◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0916 2020/2/28)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■TOCOM投資スクールの終了について□■
今般の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、TOCOM投資スクール(講師:小次郎講師)は、2020年2月25日(火)をもって終了させて頂きました。
これまでご参加頂いた皆さま、参加をご検討頂いていた皆さまには、何卒ご理解を賜りますようお願い致します。
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

たんぱく質が豊富で、環境への負荷が少ない、すぐれた食品として、今、世界で注目を集めている食品、「昆虫食」
今、げーっ!!って眉をひそめた人、そんなこと言ってると、いずれ食べ物に困ることになりますよ。国連によると世界人口は2050年には96億人に達する勢いで増加しており、ここ30年で食糧生産を60%増加しなければならない状況にあるのです。
国連でも、昆虫を「未来食」として推奨しているんですよ。
欧州ではすでに昆虫食への取り組みが進んでおり、食糧としての昆虫の養殖がおこなわれ、昆虫農場も経営する人も増えているんですって。
特にコオロギ。豚や牛を飼育するより、生育する際の温室効果ガスの排出量が少なく、また飼料や水の必要量も圧倒的に少なくて済むのだそうです。そして栄養価が抜群なんです。重量の65%がたんぱく質。低糖質な上、9種の必須アミノ酸、オメガ3,オメガ6、鉄分、カルシウム、ビタミンなどが含まれている栄養満点のスーパーフードらしいです。
昆虫食先進国のフィンランドでは2年前政府が昆虫を食品として認可し、国内に約50のコオロギ農家があり、企業も6社あるそうです。街でも自然食品店だけでなく、普通にスーパーの棚にコオロギのスナックやチョコレートが並び人気商品になっているそうです。ビールに合うよう味付けされたローストコオロギとナッツが定番おつまみとしてメニューにある酒場もあるんだとか。
何か新しい事業を始めよう…と思っている方、昆虫食ビジネスにアンテナを張っておくと良いかも。日本でも昆虫食に取り組む企業は増えつつある状況だそうです。
実際、昆虫のお味はどうなの?って、興味が湧いて来た方がいらっしゃると思います。
実はコオロギのおつまみ、すでに日本でも販売されています。https://www.mnhhappy.com/blank-3ビールにぴったりという「スーパーコオロギおつまみ」ガーリック味・ピザ味・カレー味・わさび味の4種類。3.7g入りで各320円。さらに今日、「スーパーコオロギおつまみせんべい 黒胡椒しょうゆ」25g入り186円がラインナップに加わりました。来月には「スーパーコオロギおつまみせんべい 七味しょうゆ」そして「未来コオロギスナックⅡ 近未来ラーメン味」加わります。
そして、そして、TOCOMからほど近い日本橋馬喰町2-4-6に、この春、昆虫食レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」https://www.facebook.com/antcicada.jp/ が開店予定です!一杯に約100匹のコオロギを使って出汁をとった『コオロギラーメン』や、他の生き物たちの魅力も堪能できる『コース料理』も味わえるのだそうです。コオロギ醤油やコオロギドレッシングも販売予定。フィンランドやエストニアなど北欧諸国でも人気を博した味なのだそうです。楽しみですね。
さて、新型コロナウイルス、今日のマーケットに一段と猛威を振るいました。株式市場も大幅安となり、円相場高、TOCOMマーケットも全面安の大幅安となりました。(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアのラジオブースで、平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の生放送を行っています。
新型コロナウイルスの感染防止対策で、現在、一般公開は中止しております。どうぞご了承ください。

本日の番組
「岡安盛男のFXトレンド」
コメンテーター:岡安盛男さん(FXアナリスト)
キャスター:辻 留奈(ラジオNIKKEIアナウンサー)

前回の放送から
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」
コメンテーター:森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
「新型コロナウイルス感染はアジアの問題と楽観してきた米株市場でしたが、欧州、米国へと感染者が拡大、WHOは27日パンデミックを宣言。これまでアジアの問題と楽観してきた欧米勢が、株から債券、ゴールドへと資金シフトしています。
米10年債の利回りは1.3%台前半まで低下。市場は米国の利下げを催促し始めています。
そして、騰勢を強めているパラジウム。こちらは不安心理とは関係ありません。現物がないのです。」
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200227180000

来週の放送予定
3月2日(月)
「新型コロナウイルスの経済的影響」
岡田晃さん(経済評論家)

3月3日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第9回「ボリンジャーバンド研究、バンドワイズチャート」
小次郎講師

3月4日(水)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)

3月5日(木)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」
小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

3月6日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後8時にYouTubeで公開しています。是非ご覧ください!
尚、コロナウイルス感染予防対策で公開収録は中止致しました。ご了承ください。

今週の番組
https://tocomsquaretv.com/20200225/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/2/28
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油 5日大幅続落 
新型肺炎の感染拡大を受けて世界で運用リスク回避の動きが広がりました。TOCOMドバイ原油市場の日中取引は、安寄り後、円相場の引き締まりとNY原油相場の軟化を眺めて弱含みに推移し、2018年12月26日以来、約1年2カ月ぶりの安値で取引を終えました。中心となる先限(2020年7月限)は、1,550円安の33,470円。その他限月は、1,660円~100円安。

☆金、急落
昨日のNY金相場が下落したことに加え、為替が円高に振れたことから、TOCOM金市場の日中取引は大きく水準を切り下げて始まりました。その後も、NY相場の軟調や円相場の引き締まりを受けて下げ幅を拡大し、この日の安値圏で取引を終えました。中心となる先限(2021年2月限)は、150円安の5,688円。その他限月は、155円~147円安。ゴールドスポットは146円安の5,701円。金現物取引 100gは、50円安の5,850円。

☆白金 5日続落、パラジウム 反落
新型肺炎の影響で自動車触媒需要や中国での宝飾品需要などが減るとの見方が広がりTOCOM白金市場の日中取引は大幅安で寄り付き、その後もNY白金の弱地合いや円の引き締まりを眺めて下げ幅を拡大しました。一時3,056円まで下落し、約3か月半ぶりの安値をつけました。中心となる先限(2021年2月限)は、162円安の3,105円。その他限月は、161円~141円安。プラチナスポットは、131円安の3,118円。パラジウムは反落。依然、供給不足であることから、日中取引は高寄りし、一時9,660円まで上げ、上場来高値を更新しましたが、その後、円相場の引き締まりや、他の貴金属の下落に連れてマイナス圏に沈みました。中心となる先限(2021年2月限)は、43円安の9,380円。

☆ゴム、急落
TOCOMゴム市場の日中取引は、新型肺炎の拡大が懸念される中、円高を眺めて安寄りしました。その後も上海ゴムの下落に押されて、軟調に推移し、午後は一段安となりました。中心となる先限、RSS(2020年8月限)は、8円20銭安の172円20銭。その他限月は9円30銭~6円70銭安。

☆とうもろこし、大幅続落
昨日のシカゴ相場安や為替の円高を受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は安寄りしました。その後も更なる円の引き締まりを眺めて下げ幅を拡大。この日の安値で取引を終えました。中心となる先限(2021年3月限)は640円安の23,150円。その他限月は、630円~320円安。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
※ 本日、値上がりした商品はありません

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 銀 -7.15%
2位 中京ガソリン -5.71%
3位 白金 -4.96%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 113,891枚
2位 白金標準取引 37,326枚
3位 プラッツドバイ原油 22,373枚

全商品合計取引高(先物)220,535枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚

日経・東商取商品指数 277.15(前日比:-10.21)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・月初の15倍。中国以外の新型肺炎感染者増
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41596

・新型肺炎で株全面安・商品全面安…金だけが独歩高
【著者】小針秀夫
https://column.cx.minkabu.jp/41604

・新型肺炎のOPEC総会への影響
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41611

<参考ニュース>
・日経平均の下げ幅、1年2カ月ぶり大きさ 週間で9.6%安(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL28HT3_Y0A220C2000000/

・円、108円台後半に一段高 世界的な株安で(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0IMF05_Y0A220C2000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿