◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
TOCOMスクエア通信 (No.0926 2020/3/17)
https://www.tocomsquare.com
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
★TOCOMスクエア公式twitter
https://twitter.com/tocom_pr
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■TOCOM投資スクールの終了について□■
今般の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、TOCOM投資スクール(講師:小次郎講師)は、2020年2月25日(火)をもって終了させて頂きました。
これまでご参加頂いた皆さま、参加をご検討頂いていた皆さまには、何卒ご理解を賜りますようお願い致します。
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+

th-300x300

サブマリンサンドイッチという長楕円形のサンドイッチを主力としている「サブウェイ」が、次々と閉店している…というニュースを見たのは2年ほど前でしょうか。その後、20店舗ほど運営していたFC店運営会社が破産。改めて調べてみたら、2014年に480店舗だったのが、4年半で280店舗を割り込んでしまい、その後も閉店が続いていたそうです。
焼き立てのパンにシャキシャキの新鮮な野菜を豪快に挟み込んだサブウェイのサンドウィッチ、上京して初めて食べた時、その斬新さと美味しさに驚いたものです。皆さんも、近くのサブウェイ無くなった…って哀しんでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか。
サブウェイの不調の原因は、まず、ファストフードとしては価格が高いこと、注文が難しいこと、店舗の老朽化、そして、同じように新鮮な野菜を食べられるカフェなどが増えてきたこと、などが挙げられています。
確かに、今考えると笑ってしまうのですが、田舎から上京して、敷居の高かった2台巨頭が、スターバックスとサブウェイでした。注文の時に戸惑っておろおろしていると田舎者って見られるんじゃないかと、怯えていたものです。
そんな問題点改善が行われ、今、サブウェイが徐々に生まれ変わって来ているのだそうです。
それは、新・店舗コンセプト「フレッシュ・フォワード」を取り入れた新店舗。世界中で導入が進められているのだそうです。日本でも、去年3月に日本に初上陸・東京にオープンした「渋谷桜丘店(新コンセプト旗艦店)」や、9月にオープンした「クイーンズスクエア横浜店」、今月13日に池袋にオープンしたばかりの「サンシャインシティアルパ店」もあります。
新コンセプト店の特徴はUberEatsによるデリバリーサービス、無料Wi-Fi接続の提供、店内オリジナル放送「サブウェイラジオ」、デジタル・メニューボードの設置など。
実は明日も、新しいお店がまた一つオープンします。先月20日から改装のため閉店していた新宿遊歩道公園「四季の道」出口そばの「サブウェイ 新宿文化センター通り店」。
通常営業は朝7時からですが、グランドオープンの明日は10時開店だそうです。サブウェイロスになっていた方、近くに行く用事があったら立ち寄ってみてはいかがでしょう?
さて、本日のTOCOMマーケット、米国株安で世界景気減速懸念が拡大し、今日もほぼ全面安でした。(郁)
(郁)

【目次】
1.TOCOMスクエア情報
2.市況情報
◆騰落率ランキング
◆マーケット概況
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
1. TOCOMスクエア情報
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
□■公開ラジオ放送□■
◆ TOCOMスクエアのラジオブースで、平日午後6時よりラジオNIKKEIの投資・経済番組「マーケット・トレンド」の生放送を行っています。
新型コロナウイルスの感染防止対策で、現在、一般公開は中止しております。どうぞご了承ください。

本日の番組
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期
第11回「小次郎講師の教え10か条」
コメンテーター:小次郎講師
キャスター:大橋ひろこ
アシスタント:陽和ななみ

前回の放送から
「セキュリティ関連企業」
コメンテーター:田宮寛之さん(東洋経済新報社 編集局 編集委員)
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20200316180000

□■TOCOMスクエア TV□■
今週の展望&注目ポイントを独自の視点で徹底的に解説する番組です。毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)午後8時にYouTubeで公開しています。是非ご覧ください!
尚、コロナウイルス感染予防対策で公開収録は中止致しました。ご了承ください。
今週の番組
【CX】ビットコインは半額、恐怖指数は4.1倍に
【金】1983年以来30年ぶりの大幅な下落
【原油】サウジアラビアは原油戦争に踏み切った
コメンテーター:近藤雅世(コモディティーインテリジェンス代表)
キャスター:山本郁
https://tocomsquaretv.com/20200316/

□■『TOCOM』アプリ□■
商品先物取引をするにあたって、とても便利なスマートフォンアプリ『TOCOM』を、もうご利用になっていらっしゃいますか?
商品市況、チャート、外国為替情報などはもちろん、一般的にはあまり公開されていない気配値(買い方/売り方が、買いたい/売りたいと希望する値段のこと)も提供しています。是非、『TOCOM』アプリを皆さんの取引に活用して下さいね。無料です!
https://apps.apple.com/jp/app/tocom/id588613873

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
2.市況情報     2020/3/17
+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
◆取引概況・帳入値
☆プラッツドバイ原油、3日続落 
新型コロナウイルスの感染の広がりで、世界景気の大幅な減速が懸念され、昨日のNY原油相場は再び30ドルを割り込んで推移しました。その流れを受けてTOCOMドバイ原油市場の日中取引は、大幅に水準を切り下げて寄り付きましたが、その後はNY相場の水準切り上げを眺め、下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2020年8月限)は、250円安の24,610円。その他限月は、420円~270円安。

☆金、4日大幅続落
株安を背景に運用資産を換金する動きが広がり、昨日のNY金相場が5日続落。一時は1450.9ドルと約4ヶ月ぶりの安値を付けました。その流れを受けて、TOCOM金市場の日中取引は大幅安で寄り付きました。その後、円が弱含んだのを眺めて下げ幅を縮小する場面もありましたが、終盤はNY相場の軟化につれて水準を切り下げました。尚、夜間取引で、一時4,876円まで下落し、約7か月ぶりの安値をつけました。中心となる先限(2021年2月限)は、196円安の5,042円。その他限月は、191円~181円安。ゴールドスポットは、180円安の5,092円。金現物取引100gは、130円安の5,220円。

☆白金・パラジウム 4日大幅続落
TOCOM白金市場は夜間取引で1,843円まで下落し、2002年7月以来の安値を記録。この弱い地合いを引き継ぎ、日中取引は大幅安で寄り付きました。その後、為替が円安に振れた場面でやや下げ幅を縮めましたが、大引けにかけて再び水準を切り下げました。中心となる先限(2021年2月限)は、410円安の2,215円。その他限月は、414円~344円安。プラチナスポットは、419円安の2,215円。パラジウムも大幅続落。中心となる先限(2021年2月限)は、413円安の5,420円。

☆ゴム、小幅反発
株安や商品全般の急落でリスク警戒感が広がり、TOCOMゴム市場の日中取引は軟調に始まりました。その後は、円相場の軟化につれてプラス圏に浮上し上値を追いましたが終盤に水準を切り下げ辛うじてプラス圏で取引を終えました。中心となる先限、RSS(2020年8月限)は、80銭高の162円60銭。その他限月は、1円50銭安~40銭高。

☆とうもろこし、3日ぶり反落
景気悪化懸念で昨日のシカゴとうもろこし相場が終値ベースで約半年ぶりの安値をつけました。その流れを受けて、TOCOMとうもろこし市場の日中取引は反落して寄り付きましたが、円相場の弱含みを眺めて下げ幅を縮小しました。中心となる先限(2021年3月限)は、200円安の22,980円。その他限月は、400円安~70円高。

◆騰落率・取引高ランキング◆
値上がり商品(先限、騰落率)
1位 ゴム(RSS) +0.49%

値下がり商品(先限、騰落率)
1位 プラチナスポット -15.91%
2位 白金 -15.62%
3位 銀 -12.92%
※ 限月切り替えの商品は騰落率ランキングから除く

取引高ランキング
1位 金標準取引 138,787枚
2位 白金標準取引 48,819枚
3位 ゴールドスポット 28,229枚

全商品合計取引高(先物)271,848枚
〃 (オプション) 0枚
金現物取引出来高 1枚
日経・東商取商品指数 221.77(前日比:-8.32)

◇ 各商品の価格情報等はこちら
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/all/index.html

<参考コラム>
・中国で新型コロナウイルスの感染拡大が鈍化したわけ
【著者】吉田 哲
https://column.cx.minkabu.jp/41840

<参考ニュース>
・NY商品、原油大幅反落で30ドル割れ 需給悪化観測強まる 金は4カ月ぶり安値(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_X10C20A3000000/

・米国株、ダウ2997ドル安で過去最大の下げ トランプ発言で売り加速(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_X10C20A3000000/

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

ロイター
http://commodities.reuters.co.jp/

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+
※提供される情報は、商品先物市場への関心を高め、その健全な発展を図ることを目的として提供されるものであり、商品先物取引の売買等に関する助言や勧誘等を行うものではありません。
※東京商品取引所(含むTOCOMスクエア、以下「当取引所」)は、提供される情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
※掲載される寄稿、発言は、必ずしも当取引所の見解を表明しているものではありません。
※当取引所は、「TOCOMスクエア通信」で提供された情報を利用したことにより発生したいかなる費用又は損害等について、その責めを負いません。
※ 「TOCOMスクエア通信」の著作権は当取引所に属します。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
発行: 株式会社東京商品取引所 (TOCOMスクエア担当) <info@tocomsquare.com>
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連投稿