~80銭高。

☆とうもろこし、小反発
昨日のシカゴとうもろこし相場が輸出需要の拡大を受けて上昇したことから、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小高く寄り付きましたが、その後は取引中のシカゴ相場の軟化を眺めて水準を切り下げ、上げ幅をほぼ削りました。中心となる先限(2021年1月限)は20円高の24,500円。その他限月は、170円安~150円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 +0.48%
2位 白金 +0.45%
3位 金 +0.24%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) -4.61%
2位 プラチナスポット -1.01%
3位 パラジウム -0.82%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 24,272枚
2位 白金標準取引 12,309枚
3位 金ミニ取引 9,193枚

全商品合計取引高(先物)65,957枚
〃 (オプション) 120枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 299.12(前日比: -0.05)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・供給過剰と新型コロナウイルスのリスクを背景にして原油は下押しへ
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/41215

・天然ガス急落が原油相場の上値を強く押さえつけている
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/41200

・長期的な原油相場の変動 その1 第2次オイルショック時、120ドル到達
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41207

<参考ニュース>
・NY商品、原油が続落、一時2カ月ぶり安値 金は反発(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U0A120C2000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿