◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0913 2020/2/25)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■TOCOM投資スクールの終了について□■
今般の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、TOCOM投資スクール(講師:小次郎講師)は、本日、2020年2月25日(火)をもって終了させて頂くことと致しました。
これまでご参加頂いた皆さま、参加をご検討頂いていた皆さまには、何卒ご理解を賜りますようお願い致します。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

新型コロナウイルス感染症に関して、政府の専門家会議がまとめた見解によると『これからの1~2週間が、急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際』だそうです。これ以上、感染を拡大させないよう、一人一人がしっかりと感染防止に取り組まなくてはなりませんね。手を伸ばしたら届く距離で、一定時間以上、多くの人が会話をするような環境がリスクが高いということなので、なるべく避けるようにして、改めて、正しい「うがい」「手洗い」を心がけて下さいね。
こんな時期だからということもあるのでしょうね。化学薬品を使わない自動除菌ロボット「ROCKUBOT(ロキュボット)」が注目を集めています。
医療機関でも使用されるUV-Cライトと超音波のW作用で、ダニやウイルス・細菌を99.11%以上除菌してくれるAI除菌ロボットです。
https://www.makuake.com/project/rockubot/
潔癖症のラファエル博士と幼いころからダニアレルギーに悩むジェイ博士の2人を中心に開発された商品で、アメリカのクラウドファンディングサイトで1,300人越えの支援を集め、外観特許や発明特許など6カ国での特許を取得してるんですって。
また、除菌だけでなく、Bluetoothスピーカー機能や、ワイヤレス充電器機能、モバイルバッテリー機能も兼ね備えた多機能ロボットなんです。こんなに色んな機能があって、大きさは手のひらサイズで、重さは500mlのペットボトル1本ほど。出張先・旅行先に携帯することも出来るんです。
この「ROCKUBOT」がこの度、日本に上陸します!クラウドファンディングサイトの「Makuake」で2020年2月12日から先行予約販売を開始したところ、わずか10日間で目標金額の1,200%以上を達成し、190万円以上の支援を集めているそうです!!
3月16日に「Makuake」での先行予約販売終了後、5月中旬から自社ECサイトでの販売開始を予定しているそうです。一般販売価格は税込み19,800円です。アレルギーなどに悩んでいる方、いかがでしょうか?
さて、本日のTOCOMマーケット、全面安となりました。連休中に米株が急落。為替も円高・ドル安に傾き、原油や白金・パラジウムも大きく下落しました。安全資産の金も小反落です。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第8回「ボリンジャーバンドは3つの視点で分析する」
キャスター:大橋ひろこ
アシスタント:陽和ななみ

前回の放送から
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
「ドル/円は19日水曜日から、謎の上昇相場が始まりました。勢いは止まらず、節目とされていた価格帯を、ストップロスを巻き込みながら次々と上抜けて、ついに年初来高値を更新しました。
ドル/円の上昇を横目に、米金利は動かず、ゴールドも買われるという、セオリー通りではない動きに、マーケットではある仮説が囁かれ始めます。
新型肺炎を受けて、「円が安全資産ではなくなった、円売り=日本売り」を意味しているのではないか?」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200221180000

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/2/25
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 急落
新型コロナウイルスによる世界経済減速懸念で、昨日、ダウ平均株価が一時1,000ドル超下落、NY原油相場も大幅に下落した流れを引き継ぎ、TOCOMドバイ原油市場の日中取引は急落して始まりました。その後、取引中のNY原油の下落一服と円高の強弱材料の交錯で、安値圏で小幅な値動きを続けました。中心となる先限(2020年7月限)は、1,600円安の37,720円。その他限月は、2,070円~470円安。

☆金、6日ぶり小反落、夜間に上場来高値更新
新型コロナウイルスによる世界経済への影響が懸念され、安全資産の金に投資資金が流入し、昨日のNY金相場が続伸。TOCOM金市場の日中取引も高寄りしましたが、その後取引中のNY金の下落と、円相場高に押され、弱含みに推移しマイナス圏に沈んで取引を終えました。尚、夜間取引では一時5,913円を付け、6日連続で上場来高値を更新しました。中心となる先限(2020年12月限)は、2円安の5,856円。その他限月は、10円安~19円高。ゴールドスポットは13円安の5,863円。金現物取引 100gは、30円高の5,920円。1kgは、5,900円。

☆白金 続落、パラジウム 急落
新型コロナウイルスがイタリア国内で急速に広がっていることから、主に欧州などでディーゼル車向けの自動車触媒に使用されることが多い白金の需要減が懸念され、NY白金相場が反落。その流れを受けてTOCOM白金市場の日中取引は、大きく水準を切り下げて寄り付きました。その後、NY白金の戻りを眺めて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年12月限)は、85円安の3,444円。その他限月は、98円~83円安。プラチナスポットは、89円安の3,419円。パラジウムも新型肺炎による景気減速懸念から急落。中心となる先限(2020年12月限)は、371円安の8,830円。

☆ゴム、3日ぶり反落
TOCOMゴム市場の日中取引は、円相場の上昇や上海相場安を受けて、大きく水準を切り下げて始まりました。その後も、原油安や円高に押されて下げ幅を拡大する場面もありましたが、下落の反動で大引けにかけて下げ幅を縮小し、この日の高値で取引を終えました。中心となる先限、RSS(2020年8月限)は、184円90銭。その他限月は6円00銭~4円40銭安。

☆とうもろこし、続落
連休中にシカゴ相場が下落したことや円高を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後は手掛かり材料を欠き、始値近辺でもみ合いました。中心となる先限(2021年3月限)は500円安の23,510円。その他限月は、550円~210円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
※ 本日、値上がりした商品はありません

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラッツドバイ原油 -4.07%
2位 パラジウム -4.03%
3位 バージ灯油 -3.63%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 103,917枚
2位 ゴールドスポット 25,086枚
3位 白金標準取引 14,107枚

全商品合計取引高(先物)178,919枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 2枚

日経・東商取商品指数 299.23(前日比: -7.44)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・ゴムは春に向けて200円大台突破狙う
【著者】古川昭治
https://column.cx.minkabu.jp/41549

・秋には元に戻るか?新型肺炎拡大後の世界および中国の石油の消費
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41560

<参考ニュース>
・ダウ2年ぶりの下落率 「利下げ催促相場」に突入も(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL25H3M_V20C20A2000000/

・米国株、ダウ続落し1,031ドル安 過去3番目の下げ幅 新型肺炎拡大でリスク回避強まる(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_V20C20A2000000/

・NY商品、原油が大幅続落 金はリスク回避の買いで7年ぶり高値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_V20C20A2000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿