◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0910 2020/2/18)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

「森山ナポリ」ってご存知ですか?
古都金澤の東茶屋街のすぐそばで生まれた本格窯焼き冷凍ピザです。
冷凍?って馬鹿にしてはいけません。近年の冷凍技術の進化は皆さんもご存知だと思いますし、それ以上に、この「森山ナポリ」、550℃の高温石窯で、職人が一枚一枚手焼きし、瞬間冷凍で美味しさをギュッと閉じ込めた冷凍ピザなんです。http://www.moriyama-napoli.com/
森山ナポリのピザの最大の特徴は、冷凍なのにもっちりとした食感のピザ生地。
工房で職人が気温や湿度によって毎日材料の配合を微調整し、ふっくらと発酵させ生地を一枚一枚職人が手伸ばしで形成しているのだそうです。
1月20日に放送されたTBSの「メイドインジャパン」(“日本製=メイドインジャパン”が世界でどこまで通用するのかを確かめる日本の魅力発見バラエティ番組)で、日本の代表に選ばれ、イタリアの有名店がその場で手ごねし窯焼きした出来立てピザと対決し、その実力を認められたという、冷凍ピザの概念を覆す美味しいピザなんですって。
実は今注文から発送まで約2ヶ月待ち状態。でも、今注文すれば、4月には食べられるということですよね?
試しに、注文フォームに入力してみたら「2020年04月06日 の発送予定です」と出てきました!!
お試しセットは「ダブルチーズマルゲリータ」「ベーコンチーズ」「塩麹加賀野菜ピザ」の3種類で、税抜き2,980円。
その他、金沢の味を盛り込んだ、森山セットやごちそうセットなど色んなセットがあります。お花見には難しいけど、お子さんの入学祝いのパーティーには間に合うかも!
さて、本日のTOCOMマーケット、ゴムが6日続伸です。タイの干ばつという供給懸念と、中国の自動車メーカーやタイヤメーカーが今週から稼働再開したとのニュースで需要が回復するとの思惑で上昇しています。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第7回「ボリンジャーバンド計算式の意味」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ
アシスタント:陽和ななみ

前回の放送から
「新型肺炎、商品相場にどう影響?」
コメンテーター:志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200217180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。
今週の番組
【CX】ボックス相場の原油・ゴムで機能
【金】需要減が金価格下落を呼ぶ
【原油】中国の原油需要が減少
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20200217/

□■TOCOM投資スクール□■
TOCOMスクエアで、個人投資家を対象とした「TOCOM投資スクール」を開校しています。
毎週火曜日、ラジオNIKKEIのマーケット・トレンドの公開放送後、小次郎講師が1時間程度、トレードについて体系的なカリキュラムにより講義を進めます。参加は無料。事前予約も不要です。是非、ご参加ください!
https://www.tocomsquare.com/2020/02/05/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/2/18
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 5日ぶり反落 
今朝、為替が円安に振れ、一時110円近辺まで軟化したことを受け、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は小高く寄り付きました。しかし、その後、円相場の上昇や、取引中のNY相場の軟化を受けて下落に転じ、マイナス圏に沈みました。中心となる先限(2020年7月限)は、250円安の37,990円。その他限月は、210円~60円安。

☆金、続伸
新型肺炎の影響で世界経済の悪化が懸念され、安全資産の金に投資資金が流入。取引中のNY金相場が上昇している流れを引き継いでTOCOM金市場の日中取引は小確りと寄り付きました。午前中に一時5,595円を付け2日続けて上場来高値を更新。その後、円相場がやや引き締まったのを眺めて小幅に水準を切り下げる場面もありましたが、大引けにかけて高値圏に戻しました。中心となる先限(2020年12月限)は、11円高の5,592円。その他限月は、9円~11円高。ゴールドスポットは8円高の5,598円。金現物取引 100gは、10円高の5,650円。

☆白金 小幅続伸、パラジウム 大幅反発
TOCOM白金市場の日中取引は小確りで始まり、その後も決め手を欠いて、始値近辺で推移しました。中心となる先限(2020年12月限)は、2円高の3,428円。その他限月は、2円~8円高。プラチナスポットは7円高の3,409円。パラジウムは、中国で自動車メーカーの工場が一部生産再開を始めたことで、自動車触媒に使われるパラジウムの需要増を見込まれ大幅反発。中心となる先限(2020年12月限)は、257円高の8,300円。

☆ゴム、6日続伸
ゴムの主産地であるタイで干ばつが発生し、供給懸念が出ていることや、中国で自動車メーカーのほか、タイヤメーカーが今週から稼働を再開し、天然ゴムの需要増につながるとの期待から今日のTOCOMゴム市場の日中取引は高寄りしました。その後、円相場の上昇に頭を押さえられ上げ幅を縮小する場面もありましたが、上海ゴム相場高にサポートされてやや水準を戻しました。中心となる先限、RSS(2020年7月限)は、2円30銭高の186円80銭。その他限月は1円90銭~3円30銭高。TSR(2020年8月限)は、4円00銭安の155円10銭。

☆とうもろこし、続伸
昨日のシカゴ市場が休場で手掛かりを欠き、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は小確りで始まりました。その後も、米中貿易協議の第1段階合意の発効により中国が米国産品の購入を一段と拡大させるかどうかの様子見で動意に乏しくほぼ横ばいで推移しました。中心となる先限(2021年3月限)は60円高の23,580円。その他限月は、400円安~190円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 パラジウム +3.20%
2位 ゴム(RSS) +1.25%
3位 とうもろこし +0.26%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(TSR) -2.51%
2位 プラッツドバイ原油 -0.65%
3位 銀 -0.63%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 18,882枚
2位 プラッツドバイ原油 6,020枚
3位 白金標準取引 4,040枚

全商品合計取引高(先物)39,696枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 295.35(前日比:-0.37)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・ロシアの原油生産量の推移を確認する
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41500

・週刊石油展望
【著者】三浦 良平
https://column.cx.minkabu.jp/41495

<参考ニュース>
・中国、対米関税免除を発表 第3弾696品目(REUTERS)
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-idJPKBN20C0K1

・トヨタ、中国の一部工場再開 VWは一部24日に延期(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55712010X10C20A2EA1000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿