◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0914 2020/2/26)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

□■TOCOM投資スクールの終了について□■
今般の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、TOCOM投資スクール(講師:小次郎講師)は、2020年2月25日(火)をもって終了させて頂きました。
これまでご参加頂いた皆さま、参加をご検討頂いていた皆さまには、何卒ご理解を賜りますようお願い致します。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

『ゆるスポーツ』ってご存知ですか?
「スポーツ弱者を、世界からなくす」ことをコンセプトに、齢や性別、運動神経、障がいの有無に関わらず、誰もが楽しめるスポーツとして生み出させた、新しいスポーツのジャンルです。
2016年、若手クリエーターやアスリートらが参加して「世界ゆるスポーツ協会」が発足。今や50を超える競技があるのだそうです。https://yurusports.com/
足つぼとイス取りゲームを合わせた究極の健康スポーツ『イタイッス』、スイートスポットに穴があいたラケットを使うため、経験豊富な人ほど空振りしてしまう『ブラックホール卓球』、自分と一番顔が似ている人を会場から探し出し一緒にゴールする『顔借競争』は二人の顔をスキャンして、NECの世界最速・精度を誇る顔認証技術で判定するのだそうです。想像しただけでも楽しそうですよね。
誰でも参加出来て楽しめる、誰が勝つか分からない、小スペースでも実施できる、怪我のリスクが少ない…などの沢山のメリットがあり、社内運動会、自治体や商業施設のイベントなど、どんなイベンドにも取り入れることが出来そうです。
そんな「ゆるスポーツ」のニューフェイスが『漢検ボール』。漢字の記憶にも効果が期待できる「音読」に注目し、ボールを使って楽しみながら漢字学習ができるチームスポーツなんですって。https://www.kanken.or.jp/kanken/kankenball/
イベントで何か新しいレクリエーションを取り入れたいと、思っている方、「世界ゆるスポーツ協会」に相談してみてはいかがでしょう?盛り上がりそうですよね!
さて、本日のTOCOMマーケット、新型肺炎の感染拡大で原油が昨日に続いて大幅続落。金も円安にサポートされたもののマイナス圏で取引を終えました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアでは平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の公開放送を行っています。皆さまのお越しをお待ちしております!
本日の番組
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」
コメンテーター:山内弘史さん(エネルギー情報ネットワーク 共同代表)
キャスター:大橋ひろこ

前回の放送から
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第8回「ボリンジャーバンドは3つの視点で分析する」
コメンテーター:小次郎講師
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200225180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後1時からTOCOMスクエアで公開録画しています(放送は当日午後8時から)。皆さまのお越しをお待ちしております。
今週の番組
【CX】NY金ネット買い残が過去最大に
【金】株価下落で金が高騰!&プラチナ需給
【原油】サウジ、ロシア抜きの減産も視野
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20200225/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/2/26
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 大幅続落 
米疾病対策センターが昨日、米国内での新型肺炎の感染拡大について「時間の問題だ」と警告したことから世界景気の更なる減速が懸念され、原油需要が減るとの見方が広まり昨日のNY原油相場が続落。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は大きく水準を切り下げて寄り付きました。その後、NY原油が50ドルの節目を回復したことにサポートされて水準を切り上げました。中心となる先限(2020年7月限)は、1,200円安の36,520円。その他限月は、1,290円~230円安。

☆金、続落
昨日のNY金相場が、前日の高値の反動で大きく下落した流れを引き継いで、新甫発会のTOCOM金市場の日中取引は大きく水準を切り下げて始まりました。しかし、その後は強含みに推移し、この日の高値圏で取引を終えました。中心となる先限(2021年2月限)は、5,827円。その他限月は、27円~23円安。ゴールドスポットは27円安の5,836円。金現物取引 100gは、50円安の5,870円。

☆白金 続落、パラジウム 反発
新型肺炎の感染拡大への警戒で世界の株価が下落する中、景気減速懸念で工業用途が多い白金は大きく下落。昨日のNY白金相場が続落した流れを受けて、新甫発会のTOCOM白金市場日中取引は大きく水準を切り下げて始まりました。寄り付き後は小幅にもみ合いましたが、午後はほぼ横ばいで推移しました。中心となる先限(2021年2月限)は、3,319円。その他限月は、131円~125円安。プラチナスポットは、130円安の3,289円。パラジウムは、昨日の急落の反動で反発。9,000台に戻しました。中心となる先限(2021年2月限)は、9,130円。

☆ゴム、続落
新型肺炎への警戒感が強まる中、TOCOMゴム市場の日中取引は、大幅に続落して始まりました。その後、節目の180円割れを回避したことや、上海ゴム相場の上昇にサポートされて下げ幅を縮小しましたが、終盤に再び水準を切り下げました。中心となる先限、RSS(2020年8月限)は、2円00銭安の182円90銭。その他限月は2円70銭~1円70銭安。

☆とうもろこし、3日ぶり反発
昨日のシカゴとうもろこし相場が約2か月半ぶりの安値となりましたが、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は円安にサポートされて高寄りしました。その後も円安に押し上げられて上げ幅を広げました。中心となる先限(2021年3月限)は290円高の23,800円。その他限月は、変わらず~240円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 とうもろこし +1.23%
2位 ゴム(TSR) +0.86%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット -3.80%
2位 プラッツドバイ原油 -3.18%
3位 バージ灯油 -3.08%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 77,988枚
2位 白金標準取引 22,998枚
3位 ゴールドスポット 16,364枚

全商品合計取引高(先物)147,412枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 293.38(前日比:-5.85)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・四つの大切なリスクマネージメント その2
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/41591

・新型コロナウイルスと金価格 その5
【著者】近藤雅世
https://column.cx.minkabu.jp/41585

・新型肺炎は欧米へ飛び火!?原油市場も要警戒
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41577

<参考ニュース>
・中国が低利融資や減税、中小企業を支援-人民銀も7.8兆円供給へ(Bloomberg)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-25/Q69ZKUDWX2PU01

・NY商品、原油が続落 新型コロナへの警戒感で 金は9営業日ぶり反落(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_W0A220C2000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿