◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0904 2020/2/7)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

ここ数年、食品廃棄の代名詞のようになってしまっていた「恵方巻」。今年は予約販売制にしたお店も多かったそうですね。以前のように、店頭のワゴンにうず高く積まれた恵方巻が叩き売りされている様子も見られず、恵方巻商戦、拍子抜けするくらいおとなしかったです。「安売りしているだろうから仕事帰りに買って帰ろうと思っていたら、完売していて手に入らなかった…」なんて声も聞きました。良かったような、ちょっぴり寂しいような。
さて、今まで恵方巻に隠れてあまり注目を浴びていなかった「初午いなり」はご存知でしょうか?
「初午」とは2月最初の午(うま)の日のことで、今年2020年は2月9日(日)。京都の伏見稲荷大社を始め、全国の稲荷神社で五穀豊穣を願う初午祭が行われます。旧暦の2月は今の3月。水が温んで田植えの準備が始まる前に、稲作の神様お稲荷さまにお願いをするお祭りです。http://www.i-nekko.jp/matsuritoasobi/fuyu/hatsuuma/
初午に食べるとよいとされているのが「初午いなり」です。これは、稲荷神の使いであったキツネの好物が、油揚げ…とされていることが由来となっていますが、本当のキツネの好物はネズミ。キツネは大事な作物を食い荒らすネズミを食べてくれる大切な存在なので、稲荷神の使いと崇めたのだそうです。さすがにネズミを供えるわけにはいかないので、油揚げを代わりに供えたということで、それがいつしか、油揚げで作ったお寿司になって、お稲荷さまにお供えするお寿司…いなり寿司になったそうです。
そのいなり寿司を初午の日に食べることで、稲荷神のご利益に授かることができると考えられているのです。
毎年、この時期、お寿司屋さんの他、スーパーやコンビニエンスストアでは「初午いなり」の販売をしていますが、少しトーンダウンしてきた恵方巻の代わりに、最近ではこの初午いなりに結構力を入れているようです。
大丸東京店地下一階のほっぺタウンでは、去年から初午に合わせて「いなりフェア」を行っているんです。今年は一昨日から始まっていて、11日(火・祝)まで開催するそうですよ。
TOCOMすぐそばのすき焼きの名店 日本橋日山「牛肉いなり」/つきじ鈴富「初午宝石いなり」/神田志乃多寿司「初午いなり」/味の梅ばち「米沢牛入りいなり寿司」/平島「煮穴子いなり」/神楽坂 五〇番「おきつね海老焼売」/札幌かに家「かにいなり」/知床鮨「海鮮あふれ稲荷」/米屋のおにぎり屋「初午いなり」。以上9ラインナップ!どれもみな美味しそう!!!土日しか販売していないものもありますので、ご注意下さいね。
https://precious.jp/articles/-/16894
さて、本日のTOCOMマーケット、WHOが感染拡大について、ピークを越えたと判断するのは「時期尚早」との見方を示したことから、景気減速への警戒でリスク商品とされる原油や、景気に敏感な白金、パラジウムは反落しました。金は続伸です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/2020026180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。
今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20200203/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2020/02/05/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/2/7
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 反落
WHO(世界保健機関)が、新型肺炎の感染拡大について、ピークを越えたと判断するのは「時期尚早」との見方を示したことから取引中の原油相場が下落。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引も水準を切り下げて寄り付きました。午前中は、為替もNY相場も小動きで決め手を欠き、始値を挟んでもみ合いましたが、午後は円相場がやや引き締まったのを眺めて下げ幅をやや拡大しました。中心となる先限(2020年7月限)は、370円安の37,290円。その他限月は、990円~520円安。

☆金、続伸
米国の金融緩和政策の継続見通しなどを背景にNY金相場が上昇した流れを引き継ぎ、TOCOM金市場の日中取引は高寄りしました。その後、円相場、NY相場ともに動意が薄く決め手を欠き、午前中は始値近辺でもみ合いましたが、午後は上げ幅をやや縮小しました。中心となる先限(2020年12月限)は、31円高の5,526円。その他限月は、32円~41円高。ゴールドスポットは44円高の5,538円。金現物取引 100gは、30円高の5,590円。

☆白金 反落、パラジウム 急落
WHO(世界保健機関)が、新型肺炎の感染拡大について、ピークを越えたと判断するのは「時期尚早」との見方を示したことから、工業用需要が大きく景気に敏感な白金には重石となり、昨日のNY白金相場が反落。TOCOM白金市場の日中取引も大きく水準を切り下げて始まりました。その後、為替がやや円高に振れたこともあり軟調に推移しました。中心となる先限(2020年12月限)は、69円安の3,403円。その他限月は、66円~54円安。プラチナスポットは65円安の3,379円。パラジウムは急落。中心となる先限(2020年12月限)は、482円安の7,653円。

☆ゴム、4日ぶり反落
新型肺炎の影響で自動車の生産が停滞し、タイヤ需要の減退につながるとの見方からTOCOMゴム市場の日中取引は安寄りしました。その後は決め手を欠き、小動きを続けました。中心となる先限、RSS(2020年7月限)は、3円30銭安の175円20銭。その他限月は3円80銭~2円40銭安。TSR(2020年8月限)は、6円80銭高の153円10銭。

☆とうもろこし、4日ぶり反落
輸出低迷見通しが広がり昨日のシカゴとうもろこし相場が下落した流れを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小安く寄り付きました。その後、円相場がやや円高に振れたことから、水準を切り下げました。中心となる先限(2021年1月限)は110円安の23,780円。その他限月は、70円安~10円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) +4.65%
2位 ゴールドスポット +080%
3位 銀 +0.80%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム -5.93%
2位 白金 -1.99%
3位 プラチナスポット -1.89%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 32,573枚
2位 プラッツドバイ原油 22,218枚
3位 白金標準取引 10,644枚

全商品合計取引高(先物) 81,108枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 290.40(前日比:-2.15)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・東京白金はどこまで行っても戻り売
【著者】斎藤和彦
https://column.cx.minkabu.jp/41399

・商品全面安が示す新型ウイルスの影響力のすごさ
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/41384

・減産強化の規模は、少なくとも日量40万バレル以上必要
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41388

<参考ニュース>
・トヨタ、中国4工場の稼働を再延期 17日以降に(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55367500X00C20A2I00000/

・NY商品、原油が小幅続伸 米中貿易交渉の進展期待で 金は続伸(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X00C20A2000000/

・WHO、新型肺炎のピーク越え判断「時期尚早」(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55365960X00C20A2000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿